世界日報 Web版

Date archive for 1月, 2016

目黒雅叙園で、ひなに被災地の思いを込めて

東日本大震災で被災した人形を含む670点が展示  20日、東京都目黒区の目黒雅叙園では22日から開催される「百段雛(ひな)まつり~みちのく雛紀行~」の準備が進んでいる。  今年は岩手・宮城・福島の3県から集められた、東日…

続き

第2次大戦中の強制収容所をリゾートホテルに

モンテネグロのマムラ島で、「歴史ちゃかす」と反発  旧ユーゴスラビア構成国のモンテネグロで、アドリア海に浮かぶマムラ島に残る第2次大戦中の強制収容所をリゾートホテルに改修する計画が進んでいる。元収容者の親族からは「歴史を…

続き

祈り込められる青い靴、ハイヒール型の教会

病で足を切断した少女のために、台湾南部の嘉義市で  14日、台湾南部の嘉義市で、病で足を切断した少女のために建設されたハイヒール型の教会。  この地域では1950年代、ヒ素を含んだ井戸水を飲んで病にかかり、足を切断した住…

続き

パラリンピック創始の哲学

獨協大学教授 佐藤 唯行 スポーツをリハビリに 亡命医師グットマンが発想  4年後のオリンピック東京大会を控え、同時開催されるパラリンピックへの関心も俄に高まっている。この国際的催しを創始した人物こそ、ナチスの圧制を逃れ…

続き

宜野湾市でシンポジウム 基地問題の討議内容

「宜野湾と沖縄の未来を考える『日本一早い桜祭り』」沖縄国際交流政策研究所主催  シンポジウム「宜野湾と沖縄の未来を考える『日本一早い桜祭り』」(主催・一般社団法人沖縄国際交流政策研究所)が11日、普天間飛行場のある沖縄県…

続き

核問題、米中葛藤が「北」に免罪符

韓国紙セゲイルボ 中国不参加なら制裁は制限的  北朝鮮による4回目の核実験への対応をめぐり、国際的競争が展開している。ケリー米国務長官は王毅中国外相との通話で、「中国の解決法は失敗したし、新しい対策が必要だ」と強調した。…

続き

イスラム教の聖典解釈、「文字通り」は危険はらむ

2016 世界はどう動く-識者に聞く(12) 聖公会中東・北アフリカ総主教ムニール・ハンナ・アニス師(上) イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」によるテロが吹き荒れている。背景には、イスラム過激派思想があることが明ら…

続き

制裁解除でイランに企業が殺到/Iran welcomes business rush as sanctions are lifted

 時間はかからなかった。  イランへの国際的な経済制裁を解除する合意が署名されるとすぐに、欧州とアジアの大企業は契約を交わし始め、主要国の指導者らは、イラン政府へ貿易使節団を派遣することを検討し、閉鎖されていた油田への注…

続き

成人の日のあった翌週、1月17日にテレビ朝日…

 成人の日のあった翌週、1月17日にテレビ朝日で「題名のない音楽会」が放送された。テーマは「二十歳で創った音楽会」。筆者が演奏を聴いたのは昨年12月22日で、東京オペラシティで録画があった。  一般の音楽会と異なるのは、…

続き

AIIB事業開始に中国の恣意的な運用の懸念を深める読売、産経

◆公正運用求めた読売  中国が主導するアジアインフラ投資銀行(AIIB)が北京で設立式典を開き、本格的な業務を開始した。  AIIBにはアジアや欧州などから57カ国が参加。参加国が拠出する資本金は計1000億㌦(約11兆…

続き

イラン制裁解除、核問題の合意順守へ警戒を怠るな

 核開発疑惑を受けてイランに科されていた経済制裁が解除された。核開発は当面は制限され、イランは国際的な孤立から解放される。だが、イランは核武装の野望を放棄してはいない。  保守派は依然として反発  イランは昨年7月、欧米…

