世界日報 Web版

Date archive for 6月, 2016

過度の対中貿易依存脱却へ

中台関係の行方(下) 淡江大学国際事務戦略研究所 翁明賢所長に聞く 「時代力量」香港への波及は限定的 1月の総統選、立法委員選挙で際立ったのが民進党と選挙協力した若者世代を代弁する少数政党の「時代力量」(黄国昌主席)の躍…

続き

慰安婦支援財団、日韓合意の中断なき履行を

 昨年末のいわゆる従軍慰安婦問題をめぐる日韓合意に基づき、韓国政府が設置する元慰安婦を支援する財団の設立準備委員会が発足し、委員会のメンバーが集まってソウルで初会合を開いた。合意から約5カ月、その履行に向けようやく第一歩…

続き

国務省、イラン問題の会見映像改変を認める State Department admits intentionally editing video of Iran press conference

 国務省は1日、2013年の同省での記者ブリーフィングの記録映像を職員が意図的に改変したことを認めた。改変によって、ジェニファー・サキ報道官の米国とイランの核交渉についての発言が削除され、国務省は、同省職員が発言を削除す…

続き

街や電車の中で、黒のリクルートスーツに身を…

 街や電車の中で、黒のリクルートスーツに身を包んだ若い人をよく見掛けるようになった。大学生に対する企業の選考活動が昨年より2カ月早まり、いまや就活真っ盛りである。  中央アジアのウズベキスタンを取材した際、通訳を務めてく…

続き

謀略説が好きなアラブ人

地球だより  エジプトの首都カイロ一の市場があるアタバで5月、2日連続して火災があった。  放火らしいとの推測から、誰が犯人かをめぐって、住民の間にいろんなうわさが流れたが、イスラム組織ムスリム同胞団による、国民に不安を…

続き

北朝鮮の労働党大会で外交エリートが権力機構に

韓国紙セゲイルボ  北朝鮮が対話攻勢へ転じている。最近、国防委員会が公開書簡で南北軍事会談を提案したのをはじめ、人民武力部と労働党対南機構の祖国平和統一委員会を通じて、連続的に軍事会談を提案し、予想された平和攻勢が始まっ…

続き

海自、対潜能力で中国圧倒

日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望(4) 元統合幕僚学校副校長・海将補 川村純彦氏に聞く ミサイル防衛態勢整備は急務 仮定の話だが、日中両国が戦えば勝敗はどうなるだろうか。  海軍同士の戦いならば日本が勝つ。中国は徹底的…

続き

「現状維持」投げ掛けた蔡英文総統

中台関係の行方(上) 淡江大学国際事務戦略研究所 翁明賢所長に聞く 日本版「台湾関係法」に期待  台湾では5月20日、民進党の蔡英文総統が就任した。国民党の馬英九前政権時代に推進した対中傾斜に歯止めをかけ、中台関係の現状…

続き

消費増税2年半延期、内需喚起に努め強い経済を

 安倍晋三首相が来年4月に予定していた税率10%への消費税増税を2019年10月まで2年半延期することを表明した。  景気がプラス成長とマイナス成長を繰り返す足踏み状態にあって増税を強行すれば、景気を腰折れさせ財政再建を…

続き

米軍属の女性遺体遺棄事件 反基地でなく犯罪防止を

米軍属の女性遺体遺棄事件 反基地でなく犯罪防止を

《 沖 縄 時 評 》 綱紀粛正に努める在沖米軍  沖縄県うるま市のOL・島袋里奈さん(20)が殺害、遺棄された事件で、米軍属のシンザト・ケネフ・フランクリン容疑者(32)が逮捕された。  シンザト容疑者はニューヨーク州…

続き

サミットに安倍外交結実 米の最も重要な同盟国に

関係深化で広島訪問  5月27日、現職米国大統領として初めて、オバマ大統領は被爆地・広島を訪問した。所感を述べた後、大統領は被爆者代表の2人の元へ歩み寄り、握手をしながら耳を傾け言葉を交わした。それはかつて干戈(かんか)…

