世界日報 Web版

Date archive for 3月, 2017

NATOの国防費は増えていない Despite Trump claims, NATO defense dollars not exactly ‘pouring in’ yet

 トランプ大統領は、28日夜の議会演説で北大西洋条約機構(NATO)防衛を約束し、欧州の同盟国を喜ばせたようだが、一方で、加盟国から資金が「流れ込み」、各国の国防予算が増え、自身の同盟国への批判は報われたと主張し、同盟国…

続き

梅の花の盛りを過ぎないうちにと、東京・文京区…

 梅の花の盛りを過ぎないうちにと、東京・文京区の湯島天満宮(湯島天神)を訪ねた。地下鉄の湯島駅から2~3分、落ち着いた佇まいの通りを行けば、男坂、女坂の下に出る。表通りとは違って、既に新派の名作「婦系図」の世界である。 …

続き

「大統領の日」は何の日?

地球だより  米国で毎年2月の第3月曜日は「ワシントンの誕生日」の祝日。初代大統領ジョージ・ワシントンの功績を称(たた)える日だ。今年はキンダーガーテン(日本の幼稚園の年長に相当)に通う娘を連れ、ワシントンが長年過ごした…

続き

朴氏はニクソン氏と同じ道を歩むのか

韓国紙セゲイルボ  米国のリチャード・ニクソン大統領も「ウォーターゲート」で「私は詐欺師でない」として隠蔽(いんぺい)に汲々(きゅうきゅう)とし、検察捜査も免責特権で邪魔した。朴槿恵大統領も大同小異だ。「私は一銭も取って…

続き

今度は「金正恩の料理人」? 藤本健二氏、平壌に店オープン

特報’17  北朝鮮で故金正日総書記の専属料理人をしていた藤本健二氏(仮名)が今年に入り、首都・平壌に料理店をオープンしたことが分かり話題を呼んでいる。出店は最高指導者、金正恩委員長の公認の下でなされたとされ、今後、北朝…

続き

ロシアの戦略目標、米民主主義への不信を助長

米軍再建への課題-元上級将校の提言(4) F・ブリードラブ元欧州連合軍最高司令官  今回の大統領選は国内に分断を招いたが、ロシアとの関係についてしっかりした議論が行われるという、いい点もあった。  言うまでもなく、ロシア…

続き

天皇、皇后両陛下 元日本兵の家族と面会

「戦後長年の困難」いたわる  【ハノイ時事】ベトナムを公式訪問中の天皇、皇后両陛下は2日午後、太平洋戦争終結後にベトナムに残り、同国の独立運動に加わった元日本兵の家族らと滞在先のホテルで面会された。宮内庁によると、今回の…

続き

トランプ氏演説、世界の安定に資する軍備増強

 トランプ米大統領は連邦議会の上下両院合同会議で、就任後初めての議会演説に臨んだ。演説では米国の自由、正義、真実などの価値観を強調。「アメリカン・スピリット(米国精神)の再生」を目指すと強く語り、米国民と世界に向けて内政…

続き

作家の日野啓三氏(2002年没)が「これから…

 作家の日野啓三氏(2002年没)が「これからは、世の中の多くのものが断片化するだろう」と語ったことがあった。当時は何のことか分からなかったが、今でははっきりと理解できる。  文脈を離れ、断片的な情報が一人歩きすることが…

続き

ブラジルで「配車サービス」戦国時代に

 ブラジルで急成長する米国発の配車サービスの「Uber」。世界有数の拠点としてUberの世界戦略に欠かせない存在となっているが、ブラジルならではの課題やライバルの進出に直面、転換期を迎えようとしている。(サンパウロ・綾村…

続き

卒業式アローン

韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」  昔の大学の卒業式は、卒業生の家族と近い親戚が皆集まる大きな行事だった。花束と写真のアルバムを贈った後、一緒に写真を撮って祝う場所だった。皆に学士帽とガウンを着せて恩徳を称えることも…