続き

フロリダのお年寄り

マイアミの風  友人のカズコさんはポーランド系米国人と結婚していて娘が一人いる。ご主人の父上は現在93歳で食事に留意していたせいかスリムで、いたって健康な御仁である。夫人を病で亡くして以来一人で住んでいたのだが、さびしさ…

続き

“欧州のトランプ氏”は1人でない

 不動産王ドナルド・トランプ氏の入国禁止が決定していたら、文字通り漫画チックな展開となるところだった。外電によると、英下院は18日、イスラム教徒入国禁止発言をしたトランプ氏の英入国禁止問題を協議した末、英保守派らの反対が…

続き

芥川賞に滝口悠生さん、本谷有希子さん

直木賞は青山文平さん68歳に、2番目の高齢受賞  第154回芥川・直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が19日夕、東京・築地の新喜楽で開かれ、芥川賞は滝口悠生さん(33)の「死んでいない者」(「文学界」12月号)と、本谷…

続き

「全身トロ味」と太鼓判、高級魚のスマを出荷

全国で初、和歌山県水産試験場が人工産卵から養殖  和歌山県水産試験場などは、脂が乗り「全身トロ」とも言われる高級魚のスマを全国で初めて人工産卵から養殖し、東京や大阪の百貨店への出荷を始めた。担当者は「背中は中トロ、腹は大…

続き

学問の神様に願い込める、那覇空港に特大絵馬

願い札は菅原道真を祀る太宰府天満宮に奉納  受験シーズンのピークを迎えている。那覇空港ターミナルビルには空港から県外へ旅立つ受験生らを応援する特大の絵馬が登場している。  日本航空(JAL)・日本トランスオーシャン航空(…

続き

中国に「道徳空白」の難題

台湾に吹いた蔡英文旋風(下) 「富強有徳」志向へ台湾の役割  今回、立法院選挙で注目を浴びたのは、弟を愛した熱血の姉・洪慈庸氏だ。弟は兵役終了日を直前に控えながら隊内でいじめに遭遇し、死亡する。その真相究明を求め、軍を前…

続き

宜野湾市長選24日投開票 普天間移設めぐり保革が大接戦

 普天間飛行場の移設問題が最大の焦点となっている宜野湾市長選が17日に告示され、24日に投開票される。自民党県連と公明党県本部が推薦する現職、佐喜真淳氏(51)と共産党など翁長雄志知事を支える革新政党・団体が支援する新人…

続き

基地問題を考えるシンポ開催

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  成人の日の11日、宜野湾市民会館で沖縄の基地問題を考えるシンポジウムが開催された。沖縄では梅の開花の知らせが届き、桜の開花も近づいている。イベント名は「宜野湾と沖縄の未来を考える『…

続き

パキスタンに希望の光が/Hope in Pakistan

 パキスタン政府の、1月初めに起きた、インド側国境地帯にある軍事施設への襲撃に参加したことを疑われているイスラム過激派民兵に対する動きは、良いニュースであるし、しかも、その及ぶ範囲はその地域だけにとどまらない。米国にとっ…

続き

廃棄カツ横流し、安ければと安易な判断戒めよ

 廃棄した冷凍カツを流通市場に横流しし、それが消費者の口に入った不正転売事件は、これまでの食品にまつわる各種の事件の中でも類例のない極めて悪質なものと言わなければならない。健康と命にかかわる食の安全をあざ笑うかのような、…

続き

東京地方では一昨日、積雪のために電車の…

 東京地方では一昨日、積雪のために電車のダイヤが大幅に乱れ通勤客が混乱。京王線の最寄りの駅では、構内に入り切れず、外にも60㍍ほどの列ができた。  都心へ続くどの路線も似たような状況だったという。通勤時は発車の間隔が2~…

続き

都心の積雪は最大6センチ、交通乱れ続く

北日本や北陸で猛吹雪警戒、低気圧が急速に発達  前線を伴う低気圧が関東・東北の太平洋側を北上し、18日午後は北日本(北海道と東北)のほか、北陸から九州北部にかけての日本海側で雪や雨が降った。低気圧は急速に発達して19日朝…

続き