世界日報 Web版

Date archive for 5月, 2017

電磁パルス兵器に警戒を ジェームズ・ウールジー氏

どう対処 北の脅威 米有識者に聞く(4) 元米中央情報局長官 ジェームズ・ウールジー氏 北朝鮮の核開発をどう見る。  北朝鮮は核弾頭を搭載できる、より射程距離の長い弾頭ミサイル開発を続け、また米国や日本の標的を攻撃できる…

続き

高浜原発再稼働、裁判所は運転を妨げるな

 関西電力高浜原発4号機(福井県高浜町、出力87万㌔㍗)が約1年3カ月ぶりに再稼働した。関電は3号機も6月上旬に再稼働させる方針だ。  高浜3、4号機は司法判断で停止状態が続いていた。裁判所は偏った判断によって安全が確認…

続き

憲法スルーの「民進」

政策資料的編集は2度目、党内軋轢尻目に無難な装い  民進党の機関紙「民進プレス」が3月17日号から第3金曜日の月1回発行になりレイアウトを変えたが、月2回発行の2月17日号以前の紙面と比べると、機関紙的な党の主張や訴えの…

続き

「赤旗」今年の部数減

日刊・日曜合わせ2万以上、下降線たどった1~3月  日本共産党の機関紙「しんぶん赤旗」(5・2)の1面に「日刊紙・日曜版とも前進」の見出しで4月に同紙読者数が増えた記事が載った。「日本共産党は4月、総選挙・都議選での躍進…

続き

憲法70年と各党機関紙

憲法70年と各党機関紙

主張控えた「自由民主」、公明の「加憲」は自民と開き  日本国憲法施行70年の節目を5月3日に迎え、安倍晋三首相が改憲派集会にビデオメッセージを寄せ、9条に新たな条文を加えて「自衛隊の存在を憲法上にしっかりと位置付けるべき…

続き

共産化目指した日教組 指令に黙従せず教師辞す

教育が社・共の道具に  以前にも一度、五木寛之氏の「自分という奇蹟」の文面に触れたことがあったが、キリスト教信仰を思わせる一文があった。  同書の小見出し“一粒のライ麦の根が、どれだけ長いか”の中で、米国のある大学で、デ…

続き

東京都の築地市場から豊洲市場への移転問題で…

 東京都の築地市場から豊洲市場への移転問題で、都の専門家会議が、追加対策を行えば有害物質を抑えることができるとの見解案を示した。対策の工事費は最大80億円。専門家から移転のお墨付きである。  今回の地下水調査で検出したベ…

続き

禅の心で世界に平和広めたい

海外布教の道 大満寺東堂 西山廣宣氏に聞く  欧米では禅がファッションのように人々に受け入れられている。昨年まで約40年間、スイス、オーストリアを拠点にヨーロッパで布教活動をしてきた曹洞宗大満寺(仙台市太白区)の東堂(先…

続き

国民性は綺麗好き?

地球だより  すすけてゴミが目立つマニラの町並みとは裏腹に、フィリピン人が綺麗(きれい)好きなことに驚く日本人は少なくない。出勤や外出の前には必ずシャワーを浴びるし、体臭に気を遣いデオドラントや香水も欠かさない。  とこ…

続き

「一帯一路」国際会議の首脳会合に出席した各国首脳=2017年5月15日、北京市郊外(AFP=時事)

露呈した「インドの反中」、中国「一帯一路」国際会議

 中国の習近平国家主席が提唱した新シルクロード経済圏構想「一帯一路」に関する国際会議が今週初め、北京で開催された。会議にはロシアのプーチン大統領ら30カ国の首脳級を含め、100カ国以上の代表が参加。しかし、2025年にも…

続き

就任当時の初心を最後まで大統領は守れるか

韓国紙セゲイルボ  「私はきれいで透明で有能な政府を必ず作って、国民の皆様の信頼を得ます」  「大統領から信頼を受ける政治を率先垂範してこそ真の政治発展が可能です」  前者は朴槿恵(パククネ)前大統領の就任の辞で、後者は…

