世界日報 Web版

Date archive for 3月, 2017

先入見で「事実」を恣意的に切り取り「伝統的家族」を幻想とした毎日

◆上野氏の家族懐疑論  京都大学名誉教授の佐伯啓思氏はトランプ米大統領と大手メディアの「事実」をめぐる対立を取り上げ、「事実」は切り取り方次第と、朝日紙上で論じている(3日付「異論のススメ」)。  先の大統領選挙では米国…

続き

度重なる国連安保理決議にもかかわらず、…

 度重なる国連安保理決議にもかかわらず、またも北朝鮮が弾道ミサイル4発を発射して挑発行為を繰り返した。このうち3発は秋田県の西300㌔ほどの日本の経済的主権が及ぶ排他的経済水域に落下した。  これだからこそ、日本は政府が…

続き

「JATトライアングル」構築を

世日クラブ 中国の膨張と日台関係 前参議院議員 江口克彦氏  世界日報の読者でつくる世日クラブ(会長=近藤讓良・近藤プランニングス代表取締役)の定期講演会が2月23日、都内で開催され、前参議院議員の江口克彦氏(PHP研究…

続き

「架空」の疑惑で五里霧中 混迷続く仏大統領選

 今春行われるフランス大統領選の中道右派候補、フィヨン元仏首相の妻の架空給与疑惑で司法捜査が開始され、中道右派陣営は大揺れ状態だ。一方、世論調査でトップを走ってきた右派・国民戦線のルペン候補も秘書の架空給与疑惑が浮上して…

続き

新たな防衛の理念検討を

元統幕議長 杉山 蕃 米軍事力に過大に依存 予断許さぬ周辺情勢の変化  トランプ米大統領と安倍晋三首相の首脳会談が行われた。これは米英首脳会談に次ぐ早期の会談で世界中の注目を集めた。選挙戦を通じて各分野で過激な持論を展開…

続き

両陛下、プミポン前国王弔問 タイ

新国王と会見へ  【バンコク時事】ベトナム公式訪問を終えた天皇、皇后両陛下は5日午後、フエ発の政府専用機でタイの首都バンコクに入り、昨年10月に死去した同国のプミポン前国王を弔問された。この後、ワチラロンコン新国王と会見…

続き

屋台がミシュラン入り

地球だより  昨年、ミシュランガイドのシンガポール版が初めて発行された。  シンガポール版で異色なのは、2軒のフードコート屋台が一つ星を獲得したことだ。  さっそく掲載された屋台は開店時間の午前10時前から長蛇の列だ。 …

続き

中国国防費、好戦的な「兵営国家」の脅威

 中国の2017年の「公表国防予算」が初めて1兆元(約16・5兆円)を突破することが確実となった。習近平政権の「強軍路線」を反映したものである。この「公表国防費」には兵器開発費、装備輸入費などは含まれていない。国際社会で…

続き

1人1台タブレット端末に教育的効果は十分確認

1人1台タブレット端末に教育的効果は十分確認

千葉大学教育学部附属中学校のICT授業研究会  千葉大学教育学部附属中学校(丸山研一校長、生徒数454人)は、「1人1台タブレット端末の教育的効果と運用上の課題」を主題にしたICT授業研究会をこのほど行った。学校全体で1…

続き

患者中心の医療

 会社近くに最近開業した歯科クリニックに通院し、詰め物が外れた奥歯の治療を続けている。歯医者に診てもらうのは、30年ぶり。歯の手入れの重要性が叫ばれる昨今だから、「定期的に歯の手入れをしなさい」と説教されるのかと身構えて…

続き

「司法のエリート」弁護士業界の環境・事情の変遷を特集した2誌

◆合格者増え競争激化  わが国で3大国家資格といえば、弁護士、公認会計士、不動産鑑定士と言われてきた。もっともこれは俗説であって明確な根拠があるわけでなく、医師、弁護士、公認会計士と言われることもある。とにかくどれも超難…

