世界日報 Web版

Date archive for 11月, 2017

同一労働同一賃金の実現を

弁護士 秋山 昭八 企業に制度見直しの動き 正規・非正規の待遇差を解消  パート社員が課長や主任に昇進できるよう人事制度を見直す企業が出てきた。仕事の能力が高く本人が希望する場合、勤続3年で期間の定めがない無期雇用に転換…

続き

自民合区解消案、衆参の役割分担も明示せよ

 年内に憲法改正案をまとめ、来年の通常国会への提出を目指す自民党は、参院選挙区の合区解消について、憲法47条と92条を改正して参院議員を各都道府県から選出することを明確にする方針だ。  しかし、単なる合区解消のための改憲…

続き

「活用力を高める読解法の研究」をテーマに発表会

全国小学校国語教育研究所が主催  全国小学校国語教育研究所主催の「活用力を高める読解法の研究」を主題とした発表会が、このほど、東京都中野区の区立教育センターにおいて、開かれた。同研究所は全国国語教育研究会の付属機関として…

続き

人工知能に美意識は芽生えるか?

人工知能に美意識は芽生えるか?

沖縄科学技術大学院大学で初のAI芸術展  人工知能美学芸術研究会(AI美芸研=中ザワヒデキ代表)と沖縄科学技術大学院大学(OIST=ピーター・グルース学長)は11月3日から来年1月8日までの日程で、「人工知能美学芸術展」…

続き

幼児教育無償化で得するのは?

 幼児教育無償化の自民党の提言案がまとまった。当初、保育所については認可だけとしていたが、認可外利用者から不公平との声が相次ぎ、認可外も対象となる見通しだ。  0~2歳は住民税非課税世帯約6千人とし、全体で約11万人。月…

続き

流行語大賞候補の「忖度」は朝日が首相を貶めるために作ったキーワード

◆左派紙が流行させる  今年の「流行語大賞」に30語がノミネートされているが、最有力候補は「忖度(そんたく)」のようだ(12月1日発表)。毎日によれば、「忖度」とは「首相官邸の意向を役人がおもんぱかったと指摘される森友、…

続き

私事を例に恐縮だが、2人の娘からそれぞれ…

 私事を例に恐縮だが、2人の娘からそれぞれ銘柄米や海産物製品が届いた。ふるさと納税返礼品のお裾分けだという。  そうか。これがいろいろ論議を呼んでいることは承知していたが、いよいよ身辺にも迫ってきたのだから尋ねてみた。「…

続き

ユンケル氏が描くEU将来像

日本大学名誉教授 小林 宏晨 実現性低い多数決議方式 対外政策は加盟国の守備範囲  2017年9月13日、ジャンクロード・ユンケル欧州連合(EU)委員長は、欧州議会への年次報告を行った。当然のことに、この報告には、将来の…

続き

文革時代に回帰する習主席 楊建利氏

インタビューfocus 在米中国民主化活動家 楊建利氏に聞く 民主国家日本は恐れず対峙を  米国を拠点に活動する中国民主化支援組織「公民力量」の創設者である楊建利氏(54)はこのほど、世界日報のインタビューに応じた。楊氏…

続き

東海第2原発、運転延長へ効率的な審査を

 日本原子力発電は来年11月に40年の運転期限を迎える東海第2原発(茨城県東海村)について、20年の期間延長を原子力規制委員会に申請した。 認可の期限まで残り1年  原子炉等規制法は原発の運転期間を原則40年と規定。規制…

続き

ロシア、北極海航路から外国船締め出しか

 ロシアが事実上、航行許認可の権限を持っている北極海航路からの外国船締め出しを狙っている。同国議会は、エネルギー・運送業界の強化のため、戦略的に重要な北極海航路の外国船の航行を禁止することを検討中だ。  ロシアのプーチン…

続き

太陽電池でエネルギー需要を「100%近く」満たせると説くNW日本版

◆太陽光パネル改良版  「建物や車の窓、携帯電話の画面といった透明な面から大量のエネルギーを取り込むことができたら――それを可能にする新世代の『透明な太陽電池』技術の開発が進められている」という書き出し。ニューズウィーク…