続き

眞子殿下御婚約へ 秋篠宮殿下御夫妻、祝福に笑顔見せられる

「おめでとう」の声、拍手も  秋篠宮殿下は18日午後、神戸市にある理化学研究所の計算科学研究機構を訪問された。長女の眞子殿下(25)が婚約されることが明らかになってから初の公務。母親の紀子殿下も同日午前、同様に公の場に初…

続き

憲法9条改正を支持、総力挙げて国の存立守れ マット・サーモン氏

どう対処 北の脅威 米有識者に聞く(3) 前米下院外交委員会アジア太平洋小委員長 マット・サーモン氏 トランプ米政権の北朝鮮政策をどう見る。  オバマ前政権の「戦略的忍耐」は失敗であり、軍事行動から対話まであらゆる選択肢…

続き

眞子殿下御婚約へ、爽やかなお二人を心から祝福

 秋篠宮殿下御夫妻の長女、眞子殿下が婚約されるという、うれしいニュースが飛び込んできた。宮内庁の正式な発表はこれからだが、天皇陛下の御孫さまとしては初めての御婚約・御結婚となる。  天皇、皇后両陛下、秋篠宮殿下御夫妻や他…

続き

ノンフィクションの世界にも、この分野特有の…

 ノンフィクションの世界にも、この分野特有の厳しさがある。5年前に行われた有名なノンフィクション賞の選考会で、そのことが改めて浮き彫りとなった。  ある候補作の登場人物の男性がヒンディー語で話す。ヒンディー語はインドの公…

続き

おもてなしに逆行?

地球だより  ソ連崩壊後、一時グローバル化の象徴にもなったマクドナルド。最近完全無人オーダー・システムが日本に先駆けて導入されている。 新装した大きな店舗では、オーダーは全てタッチパネル。カードで決済できる。  ただでさ…

続き

ほろ苦い先生の日

韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」  今日は「先生(師匠)の日」だ。ところが本当の主人公である教師たちにとっては、この日がうれしくない日になって久しい。20年ほど前だけをみても、師弟の情があふれていた。先生に感謝の手紙…

続き

ランサムウエアめぐりMSが情報機関を非難

基本ソフトの脆弱性を「蓄積」  世界150カ国でコンピューターウイルス「ランサム(身代金)ウエア」によるハッキング被害が確認されたことを受けて、コンピューターソフトの脆弱(ぜいじゃく)性を知っていながら、隠していたとして…

続き

対独戦勝記念パレード、外国首脳参加は1人

クリミア併合に旧ソ連諸国も反発  ロシアの首都モスクワ「赤の広場」で9日、旧ソ連の対独戦勝72周年を記念する軍事パレードが大規模に行われた。ロシアによるウクライナのクリミア併合は旧ソ連諸国でも強い反発を招き、式典に参加し…

続き

文・トランプ関係を占う

韓国紙セゲイルボ 対ブッシュ時代に似た葛藤も  ワシントン外交界は韓国に左派の文在寅(ムンジェイン)政権が誕生したのを見て、過去の韓国左派政権と米共和党政権の関係を反芻している。金大中(キムデジュン)(左派)とジョージ・…

続き

中国の潜在的脅威忘れるな

桐蔭横浜大学法学部教授 ペマ・ギャルポ 積極外交で覇権具現化 憲法改正し急ぎ対抗措置を  憲法記念日に恒例行事として第19回公開憲法フォーラムに参加した。会場に着き式次第を見て驚いたのは、公明党の国会議員の名前が載ってい…

続き

敵基地攻撃能力急げ、半島有事に不可欠な在沖米軍

どう対処 北の脅威 米有識者に聞く(2) 元米国務省日本部長 ケビン・メア氏(下) 対北朝鮮で日米の連携が一段と重要になる。  北朝鮮は日米間に亀裂をつくろうと狙っている。例えば、北朝鮮が日本に対し、核弾頭を搭載していな…

続き

眞子殿下、笑顔で会釈

黒い洋服姿で御出勤  近く婚約との報道から一夜明けた17日、秋篠宮殿下御夫妻の長女眞子殿下(25)は、お住まいのある赤坂御用地の巽門から、勤務先の東京大学総合研究博物館に向かわれた。  午前10時半すぎ、車の後部座席に乗…

続き