世界日報 Web版

Date archive for 12月, 2017

安倍政権の目玉「政策パッケージ」に厳しい批判を浴びせた各紙社説

◆肝心なところ後回し  「理念を具体化する工夫が要る」(読売)、「待機の解消を優先せよ」(朝日)、「肝心なところが後回しだ」(毎日)、「働き手の減少に対処せよ」(産経)、「成長と財政両立の姿が見えない新政策」(日経)――…

続き

東京の西新宿に「落語くらぶ」という寄席が…

 東京の西新宿に「落語くらぶ」という寄席がある。普段は落語のCDなどを販売しているミュージックテイト西新宿という店だが、夜になると高座を設け、フロアに椅子を並べて会場となる。  ここで先日、東京の若手女子落語家が結成した…

続き

ロヒンギャ迫害非難

棄権してはリードできない  先週、国連人権理事会は、ミャンマーのロヒンギャ族迫害を非難する決議を採択した。  先月、国連総会の委員会も同様の決議を採択している。  日本はどちらも棄権した。委員会では、欧米など135カ国が…

続き

米国防総省、トランスジェンダー入隊容認へ

司法判断を受け来年1月から  米国防総省は11日、心と体の性別が異なるトランスジェンダーについて、来年1月1日から米軍入隊を認める方針を明らかにした。トランプ大統領が8月に入隊禁止を指示していたが、入隊手続きの開始を命じ…

続き

INF条約30年、露の違反への対抗措置は当然

 米国と旧ソ連との間で結ばれた中距離核戦力(INF)全廃条約が締結30年を迎えたことを受け、米国務省はロシアによる条約違反の対抗措置として、中距離ミサイルの開発に着手すると表明した。  米が中距離開発着手表明  米国務省…

続き

8年ぶりのメリークリスマス 米ホワイトハウス

特報’17 トランプ政権、伝統回帰 オバマ時代は宗教排除  米ホワイトハウスが職員の家族や関係者らに送るクリスマスカードに「メリークリスマス」の文字が復活し、話題を呼んでいる。オバマ前大統領は宗教色を排除する…

続き

暗礁に乗り上げた那覇市が進める新市民会館建設

議会と市民が「待った」 那覇市が進める新市民会館建設

 沖縄県那覇市の市民会館が、老朽化を理由に昨年10月に閉鎖した。それに代わる新施設を市内中心部に建設する準備が進められているが、地域住民が反発し、市議会は建設に待ったをかけている。翁長雄志知事が市長時代、公約に掲げた目玉…

続き

マイク・ペンス副大統領は、謎の人 The Mike Pence puzzle

 (プレスやテレビで活躍している大勢の平々凡々たる連中が自分たちのことをそう思っているだけなのだが)知恵、道徳、そして政治の世界の大物たちにとって、マイク・ペンスは、謎の人物である。  誰も彼が、全裸でホワイトハウスをパ…

続き

全国各地の観光名所、史蹟(しせき)のうち…

 全国各地の観光名所、史蹟(しせき)のうち、経年劣化や自然災害で傷み、修復が必要な所は少なくない。毎年190万人の来場者がある名古屋城も同じ事情を抱えている。  そのため昨秋、名古屋市の河村たかし市長は「天守が地震で相当…

続き

ロシア帰化選手の本音

地球だより  韓国初の冬季五輪となる平昌冬季五輪まで余すところ約2カ月。否が応でも国民の関心が高まるところだが、なぜか高揚感はあまり感じられない。一丸となって成功を願ったあの「パルパル(韓国語で88の意)五輪」(=198…

続き

安保危機招く中国傾斜

 韓国の文在寅大統領は13日から中国を国賓訪問する。  北朝鮮の核問題の平和的解決や朝鮮半島での平和定着に向けた連携などを協議するとのことだが、中国は10月末、韓中両国が暫定合意した「3不」の立場を守るべきだと強調してい…

続き

北朝鮮対処で重要性増す韓国

拓殖大学名誉教授 茅原 郁生 米中間で股裂き状態に 腰据え毅然とした対応を期待  文在寅韓国大統領が13日に初訪中し、習近平中国国家主席との首脳会談が行われると報じられている。中国はこのところ韓国への団体旅行を9カ月ぶり…

