世界日報 Web版

Date archive for 10月, 2016

「殺したがるばかども」と作家の瀬戸内寂聴氏が…

 「殺したがるばかども」と作家の瀬戸内寂聴氏が発言した。「殺したがる」というのは、犯罪被害者遺族が加害者の死刑を望む、との意味だ。今月初めに福井市で開かれた日弁連の死刑廃止に関するシンポジウムの席上、ビデオメッセージの形…

続き

ポリフェッサーの季節

韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」  1980年代のソウル大社会学部では現実政治に積極的に参加する教授(ポリフェッサー)に対する抗議デモが相次いだ。政治学科がその震源地だった。●成東、崔昌圭、金学俊教授と李洪九教授がそ…

続き

失踪の米国人、北朝鮮で英語教師か

米下院で拉致の調査求める決議採択 日本との連携強化に期待も  米下院は9月28日、中国雲南省で2004年8月に消息を絶った米国人大学生、デービッド・スネドンさん=失踪当時(24)=が北朝鮮に拉致された疑いがあるとして、米…

続き

多様性ある社会を目指して

慶應義塾大学特別招聘教授 茂雄 必要な国民の意識改革 再チャレンジ助ける体制を  今月初め、国内主要企業の多くが来春採用予定者を集めて内定式を開いた。女子内定者の一人が「定年までこの会社で頑張ります」と決意表明している姿…

続き

暴走する国連、国際法無視して同性婚推奨

オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」(16)  昨年6月の米連邦最高裁判決で同性婚が全米で合法化されるが、これを絶賛したのが潘基文国連事務総長だ。潘氏は「(同性愛)カップルの法的認知を否定することで差別の扉が…

続き

盛り上がり欠いた釜山国際映画祭

韓国紙セゲイルボ 「セウォル号」作品めぐり対立  「活気を失った」―。今年の釜山国際映画祭(BIFF)を見守った参加者が異口同音に発する言葉だ。  紆余曲折の末に開幕したが、例年と違って浮き立った雰囲気はない。映画「ダイ…

続き

急増するスクランブル

国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地(2) 自民党政調会審議役 田村重信緊急リポート  台湾で万一、有事が発生し、中国が侵略行動に出た場合、真っ先に危険が及ぶのは与那国島だ。1996年の台湾危機では、…

続き

衆院補欠選挙、政権選択の争点を占う前哨戦

 衆院東京10区と福岡6区の補欠選挙が告示され、23日の投開票に向けて選挙戦に入っている。7月参院選後に展開した動きである東京都知事選、内閣改造、民進党代表選を経てから初の国政選挙であり、次期衆院選の前哨戦としても注目さ…

続き

最高裁判事指名めぐるクリントン氏公約に保守派懸念 Clinton’s vow to push Supreme Court left galvanizes conservatives wary of Trump

 【セントルイス】ヒラリー・クリントン氏はこの週末、ドナルド・トランプ氏が女性をめぐるわいせつな発言で負ったダメージの一部を修復するのを結果的に手助けした。最高裁に関して左寄りの発言をしたためだが、保守派共和党員は、この…

続き

学テ活用論に宗旨替え?発表の遅れを「学習改善に影響」と叱る朝日

◆根を張る「平等主義」  「オール3事件」というのが1970年代にあった。東京都下の小学教師が5段階評価は「不平等」として児童の通信簿をオール3とした。これには競争に批判的な日教組教師らの喝采を博した。  この「平等教育…

続き

ハンガリーを代表する指揮者ヴァーラディ・…

 ハンガリーを代表する指揮者ヴァーラディ・カタリン女史は、2001年に日本でデビューして以来しばしば来日し、日本オペレッタ協会による公演でタクトを振った。翌年同協会はハンガリーでも公演。  だが昨年9月、67歳で逝去。こ…

