世界日報 Web版

Date archive for 4月, 2017

巌流島の決闘で終わる『宮本武蔵』(吉川英治)…

 巌流島の決闘で終わる『宮本武蔵』(吉川英治)は著者独白の、こんな一節で長編の幕を引く。<波騒は世の常である。波にまかせて、泳ぎ上手に、雑魚は歌い雑魚は踊る。けれど、誰か知ろう、百尺下の水の心を、水の深さを。>。  亡く…

続き

アブサヤフ、活動領域拡大

 フィリピン南部を拠点とするイスラム過激派アブサヤフが、ボートでフィリピン中部に上陸し、治安部隊と衝突して多数の死傷者が出た。日本や米国など各国大使館が渡航自粛勧告を出すなど、テロの懸念も広がっており、治安当局は対策の強…

続き

新幹線は道南圏を視野に

北海道新幹線開通から1年 株式会社シィービーツアーズ代表取締役社長 戎谷侑男氏に聞く  昨年3月26日に新青森―新函館北斗間で北海道新幹線が開通して1年が経過した。同新幹線の利用客は200万人を超え、幸先の良いスタートを…

続き

現実的ではない「4月韓半島戦争危機説」

韓国紙セゲイルボ  「4月韓半島危機説」「戦争危機説」が言われている。この素材を提供する震源地は北朝鮮だ。しかし米国が北朝鮮を先制打撃したり、韓半島に戦争が発生する可能性は一言でいって“非現実的”だ。可能性を完全に排除す…

続き

雅子殿下、13年半ぶり和服で御出席

伊調選手ら招き春の園遊会  天皇、皇后両陛下主催の春の園遊会が20日午後、東京・元赤坂の赤坂御苑で開かれた。伊調馨選手らリオデジャネイロ五輪で活躍したメダリストや、宇宙飛行士の大西卓哉さんら各界から約2000人が出席し、…

続き

春の園遊会  両陛下、福原選手らと御歓談

 天皇、皇后両陛下主催の春の園遊会が、東京・元赤坂の赤坂御苑で開かれた。リオデジャネイロ五輪で活躍したメダリストら各界から約2000人が出席し、両陛下や皇族方が声を掛けて回られた。卓球女子団体の主将として銅メダルを獲得し…

続き

静かな人気、北朝鮮ツアー

地球だより  「北朝鮮ツアー」が、ロシア人の静かなブームになっている。友人オルガは、これまで「太陽節」後の平壌に2度足を運び、また今後も訪ねたいと思っている。北朝鮮は韓国のようにノービザではないが、観光目的のツアーに参加…

続き

米副大統領来日、対北圧力で緊密な連携を

 ペンス米副大統領が来日し、安倍晋三首相との会談や日米経済対話の初会合を行った。首相との会談では、核・ミサイル開発を進める北朝鮮への圧力強化で一致した。  軍事力行使も排除せず  ペンス氏は「米国は平和を追求しているが、…

続き

沖縄うるま市長選、大接戦で最終盤に

自民、小泉進次郎氏を投入  最後の「三日攻防」に突入した沖縄県うるま市長選は、新人で前県議の山内末子氏(59)=無所属、社民、共産、社大、自由、民進推薦=が、現職の島袋俊夫氏(64)=無所属、自民、公明推薦=を急追し、大…

続き

古書には新刊本にはない風情がある。本に…

 古書には新刊本にはない風情がある。本にまつわる話を集めた河野通和氏(編集者)の著書『言葉はこうして生き残った』(ミシマ社)を読むと、「痕跡本」について書かれた本まであるという。古書の前所有者が残した痕跡を調べた本だ。古…

続き

米のシリアへのミサイル攻撃、急速に悪化する米露関係

 米国がロシアの同盟国シリアの空軍基地を巡航ミサイル「トマホーク」で攻撃したことにロシアは強く反発し、米露関係が急速に悪化している。もっとも、ロシアにとって米国との全面対立・軍事衝突は避けなければならず、シリア・アサド政…

