世界日報 Web版

Date archive for 3月, 2016

内陸国パラグアイの挑戦 「魚の養殖」で持続可能な開発目指す

 南米の内陸国、パラグアイが養殖を通じて持続可能な開発を目指している。台湾の大学や日本からの技術協力を受けながら、養殖事業のさらなる拡大を模索している。(サンパウロ・綾村 悟) 新たな食文化浸透に取り組む 意義深い極僻地…

続き

『竹泉稿』の里帰り

韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」  旧韓末(朝鮮末期~大韓帝国)の改革派政治家、朴定陽が残した『美俗拾遺』(美は美国=米国のこと)はわが国初の西欧見聞記だ。初代駐米全権公使としてワシントンに赴任した彼が1888年1月…

続き

目立つ民主主義の劣化現象

桐蔭横浜大学法学部教授 ペマ・ギャルポ 翻弄される米大統領選 チベット社会やインドでも  民主主義はいうまでもなく私たちが政治的、社会的に共同生活を営む秩序の中で、幸福を追求する最高の制度であると私は信じている。しかし、…

続き

「卑語」繰り返す北朝鮮

韓国紙セゲイルボ 国の品格を自ら貶める結果に  北朝鮮が吐き出す卑語や穢(きたな)い言葉は傲慢(ごうまん)で無礼なだけでなく、ほとんど呪いといっても過言ではない。朴槿恵(パククネ)大統領に対する呪詛、卑語が2カ月近く続い…

続き

ベトナム、ニャチャンビーチの悲哀

ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ(8)  国境のラオバオで宿を取った。ベトナムのホテルはどんな安宿でも、タイやラオス、それにマレーシアのように前金ではない。だがチェックイン時にパスポートをフロントに預…

続き

子宮頸がんワクチン集団提訴へ

国と製薬会社に賠償請求 全国4地裁で6月にも  子宮頸(けい)がんワクチンを接種した若い女性らが全身の痛みなどを相次いで訴えている問題で、被害者連絡会のメンバーらが30日、東京都内で記者会見し、国と製薬会社2社を相手に損…

続き

子宮頸がんワクチン 「副作用」被害訴える大学生

「なぜ起きた」明らかに  子宮頸(けい)がんワクチンの副作用被害を訴え、提訴することを決めた埼玉県の大学生酒井七海さん(21)は、5年前にワクチンを接種した後、失神や右半身のしびれ、記憶障害などの症状が表れるようになった…

続き

訪日客目標倍増、日本の魅力の発信強化を

 政府は、東京五輪・パラリンピックが開かれる2020年の訪日外国人観光客数目標を2000万人から4000万人に倍増させた。昨年の訪日客数が1974万人に達したことを受けてのものだが、新たな目標の達成に向けて日本の魅力をさ…

続き

イスラム過激派、キリスト教徒への攻撃継続を警告 Global war on Christianity feared as radical Islamists warn of more attacks

 イースター(復活祭)の日曜日、パキスタンで自爆テロが起き死者が出たことで、世界各地でキリスト教徒への攻撃が拡大するのではないかと懸念されている。攻撃の背後には過激なイスラム組織があり、キリスト教徒への攻撃を続けると警告…

続き

民進党結党に共産党との関係どうするか路線の明確化を迫った産経

◆各紙とも厳しい論調  衆院議員96人、参院議員60人の合わせて両院156人の勢力。民主党と維新の党による合流新党「民進党」が27日に都内で結党大会を開き、正式に旗揚げした。「国民とともに進む国民政党となる」「野党勢力を…

続き

今回の俳人協会評論賞は「未来図」同人の…

 今回の俳人協会評論賞は「未来図」同人の依田善朗さんによる『ゆっくりと波郷を読む』(文學の森)。石田波郷と作家横光利一との関係や、波郷の季語意識、韻律の問題など、先行研究のなかった分野を開いた評論。  都内で開かれた受賞…

