世界日報 Web版

Date archive for 2017

イシグロ氏文学賞、世界が認めた日本的感性

 今年のノーベル文学賞に、日本生まれの英国人作家カズオ・イシグロ氏が決まった。両親が日本人で、日本にルーツを持つイシグロ氏の受賞は、日本文化や日本的感性の普遍性、世界性を見つめ直す機会となろう  英国的テーマで成功  イ…

続き

「わが頭上最も青し秋の天」(岩崎偶子)。秋の…

 「わが頭上最も青し秋の天」(岩崎偶子)。秋の晴れた日には、その澄み切った青い光に思わず空を見上げてしまうことがある。青が一面に広がった空間は、心の憂さを晴らすような爽快感に満ちている。  秋は人を感傷的にする季節でもあ…

続き

モデルの国歌侮辱に批判

地球だより  海外在住のフィリピン人モデルが、国家を侮辱したとしてパスポート剥奪の危機に直面している。フェイスブックに投稿した動画が「炎上」し、政府当局の知るところとなったのだ。  問題の動画はフィリピン国歌「最愛の地」…

続き

「普天間未来基金」を創設

危険性除去を最優先に 佐喜真淳 宜野湾市長に聞く  米軍普天間飛行場を抱える沖縄県宜野湾市の佐喜真淳市長はこのほど、世界日報のインタビューに応じ、「沖縄県知事は危険性除去と返還に最優先で取り組むべきだ」と強調した。  佐…

続き

受動喫煙防止条例、室内禁煙を都から全国に

 自宅や自家用車内で子供を受動喫煙から守ることなどを保護者の努力義務とする条例が、東京都議会で可決、成立した。私的な空間を含めて、受動喫煙防止を求める条例制定は全国で初めて。  家庭での喫煙を条例で規制することには反対の…

続き

琉球新報、沖縄タイムスの地元紙による言論封殺

琉球新報、沖縄タイムスの地元紙による言論封殺

《 沖 縄 時 評 》 FMラジオ局を“恫喝” 「正す会」と熾烈な闘い展開 事実無根の虚偽報道  いま沖縄の言論界では琉球新報、沖縄タイムスの沖縄2紙と、これを批判する「琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会」(以下…

続き

民進抱える希望の党 確固とした安保政策提示を

徒党であった民進党  かつて民主党が政権にあった頃、私は本欄に『徒党に堕する民主党』と題して卑見を述べたことがある。その中で憲政の神様と言われた尾崎行雄の衆議院における演説の一節を引いた。  「博徒が作るが如き、ただ自分…

続き

金正恩氏は米国との戦争望まず-CIA高官 CIA official: Kim doesn’t want war with U.S.

 中央情報局(CIA)の高官は、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は「非常に理性的」であり、一連の挑発で東アジア全域に緊張を引き起こしたが、米国との戦争を望んではいないと指摘した。  CIAに新設されたコリア・ミッション・セ…

続き

今年のノーベル文学賞に、長崎生まれの日系…

 今年のノーベル文学賞に、長崎生まれの日系英国人作家カズオ・イシグロ氏が決まった。村上春樹氏より先ではという声も一部にあったが、やはり意表を突かれた。  イシグロ氏は日本人の両親とともに5歳で英国に渡った。出世作『日の名…

続き

ウイグル人”強制送還”日本でも10件確認

中国政府 帰国後学習キャンプに  エジプトで今年7月初め、イスラム教を学ぶ多数のウイグル人留学生が地元警察に拘束され、中国へ強制送還されるケースが相次いだ。中国政府の要請によるものとみられ、アメリカや国際人権団体などがエ…

続き

米軍岩国基地、朝鮮半島にらんだ要衝の地

岩国市議会議員 前野弘明氏に聞く  米軍再編に伴い神奈川県の厚木基地から山口県の岩国基地(米海兵隊岩国航空基地)への空母艦載機部隊の移転が今夏から始まった。これまでの米軍関係者を含め艦載機の兵士や家族、軍属含めて1万人規…