続き

日米首脳蜜月、アジアは歓迎

桐蔭横浜大学法学部教授 ペマ・ギャルポ 中国の低姿勢は一時的 日本は防衛費「1%」見直しを  安倍晋三首相とトランプ米大統領の会談は両国の同盟を一層強化し、両首脳の関係もさらに深化する結果を内外に示すことができた。ティラ…

続き

「4党体制」は政党政治の新たな道

韓国紙セゲイルボ 連合政府の制度化は不可避?  国会の大統領弾劾訴追以後、韓国の政党政治には大きな変化があった。政府与党所属議員が大挙離党し「正しい政党」を立ち上げた。1年前、安哲秀(アンチョルス)議員を中心に「国民の党…

続き

デジタル兵器、小さなエラー挿入で無力化も

米軍再建への課題-元上級将校の提言(3) A・ホール陸軍サイバー研究所所長  2002年、韓国、昇格したばかりの少尉は、自身が率いる大隊の初めての実弾訓練があっという間に大混乱となる光景を目の当たりにした。  大隊の18…

続き

ベトナム・ハノイ 両陛下、歓迎式典に

クアン国家主席と会見  【ハノイ時事】ベトナムを公式訪問中の天皇、皇后両陛下は1日午前、首都ハノイの国家主席府で、同国の歓迎式典に臨まれた。  式典では両国国歌が演奏され、天皇陛下が儀仗(ぎじょう)隊を閲兵された。  両…

続き

「友好の絆、強める一助に」 天皇陛下、晩餐会であいさつ

 【ハノイ時事】ベトナムを公式訪問中の天皇、皇后両陛下は1日夜、首都ハノイの国家主席府で、チャン・ダイ・クアン国家主席夫妻主催の晩さん会に出席された。天皇陛下は「皇后と共に貴国を初めて訪問することを誠に喜ばしく思っており…

続き

民泊法案、健全な普及につなげたい

 住宅やマンションの空き部屋を旅行者らに有料で貸し出す「民泊」について、政府は年間営業日数の上限を180日と定める住宅宿泊事業法案を今国会に提出する方針だ。  なし崩し的に広がっている民泊のルールの明確化は、利用する外国…

続き

税制改革、米軍再建を宣言

 トランプ米大統領は28日夜、連邦議会の上下両院合同会議で初めての議会演説を行った。税制改革を進めると同時に、米軍を再建させると宣言し、「同盟国は、米国が再び(世界を)主導する用意があることに気付くだろう」と訴えた。  …

続き

トランプ演説、攻撃姿勢封印し結束呼び掛け

 トランプ米大統領が連邦議会上下両院合同会議で行った演説は、敵対勢力を徹底的に批判・攻撃する「トランプ節」を封印し、偉大な米国を取り戻すために党派対立を乗り越えて結束を呼び掛ける格調高い内容だった。深まる米社会の亀裂を修…

続き

ロシアの介入めぐり特別検察官任命要求強まる Calls grow for special prosecutor on Russia meddling despite no evidence

 下院情報特別委員会のデビン・ヌネス議長(共和、カリフォルニア州)は27日、トランプ陣営がロシア当局者と接触したという証拠は見たことがないと主張したが、特別検察官の任命を求める声は高まるばかりだ。  民主党員らは、冷戦の…

続き

トランプ氏のメディア敵視たしなめる産、感情過多で説得力欠く毎

◆他人事ではない軋轢  何も今に始まったことではないが、米国でトランプ政権とメディアの対立が激化し、両者の溝は深まる一方の事態を憂慮する声が上がり始めている。最近では先月24日のホワイトハウスの定例記者会見が記者懇談会に…

続き

世界的チェロ奏者ヨーヨー・マさんが“シルク…

 世界的チェロ奏者ヨーヨー・マさんが“シルクロード・アンサンブル”を結成したのは、2000年に米マサチューセッツ州の町で異なる歴史と文化を持つ国々の音楽家を集め、ワークショップを開いたことが契機だ。  「音楽は普遍的な言…

続き

安定性を欠くトランプ外交

米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー 2つの路線と政策 リスク考慮、「敵」も慎重に  トランプ大統領の外交政策の中心には、大変な矛盾がある。一方には、経験豊かで、判断力があり、伝統を守る人々がいる。米国で1945年…

続き