続き

エジプト・ギザにある世界最大のピラミッド…

 エジプト・ギザにある世界最大のピラミッドを宇宙から降り注ぐ宇宙線で透視したところ、長さ30㍍以上に及ぶ未知の大空間が見つかった――名古屋大と高エネルギー加速器研究機構などが参加する国際共同研究チームが発表した。  これ…

続き

東京裁判の不消化状態を脱せ

NPO法人修学院院長・アジア太平洋交流学会会長 久保田 信之 勝者による愚劣な報復 平和条約に基づき全戦犯解放  「日本が侵略戦争を行ったということは、東京裁判の法廷で明らかになったのではないでしょうか。判決を受け入れた…

続き

クロマグロ、太平洋でも未成魚を禁漁に

 モロッコで開かれていた大西洋まぐろ類保存国際委員会(ICCAT)の年次総会で、地中海を含む東大西洋での漁獲枠を2020年までの3年間、現在より5割増とすることが決まった。漁獲規制で資源回復が進んだためだ。 資源減少深刻…

続き

数十億ドルを納税者の支援に頼るNFL NFL banks billions on backs of taxpayers

 シンシナティ・ベンガルズは1995年、考えられないことを脅した。オーナーのマイク・ブラウン氏は、新スタジアムが建設されなければ、チームはボルティモアに移転すると断言したのだ。  シンシナティのあるオハイオ州ハミルトン郡…

続き

イランへの対応をめぐるイスラエルのサウジ接近に賛否両論の各紙

◆変わる中東の勢力図  イランとアラブ諸国の対立が激化、イランの宿敵イスラエルをも巻き込み、中東全域に及ぶ大変革の可能性が指摘され始めている。イスラエルの保守系紙エルサレム・ポストは、エジプトとの国交につながったサダト大…

続き

「大仏は小春の空を狭めをり」(落合かつ)…

 「大仏は小春の空を狭めをり」(落合かつ)。春のような暖かさを意味する小春日和という表現がある。ちょうど今頃の天候で、冬に向かう中の暖かな陽気を指す。「春」という語があっても春の季語ではない。  小春について、稲畑汀子編…

続き

エジプトテロ IS系組織か、死者305人に

「異端」敵視、モスク襲う  エジプト東部シナイ半島北部のモスク(イスラム礼拝所)で起きた24日のテロについて、同国検察当局は声明で、死者は子供27人を含む305人、負傷者は128人に達したことを明らかにした。事件を受けて…

続き

ジンバブエ、ムナンガグワ新大統領就任

ガベ氏後任、問われる手腕  ジンバブエのエマーソン・ムナンガグワ前副大統領が24日、首都ハラレの6万人収容のスタジアムで国民が見守る中、就任式を行い、大統領に就任した。  ムナンガグワ新大統領は最高裁長官の前で就任を宣誓…

続き

シリア問題、アサド政権存続は容認し難い

 シリア和平を仲介するロシア、トルコ、イラン3カ国の首脳会談がロシア南部のソチで行われ、ロシアが提案した「シリア国民対話会議」を開催する方針で一致した。  影響力確保を狙う露  国民対話会議は、シリアのアサド政権と反体制…

続き

政治家の資質と不倫、指導者には高い倫理観必要

説明責任と私生活は別か、家族への思い語らぬ山尾氏  最近、政治家の不倫騒動が何件か続いたことから、月刊誌12月号で「不倫」をテーマにした論考が目立つ。その一つは、有名弁護士との不倫疑惑という逆風の中、先の衆議院選挙で当選…

続き

共産党の地方政治新聞 地域住民に浸透する狙い

各地で「民報」「新報」  共産党の地方政治新聞にご用心―。日本の多くの都道府県では、『東京民報』、『ほっかい新報』、『大阪民主新報』、『新埼玉』などの地方政治新聞が発行されている。私が調査しただけでも、21都道府県で、き…

続き