世界日報 Web版

Date archive for 1月, 2016

音読で文字への抵抗感なくす

北海道師範塾「教師の道」研修講座  教育改革が叫ばれて久しい。教育基本法の改正、教育委員会制度の見直し、道徳の特別教科化などさまざまな制度・カリキュラム改革が進められている。もっともそれらの改革が児童生徒にとって有益かど…

続き

肥満傾向児の出現率

◆ きょういく Q&A ◆  Q 子供の肥満は増えていますか。  A 肥満傾向児の出現率は、平成18年度以降、減少傾向にありましたが、23年度以降は概ね横ばい状態です。27年度をみると、11歳では男子は9.87%、女子は…

続き

三方良しのお寺婚活

 浜松市に龍雲寺という寺がある。数年前からお寺婚活「吉縁会」を開いている。「成人の日」の翌日、昨今の婚活事情をルポしたテレビ番組で「吉縁会」を紹介していた。会員4600人、臨済宗系の寺を中心に東海や関東など全国に広がって…

続き

保守市政継続求めた宜野湾市民

“安倍批判”だけの革新陣営に嫌気  4年前、27年ぶりに革新から市政を奪還した佐喜真氏。大きな失政はなく、市民は保守市政継続を求めた。革新に戻れば再び経済が低迷するとの危機感が強く、宜野湾市民の生活とは直結しない「辺野古…

続き

“タレこみ”でスクープ続ける“進撃”の「センテンス・スプリング」

◆「裏金」を全てコピー  週刊文春の特ダネラッシュが止まらない。年頭(1月14日号)のタレント・ベッキーとバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音の不倫スキャンダルが暴露され、先週発売の1月28日号では甘利明経済再…

続き

宜野湾市長選、追い風受け辺野古移設加速を

 米軍普天間飛行場の移設問題が焦点となった沖縄県宜野湾市長選で、自民、公明が推薦した現職の佐喜真淳氏が大勝した。辺野古移設反対の翁長雄志知事を先頭に戦ってきた候補が敗北したことにより移設容認派には追い風となる。政府は普天…

続き

亡命先のロンドンで2006年、元ロシア情報機関員…

 亡命先のロンドンで2006年、元ロシア情報機関員アレクサンドル・リトビネンコ氏(当時43)が毒殺された事件は大きな衝撃を与えた。  事件を調査していた英公聴会の報告書が公表された。「入手可能なあらゆる証拠や分析を総合す…

続き

フィリピン大統領選の世論調査、ビナイ副大統領が単独首位に

 5月に行われるフィリピンの大統領選挙は、候補者が出そろい国民の関心も高まっている。毎月のように発表される世論調査では、活発に順位が入れ替わる混戦状態が続いており、まだ有権者の意思は固まっておらず、どの有力候補にも当選の…

続き

日本人が知るべき日本列島

拓殖大学地方政治行政研究所客員教授 濱口 和久 広範囲に及ぶ火山の島 激しい気候変化と地震頻度  日本人は日本列島のことをどれだけ知っているだろうか。少々、地理の授業になるかもしれないがお付き合いいただきたい。 「日本列…

続き

耐えてしのいだ120分、若き日本にたくましさ

延長戦でイランを下す、日本はリオへあと1勝  耐えてしのぎ、最後に強豪イランに引導を渡した。120分の激闘。重ねた我慢は若き日本の成長の証しだ。手倉森監督は「しびれた。じれずに辛抱強くやってくれた」と手をたたいた。  相…

続き

西武HD、新「赤プリ」ホテルを7月27日開業

米チェーン大手と提携、訪日外国人客の獲得を目指す  西武ホールディングスは、「赤プリ」の愛称で親しまれた旧グランドプリンスホテル赤坂(東京都千代田区)の跡地に建設している高級ホテル「ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町」を…

続き

虫の接触5回で消化酵素

独大学などがハエトリソウで解明  食虫植物のハエトリソウ(ハエトリグサ)は、二枚貝のようなとげのある捕虫葉にハエやアリなどが入った際、内部に生えた「感覚毛」に5回程度触れると、消化酵素などを生み出す遺伝子が働き始めること…