続き

トランプ米大統領が就任早々、オバマ前政権が…

 トランプ米大統領が就任早々、オバマ前政権が策定した地球温暖化対策の計画の撤廃を宣言した。米国のような大量消費社会では従来、自然環境をめぐっては開拓が優先されてきた。環境保護や省エネの観念は根付きにくいのであろうか。  …

続き

アブサヤフ、ドイツ人を拉致・斬首

 フィリピン南部を拠点に活動するイスラム過激派アブサヤフが、人質となっていたドイツ人男性を斬首して殺害した。アブサヤフは国軍の警備が難しい海上で、スピードボートを使って船舶を襲撃して船員の外国人を拉致。高額な身代金を要求…

続き

米国が変える欧州統合の姿

アメリカン・エンタープライズ政策研究所客員研究員 加瀬 みき 臨機応変の協力体制へ 一律的深化はもはや不可能  欧州はトランプ米大統領の外交安全保障への姿勢、特にロシアとの関係の不透明さ、自由民主主義や言論の自由を尊重し…

続き

両陛下、伝統舞楽を御鑑賞 ベトナム古都フエ

グエン朝の王宮に  【フエ時事】ベトナム公式訪問中の天皇、皇后両陛下は現地時間の4日午前、滞在している中部の古都フエで、同国最後の王朝グエン朝(1802~1945年)の王宮を視察された。  フエの王宮は1993年に世界文…

続き

反ユダヤ犯罪への米国の対応に及び腰の政府を非難するイスラエル紙

◆非難控える米に反発  米国でユダヤ人墓地が破壊されたり、ユダヤ人コミュニティーセンターが爆破の脅迫を受けたりする事件が相次いでいることが、改善が期待されている米国とイスラエルの関係にも影を落としている。一方でトランプ大…

続き

両陛下、独立運動家記念館に ベトナム・フエ

「東遊運動」で日本に縁 ファン・ボイ・チャウ孫と御面会  【フエ時事】ベトナム公式訪問中で、中部の古都フエに滞在している天皇、皇后両陛下は4日午後、日本とゆかりがある仏領インドシナ時代のベトナムの独立運動家ファン・ボイ・…

続き

宅配見直し、求められる利用者の協力

 宅配最大手のヤマト運輸が、インターネット通販の拡大と人手不足を背景に、宅配サービスの抜本的な見直しに着手する。 荷受量抑制の検討始める  ヤマト運輸を傘下に持つヤマトホールディングスは2017年3月期、国内取扱量が前期…

続き

「いちまいの切符からとは春めく語」(後藤…

 「いちまいの切符からとは春めく語」(後藤比奈夫)。実際にはまだ寒い日が続くが、梅の花や菜の花を見掛けると春めいてきたと感じる。春は卒業式や入学式・入社式などのシーズンで、出会いと別れの季節でもある。  この時期に感傷的…

続き

天皇陛下、ハゼ標本と「再会」

41年前ベトナムに寄贈される  【ハノイ時事】ベトナムを公式訪問中の天皇、皇后両陛下は2日午後、ハノイの自然科学大学生物学博物館を訪問された。同博物館には天皇陛下が皇太子時代の1976年に寄贈したハゼの標本が保管されてお…

続き

ムバラク元大統領、無罪確定

2011年のデモ隊への発砲命令  エジプトの破棄院(最高裁に相当)は2日、ホスニ・ムバラク元同国大統領(88)が2011年、独裁政権打倒・民主主義国家成立を目指した「アラブの春」運動参加のデモ隊に対し、発砲を命じた罪に問…

続き

米韓合同演習、中朝の挑発抑止に不可欠だ

 米韓両軍は韓半島有事に備えた定例の合同演習を韓国で開始した。北朝鮮は核実験や弾道ミサイル発射を繰り返し、その脅威が高まっていることに加え、最高指導者・金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、正男氏の殺害事件に国家ぐるみで関わっ…

続き

米ニューヨークで「佐渡祭」

伝統芸能「鬼太鼓」を披露  新潟県佐渡島の魅力を米国でアピールする「佐渡祭・イン・ニューヨーク」が2日、ニューヨークの中心部マンハッタン地区にある同県のアンテナショップで開催された。  このイベントは、佐渡の米農家、佐渡…

続き