続き

ベトナム、テトで黄金色の大地に

ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ(7)  ベトナム国境まで走るサバナケット発のバスは午前8時半、出発した。まともなバスがあること自体、20年前を知る記者としては感無量だ。当時は首都ビエンチャンでさえバ…

続き

与那国陸自部隊、南西諸島の防衛体制強化を

 日本最西端の与那国島(沖縄県与那国町)で陸上自衛隊の「与那国沿岸監視隊」が創設され、任務を開始した。  1972年の沖縄の日本復帰後、同県内で新たな自衛隊施設を設置するのは初めてだ。中国の海洋進出をにらみ、南西諸島の防…

続き

沖縄観光コンベンションビューロー 人事、予算管理めぐり問題噴出

沖縄観光コンベンションビューロー 人事、予算管理めぐり問題噴出

今年度、6年ぶり赤字転落に衝撃  一般財団法人沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)の人事や決算をめぐって問題が噴出しているが、従業員からは職場の民主化を求める声が上がっている。さらには、利益誘導やずさんな予算管理…

続き

多国籍軍事演習から帰任

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  在沖米海兵隊の第31海兵遠征部隊(31MEU)に所属する海兵隊員と海軍水兵の計2200人は22日、タイ、韓国における多国籍軍事演習を終えて帰任した。  31MEUは地上部隊、航空部…

続き

開いた手と握り締めた拳 An open hand, the clenched fist

 ハバナでカストロ兄弟に向けたオバマ大統領の開いた手は、握り締めた拳で迎えられた。驚いたのは、ホワイトハウスのおめでたい人たちだけのはずである。西半球の歴史上最高に抑圧的な政権に抗議しているキューバ人は、大統領の訪問――…

続き

虐待が疑われるとして、全国の警察が児童相談所…

 虐待が疑われるとして、全国の警察が児童相談所(児相)に通告する件数が急増している。そんな中、両親から虐待を受けたとして神奈川県相模原市の児相に保護を求めていた中学2年の男子生徒が自殺を図り死亡した。  「保護してほしい…

続き

テロを過小評価するオバマ氏

米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー 無意味なキューバ訪問 勢力拡大する「イスラム国」  【ワシントン】分割画面を見ているようだ。一方でブリュッセルの爆弾、他方では、ハバナで野球観戦しラウル・カストロ氏とウエーブを…

続き

「支持率100%」の強み

地球だより  このところ韓国のニュース番組は半月後に迫った総選挙の話題で持ち切りだ。与党は公認選びをめぐる内紛、野党陣営は難航が予想される候補一本化でいずれも波乱含みだが、勝った方は来年の大統領選に弾みがつく。世論調査で…

続き

ロシアの対ドイツ情報戦争

日本大学名誉教授 小林 宏晨 少女強姦事件捏造し放送 メルケル政権不安定化狙う  戦争には多様な側面が存在し、情報戦もその一側面だ。情報戦の特徴はその行動が戦時・平時と問わないところにある。最近の一例を紹介しよう。ロシア…

続き

任官辞退の実情

 3月21日、防衛大学校(神奈川県横須賀市)の卒業式が行われた。今年の卒業生は419人(留学生を含む)で、任官辞退者は47人。昨年よりも 約2倍の人数となった。  卒業式の模様を伝えたテレビのニュースなどでは、任官辞退者…

続き

ラオス、中越の狭間で揺れる政治

ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ(6)  大型ショッピングモール「ビエンチャン・センター」の前を、消防自動車がサイレンを鳴らしながら走り去っていく。赤い車体には誰の目にもつくように「中国雲南省寄贈」と…

続き

両陛下、ジンバブエ大統領夫妻と御会見

 天皇、皇后両陛下は28日、来日しているジンバブエのムガベ大統領夫妻と皇居・宮殿で会見し、昼食を共にされた。昼食会には皇太子殿下と秋篠宮殿下御夫妻も同席された。  宮内庁によると、大統領は1989年、天皇陛下が即位後初め…

続き