続き

イスラエル首相、試練の訪欧

“エルサレム首都”で応酬 仏大統領「入植凍結を」  フランスのマクロン大統領は10日、パリを訪れているイスラエルのネタニヤフ首相と大統領府(エリゼ宮)で会談し、トランプ米大統領がイスラエルのエルサレムを首都と承認した決定…

続き

韓国慰安婦本訴訟、2審逆転有罪は「世論迎合」

異議唱える学者・弁護士ら 元慰安婦の野次制止されず  いわゆる従軍慰安婦問題をめぐり、韓国で「親日的だ」などと物議を醸した「帝国の慰安婦」(2013年出版)の著者、朴裕河・世宗大学教授が元慰安婦の名誉を傷つけたなどとして…

続き

中央アジアのテロ対策 、不可欠の水資源争い解決

中央アジア・コーカサス研究所所長 田中哲二  中央アジアにおける安全保障を主テーマにした国連とウズベキスタン政府共催の会議に招かれ、先月サマルカンドを訪れた。シリアで過激派組織「イスラム国」(IS)の首都が陥落し、拠点を…

続き

プーチン大統領、今のままでは課題解決できぬ

 ロシアのプーチン大統領は来年3月の大統領選挙に立候補することを表明した。約8割の支持率を誇っており、有力なライバルは不在という無風状態で、当選は確実とみられている。  大統領の任期は6年で、通算4期目の当選を果たせば、…

続き

日本舞踊を通じて「生きる力」を育てる

都立高校教諭で藤間流師範の高橋由美子さん  日本舞踊を通じて、子供たちの「生きる力」を育むことに情熱を注ぐ高校教師がいる。東京都立高校の家庭科教諭で、藤間流師範の高橋由美子(藤間聖祥)さん(60)=板橋区常盤台在住=だ。…

続き

同性婚合法化求めた日本学術会議

 10月の衆議院選挙では主要政党が性的マイノリティー、いわゆるLGBT支援を公約に謳っていた。  一方、9月には日本学術会議法学委員会の分科会が、「性的マイノリティの権利保障をめざして」と題する提言を公表した。性的マイノ…

続き

左派紙の偏向体質を浮き彫りにした最高裁のNHK受信料合憲判断

◆朝日による介入・攻撃  最高裁はNHKの受信料について「知る権利を充足する」として合憲とし、「テレビ設置時にさかのぼって受信料の支払い義務が生じる」との判断を示した。各紙は判決をおおむね是とするが、「判決をお墨付きにせ…

続き

師走(しわす)にはいろいろな語源説がある…

 師走(しわす)にはいろいろな語源説がある。よく知られているのは、その年の罪障を懺悔(ざんげ)し、消滅を祈願するために僧侶を招いて法会(ほうえ)を営むので、師が走り回る師走(しはし)り月が師走となったとする説である。  …

続き

NYTはユダヤの新聞か

獨協大学教授 佐藤 唯行 読者の3割強がユダヤ系 70年代半ばから「色」隠さず  「ニューヨーク・タイムズ」(NYT)は米国民の中でも指導的立場の人々が情報源として読む新聞であるため、アメリカで「最も影響力を持つ新聞」と…

続き

五輪ロシア除外、不正根絶で競技の公正性守れ

 国際オリンピック委員会(IOC)は、ロシアの組織的ドーピングを理由に来年2月の平昌冬季五輪への選手団派遣を認めないことを決めた。競技の公正性を損なう不正を厳しく処分するのは当然である。  深刻なドーピングの蔓延  IO…

続き

両陛下に御あいさつ 雅子殿下、皇居に

54歳の御誕生日で  9日に54歳の誕生日を迎えられた皇太子妃雅子殿下は同日午前、皇居・御所を訪れ、天皇、皇后両陛下にあいさつされた。  雅子さまは午前11時前、半蔵門から皇居に入る際、待ち受けた人たちに車内から笑顔で手…

続き