続き

崩壊するオバマ氏のレガシー

米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー 外交では大きく後退 破綻へと向かうオバマケア  記憶する限り最も奇怪で、安っぽく、病みつきになりそうな今回の選挙戦の中で、2016年に実際に起きたことがまったく忘れ去られている…

続き

「国益に寄与」は本当か、世界各地で反米感情を煽る

オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」(15)  米ホワイトハウスが2014年6月に初開催した「国際LGBT(性的少数者)人権フォーラム」で基調講演したスーザン・ライス国家安全保障担当大統領補佐官は、LGBTの…

続き

ベルギー国王夫妻来日、皇居で歓迎行事

 国賓として来日したベルギーのフィリップ国王夫妻の歓迎行事が11日午前、皇居・宮殿東庭で行われ、天皇、皇后両陛下と皇太子殿下御夫妻が出席された。  歓迎行事では両国国歌が演奏された後、国王が儀仗(ぎじょう)隊による栄誉礼…

続き

終幕近づく「トランプ劇場」

2016米大統領選 討論会攻勢も窮地変わらず  米大統領選までわずか1カ月という局面で、11年前のわいせつ発言をめぐり窮地に陥る共和党候補ドナルド・トランプ氏。「最後のチャンス」と言われた9日の第2回テレビ討論会では、民…

続き

“不穏な動き”ににらみ利かす

国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地(1) 自民党政調会審議役 田村重信緊急リポート 船舶や航空機の情報を5基のレーダーで収集  中国漁船、公船が尖閣諸島(沖縄県石垣市)沖に頻繁に出没して領海侵犯する…

続き

米大統領選、討論会の意義を再確認せよ

 米大統領選が来月8日の投票日まであと1カ月と迫る中、中西部ミズーリ州セントルイスのワシントン大で2回目のテレビ討論会が行われた。共和党候補ドナルド・トランプ氏の巻き返しが見られたが、CNNの調査によると、先月末に行われ…

続き

台湾出身者慰霊する「台湾之塔」、日台友好強める

台湾出身者慰霊する「台湾之塔」、日台友好強める

元航空隊員らが台北で記者会見、正しい歴史観浸透に期待  先の大戦における台湾出身の犠牲者を顕彰・慰霊する「台湾の塔」の基礎部分が沖縄県糸満市摩文仁の平和祈念公園内に完成したことを受け、塔の土地を提供した沖縄翼友会(玉那覇…

続き

浦添市長が那覇軍港「受忍」

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  浦添市長選が4カ月後に迫っている中、再選を目指す松本哲治氏がこのほど、市政報告会を行い、4年弱の市政を総括し、再選に向けて強い意欲を示した。翁長雄志知事がどんな手を打ってくるか気掛…

続き

トランプと税と公正さの意味について Trump, taxes and what’s fair

 米国のすべての小企業を経営する男女、すべての農業従事者、牧場主、そして投資家だったら、事業がうまくいかなかった年には、損失を未来の利益で帳消しにしようとするものだということを知っている。これは極めて普通のことなのだ。政…

続き

飛行試験のため先月末、米ワシントン州グラント…

 飛行試験のため先月末、米ワシントン州グラントカウンティ国際空港に到着した国産初の小型ジェット旅客機MRJ(三菱リージョナルジェット)。年内にも2~4号機が到着し、今後400人態勢に増強、試験を加速させる。  「開発の一…

続き

次期大統領は「共産主義者」?

地球だより  お世話になった人が明日の公判で有罪になるかもしれない--。先日、知人の韓国人が神妙な面持ちでこう話してきた。聞けばその人は保守系の集まりで、来年末の韓国大統領選で野党系有力候補に挙げられている文在寅(ムンジ…

続き

平成の二宮金次郎を体現

利他の精神 夕張再生の会代表理事 上田博和氏に聞く  警備会社、ビルのメンテナンス会社などを経営し日本青年会議所(JC)専務理事を歴任した上田博和氏(46)が現在、精力的に取り組んでいるのが財政破たんした北海道夕張市の再…

続き