続き

STAP細胞騒動から2年。今年刊行された…

 STAP細胞騒動から2年。今年刊行された『あの日』と題する手記以来5カ月、小保方晴子さんがメディアに登場した。瀬戸内寂聴さんとの対談(「婦人公論」6月14日号)だ。  瀬戸内さんの意向による企画のようだが、内容はお粗末…

続き

イラクなどで大規模自爆テロ頻発

イスラム各派が主導権争い  自爆テロによる大量殺戮がこのところ急増してきた。主要な理由は、勢力後退傾向がみられる過激派組織「イスラム国」(IS)による“焦燥感”とみられている。そもそも、全世界を舞台にした異常な暴力の嵐は…

続き

不眠症の治療法

韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」  大韓民国をむしばむ低成長基調の中でも好況を誇る分野がある。“睡眠産業”だ。国民健康保険公団によると、昨年、睡眠障害で病院を訪ねた患者は45万5900人に達した。2011年の28万9…

続き

「広島におけるオバマ」の後に

東洋学園大学教授 櫻田 淳 理想主義の価値を示す 矮小化された現実主義に対抗  バラク・H・オバマ(米国大統領)の広島訪問は、日米関係160年の歴史に残る意義を持つものになった。米国紙『ワシントン・ポスト』は、「広島にお…

続き

翻訳が培うハングルの豊かさ、韓国作品が海外で文学賞

韓国紙セゲイルボ  韓国人作家・韓江(ハンガン)氏の『菜食主義者』が英国のマン・ブッカー賞国際部門を受賞した。韓国作品が海外で文学賞を受賞したのは喜ばしいことだ。その喜びと光栄は何より作家のものだが、今回は翻訳者にもそれ…

続き

無意味な米海軍の「航行の自由作戦」

日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望(3) 元統合幕僚学校副校長・海将補 川村純彦氏に聞く ハリネズミ戦略で対中攻勢へ 中国が岩礁に人工島を造成し、その周辺海域の領有権を主張していることは国際海洋法違反だ。しかし、それでも…

続き

「北方領土を含む千島列島は引き渡さない」 容認できぬロシア外相の発言

 ロシアのラブロフ外相は、北方領土問題を含む日本との平和条約交渉について「クリール諸島(北方領土を含む千島列島)は引き渡さない」と述べた。  交渉めぐる対日牽制か  ラブロフ氏は、交渉は「(日本が)第2次大戦の結果を受け…

続き

反トランプ抗議行動が裏目に Protests backfire as anti-American images push undecided voters to Trump

 ドナルド・トランプ氏の集会の外で醜い抗議行動が行われているが、アナリストらは、抗議行動での暴力や反米感情は裏目に出て、トランプ氏の勝利の可能性を損ねるどころか、反トランプ陣営自体が損失を被っていると指摘した。  ニュー…

続き

経済低迷の主因「増税」支持の各紙に「再延期」批判の資格はあるのか

◆首相に手厳しい各紙  主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)の熱気やオバマ米大統領の歴史的広島訪問の興奮もどこへやら、最近のマスコミの関心は専ら消費税増税の再延期問題でいっぱいという感じである。  無理もない。広島から東京…

続き

ブータン王国の人口は74万5000人で、その多くが…

 ブータン王国の人口は74万5000人で、その多くが山の谷間や丘陵に住んでいる。2005年の国勢調査によると、「あなたは今、幸せですか?」の問いに97%が「幸せ」「とても幸せ」と答えている。  今年は日本・ブータン国交3…

続き

両陛下、小金井市を御訪問

天皇陛下が70年前生活  天皇、皇后両陛下は31日、東京都小金井市の都立小金井公園内にある「江戸東京たてもの園」を訪れ、天皇陛下が中学生時代を過ごした東宮御仮寓所の跡地などを見て回られた。  天皇陛下はちょうど70年前の…

続き

中国、米軍排除で聖域化狙う

日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望(2) 元統合幕僚学校副校長・海将補 川村純彦氏に聞く 人工島の基地機能維持に疑問も 中国は、冷戦の教訓から核抑止力を持つことに血眼になっている。  信頼できる核の抑止力を確保することは…

続き