続き

膠着状態の南北、4月総選挙で“従北”勢力支援強化も

2016 世界はどう動く-識者に聞く(15) 元韓国治安政策研究所研究官 柳東烈氏(下) 近年、平壌では高層マンションなどをはじめ大型建造物が立ち並ぶようになった。経済は上向きだとする見方もある。  金正恩第1書記の指示…

続き

危険、ナチス、独裁…とアジ演説的な「サンモニ」の緊急事態条項批判

◆正装神妙なSMAP  「わたしSMAP世代なんですよ~」。子供が同じ高校に通っていた、あるお母さんの“自己紹介”を思い出した。冷やかしたかどうかは覚えていないが、市井の大人まで自分の世代を言い表す代名詞にもしているグル…

続き

翁長、志村両氏を告発 戸別訪問 公選法違反で

 24日に投開票される沖縄県宜野湾市長選に関し、浦添市在住の民間選挙監視団体の男性は22日、公職選挙法違反の罪で同県の翁長雄志知事と立候補者の志村恵一郎氏に対する告発状を県警に提出した。20日のNHK沖縄放送局のニュース…

続き

宜野湾市長選、きょう投開票 「普天間」争点に保革大接戦

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題を最大の争点とする同市長選が24日、投開票される。同県名護市辺野古への移設を進める自民、公明両党が推薦する現職の佐喜真淳氏(51)と、移設に反対する翁長雄志同県知事や共産、社…

続き

「筆耕の机の塵や日脚伸ぶ」(野崎方道)…

 「筆耕の机の塵や日脚伸ぶ」(野崎方道)。冬の日差しが、やわらかく感じるこの頃。季語の中では、冒頭に挙げた句の「日脚伸ぶ」が、それにふさわしい。  稲畑汀子編『ホトトギス新歳時記』によれば「冬至のころは、昼が最も短く、夜…

続き

訪日客急増、一層の増加へ地方への誘致を

 2015年の訪日外国人数(推計値)が1973万人となり、3年連続で過去最多を更新した。政府が20年までの目標として掲げる年間2000万人を前倒しで達成する勢いだ。 年2000万人に迫る  訪日客数は前年比で47・1%増…

続き

二宮尊徳翁から学ぶ ~天地と我とは一体~

無為自然 ★生い立ち  二宮尊徳は天明7年(1787年)、相州小田原郊外の豊かな農家に生まれた。しかし13歳で父を、16歳で母を亡くし、耕地も洪水で失い、生家が没落するという不幸に見舞われた。尊徳は伯父の家で苦難の青年時…

続き

バチカン、高山右近を「福者」に認定

国外追放のキリシタン大名  バチカン(ローマ法王庁)は22日、江戸幕府のキリスト教の禁教令で国外追放されたキリシタン大名、高山右近(1552~1615年)を最高の崇敬対象となる「聖人」に次ぐ「福者」に認定したと発表した。…

続き

近藤麻理恵さん「片付けで世界平和を」

ニューヨークのジャパン・ソサエティーで講演  片付けに関する著書が米国でベストセラーとなっている「片づけコンサルタント」の近藤麻理恵さんが21日、ニューヨークの日米交流団体講演し、集まった300人近い聴衆に部屋の片付け方…

続き

研究チーム、「美女と野獣」起源4000年前?

著名童話、伝聞で継承  ポルトガルのヌエバ・デ・リスボン大と英ダラム大の研究チームは、「美女と野獣」などの童話が4000年前に存在していた可能性があるとする調査結果を英王立協会の科学誌オープン・サイエンス最新号に発表した…

続き

アルゼンチンの紙幣から「エビータ」消える

英領フォークランド諸島の図柄も  アルゼンチンの紙幣から「エビータ」の愛称で知られる故エバ・ペロン大統領夫人の肖像と英領フォークランド(アルゼンチン名マルビナス)諸島の図柄が消えることになった。100ペソ札のエビータの肖…

続き