続き

トランプ発言は対北心理戦

 2003年、イラク戦争で、米軍は潜伏するフセイン大統領親衛隊(最大2万人超)に投降勧告のビラを大量散布した。ビラの内容は「降伏する兵士は皆最大限優遇する」というもの。その結果、フセイン親衛隊の兵士も多く米軍に投降した。…

続き

ノーベル文学賞は国民の文化水準で決まる

韓国紙セゲイルボ  英国のオンライン賭博サイト「ラドブロックス」は最も有力なノーベル文学賞候補にケニア出身の作家グギ・ワ・ジオンゴを挙げた。2番目は日本の作家村上春樹。カナダの女性作家マーガレット・アトウッドが3番目だ。…

続き

中国がNZで世論工作

 中国は、民主主義体制の弱体化という目標のために、国外の中国系住民を動員し政治活動を行わせることで、世論の誘導を行っている。米シンクタンク、ウィルソン・センターの研究員アンヌマリー・ブレイディ氏が研究報告「法宝(万能の宝…

続き

日産リコール、安全第一の原点に立ち返れ

 日産自動車の国内全工場で完成検査が資格を持たない者によって行われていた。日産は過去3年間に販売した約121万台について、リコール(回収・無償修理)の実施を国土交通省に届け出る。  無資格検査が常態化  無資格検査が行わ…

続き

「だれかれに耳打ちなどをして武士たちから…

 「だれかれに耳打ちなどをして武士たちからうとまれるようなことがあってはならぬ」と源頼朝は弟の範頼に手紙を送った(石井進著『日本の歴史』7巻、中公文庫)。  耳打ちの目的は、その場のトップが耳打ち相手と親密であることを周…

続き

鶏に罪はない?

地球だより  ユダヤ暦の新年が明けて10日目の9月30日、「ヨム・キプール(大贖罪〈しょくざい〉日)」を迎えた。ユダヤ教の祝祭日で最も神聖なこの日、敬虔(けいけん)なユダヤ教徒は、日没から翌日の日没まで丸1日飲食をせず、…

続き

別名“NATO国家”

韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」  孝宗(朝鮮17代王)10年、1659年5月4日、王の体調はよくなかった。「腫れ物の毒が顔に流れて膿瘍になった」という。大造殿に呼ばれた医官たち。悪い血を抜くかどうかで論争が起こった…

続き

「オール沖縄」の偽善を糺す

OKINAWA政治大学校名誉教授 西田 健次郎 保守を詐称“有志の会” 背後に共産党の巧妙な戦略  衆議院選挙が騒々しくなると、何と来年11月の沖縄県知事選挙で、既に論理も戦術も崩壊している「オール沖縄」で翁長知事の再選…

続き

独立へ自信強めるクルド人

イラク北部住民投票、賛成9割  イラクの少数民族クルド人は9月25日、周辺国や世界の主要国が強く反対する中、住民投票を行い、賛成92・71%で独立の意思を内外に誇示した。クルド自治政府のバルザニ議長は、圧倒的多数の独立支…

続き

丁元統一相の均衡失った北核観

韓国紙セゲイルボ 武力統一に触れず体制防御強調  「北朝鮮の核・生化学兵器は韓国を攻撃するためのものでなく、体制防御または強大国を相手にした交渉カード用だ」(2002年2月2日、KBS深夜討論)  丁世鉉(チョンセヒョン…

続き

両陛下、ブルネイ大使館で御記帳

国王の即位50年に祝意  天皇、皇后両陛下は4日午前、東京都品川区のブルネイ大使館を訪れ、ボルキア国王の即位50周年に祝意を示すため記帳された。  宮内庁によると、8月下旬に国王から両陛下に対し、6日に同国で行われる国王…

続き

柏崎刈羽「合格」、他の沸騰水型も円滑な審査を

 原子力規制委員会は、東京電力柏崎刈羽原発6、7号機(新潟県)が新規制基準に適合すると認め、事実上の合格証に当たる審査書案を了承した。  東電の合格は初めて  適合すると判断されたのは全国で7原発14基目。事故を起こした…

続き