続き

またも地域感情助長か

韓国紙セゲイルボ  「釜山・嶺南(慶尚道中心の半島東南部)の人たちよ、金大中や鄭周永が当選すれば、(釜山の)影島大橋から(海に飛び込んで)溺れ死のう!」  今の20代が生まれる前か、よちよち歩きをしていた25年前、釜山の…

続き

反ユダヤ騒動の意外な顛末

獨協大学教授 佐藤 唯行 犯人は同胞、指導層困惑 白人極右は敵対から協力へ  欧米のユダヤ人集住地区にはユダヤ地域センターという施設が地元ユダヤ人により運営されている。保育所・幼稚園等を併設しユダヤ系住民の共同体生活に便…

続き

両陛下、日本国際賞授賞式に

 天皇、皇后両陛下は19日午後、東京都千代田区の国立劇場で開かれた第33回日本国際賞授賞式に出席された。  同賞は科学技術分野で優れた業績を挙げた研究者に贈られる。今年は遺伝子を効率的に編集する新技術を開発したフランスの…

続き

戦術核再配置に触れぬ大統領選有力候補

韓国紙セゲイルボ 国を守るなら戦う覚悟が必要  トランプ米大統領が今月入って3度も、「中国が(北核解決を)しなければわれわれがするだろう」と宣言し、ティラーソン国務長官は、「米中両首脳はすべてのオプションを議論した」とし…

続き

らしくない過労死

地球だより  日本の大企業で若いエリート社員が過労で自殺したニュースは、フランスでも報じられた。実はフランスでもエリート社員が仕事のプレッシャーから自殺した例はある。生きるために仕方なく働くと言われるフランス人からすれば…

続き

「忍耐」から「圧力」へ トランプ政権、対北政策を転換

 米国のトランプ政権が北朝鮮に対する外交・軍事的圧力を強める一方で、北朝鮮は先週末、実施の可能性が指摘されていた核実験を見送った。米政府は新たな対北朝鮮政策を策定し、「忍耐」から「圧力」へと転換した。核兵器と長距離ミサイ…

続き

露の拒否権行使、化学兵器使用を容認するのか

 シリアでの化学兵器攻撃疑惑をめぐって国連安全保障理事会が採択した非難決議案は、ロシアの拒否権行使で否決された。  非人道的な化学兵器の使用を容認したとも受け取れる姿勢は許し難い。安保理常任理事国による拒否権の乱用だ。 …

続き

人口減少に少子化対策の加速訴えた読売、激減後の社会見据えた産経

◆物足りなさ残る対策  2053年に1億人を割り、65年には8808万人に減少する――。厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所が公表したわが国の将来推計人口である。  以前から指摘されてはきたが、やはりショッキングな内…

続き

「茶は薬用として始まり後飲料となる。シナに…

 「茶は薬用として始まり後飲料となる。シナにおいては八世紀に高雅な遊びの一つとして詩歌の域に達した。十五世紀に至り日本はこれを高めて一種の審美的宗教、すなわち茶道にまで進めた」。  岡倉天心が英文で書いた『茶の本』の書き…

続き

韓国大統領選、対北姿勢が問われている

 5月9日投開票の韓国大統領選の選挙運動が正式に開始された。最大野党「共に民主党」の文在寅前代表と野党第2党「国民の党」の安哲秀元共同代表が接戦を繰り広げている。  文氏を猛追する安氏  今回の大統領選は、朴槿恵前大統領…

続き

経済成長の継続か、福祉の重視か うるま市長選 23日投開票

 沖縄本島中東部のうるま市の市長選が23日に投開票される。現職の島袋(しまぶく)俊夫氏(64)=自民、公明推薦=に元県議で新人の山内末子氏(59)=民進、社民、社大、共産、自由推薦=が挑む。2014年11月の知事選で翁長…

続き

地元紙が無視する知事批判本

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  沖縄の書店では現在、かつてないほど米軍基地絡みの政治関連書籍が売れている。県内最大手ジュンク堂那覇店の10日付の週間ランキングで、ベスト10のうち、実に半数の5冊が入った。そのうち…

続き