世界日報 Web版

Date archive for 1月, 2016

「北」核実験、事前察知不能の衝撃

韓国紙セゲイルボ 安保能力点検、総体的措置履行を  大韓民国は北朝鮮の核を含んだ多様な脅威に晒(さら)されているだけでなく、南シナ海を中心にした米中間の覇権競争の深化と、東シナ海での中日間の軍事的摩擦など、容易でない安保…

続き

ケルン事件で揺らぐ独首相

アメリカン・エンタープライズ政策研究所客員研究員 加瀬 みき 国境を閉ざす欧州各国 早急な対策必要な難民問題  ドイツはシリアやアフリカ、アフガニスタンなど紛争地帯からの難民を両手を広げ迎え入れてきたが、ニューイヤーズ・…

続き

両陛下、フィリピン側の戦没者を御慰霊

深く頭下げられ、2分近く黙祷  【マニラ時事】「ここに眠るフィリピン人戦士の名は、神のみが知る」。英語でこう刻まれた慰霊碑の前には、フィリピン国旗の半旗が掲げられていた。天皇、皇后両陛下は27日午後、首都マニラにある同国…

続き

天皇陛下「フィリピン犠牲者、決して忘れない」

アキノ大統領主催晩餐会でお言葉  【マニラ時事】フィリピンを公式訪問中の天皇、皇后両陛下は27日夜、首都マニラのマラカニアン宮殿(大統領府)で、アキノ大統領主催の晩さん会に出席された。  天皇陛下はあいさつで、日本との国…

続き

宜野湾市長選、翁長氏の求心力低下へ

激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落(下) 菅長官、“周到な準備”で勝利  政府の米軍普天間飛行場の辺野古移設方針は確固としており、宜野湾市長選の結果には左右されない。国の安全保障に関わる問題なので、「一部地域の選挙で決…

続き

トランプ氏が優勢、支持者ら初の党員集会へ/Donald Trump finds advantage in battle to get Iowa supporters to first caucuses

 【ペラ(アイオワ州)】ジェフ・リドリーさんは、寒く、風が吹く中、妻と娘とともに1時間以上、共和党大統領候補ドナルド・トランプ氏の選挙集会に参加するために並んだ。リドリーさんは、政治に関わったことはないが、今年は党員集会…

続き

衝撃的事故に凡庸な各社説の中でシートベルト着用説き有益な毎日

◆過去事例でお茶濁す  死者15人(運転手2人を含む)、重軽傷者26人という大惨事となった今月15日未明に長野県軽井沢町で起きたスキーツアーのバス転落事故から、約2週間になろうとしている。その間、運行バス会社のずさんな安…

続き

毎年10月末から11月初旬にかけて、名古屋国際…

 毎年10月末から11月初旬にかけて、名古屋国際会議場センチュリーホールで行われるのが全日本吹奏楽コンクール。中学校から一般まである部門の中で、高校だけが「吹奏楽の甲子園」と呼ばれている。  昨年は1555校が参加した。…

続き

教科書謝礼問題、採択の公正性揺るがすな

 小・中学校の教科書を発行する会社の約半数が検定中の教科書の内容を校長らに見せ、謝礼を渡していたことが判明した。  検定規則や業界の自主ルールに違反する行為で、教科書採択の公正性を揺るがしかねない。  教育長に歳暮・中元…

続き

宜野湾市長選挙、「オール沖縄」神話の崩壊と「オール“コミンテルン”」の実在

 2015年1月24日に投開票が行われた沖縄県の宜野湾市長選挙は、本来は宜野湾市民の福利厚生を争点にするはずだったが、志村恵一郎・翁長雄志陣営と各メディアにより、米海兵隊普天間基地の辺野古移設が争点となった。  結果は、…

続き

天皇・皇后両陛下のフィリピン御訪問

「心と心」の絆を大事にしよう  天皇、皇后両陛下がフィリピンを訪問され、両国の戦没者160万人を慰霊されている。  大戦の海外最激戦地だったこの国は、戦後しばらく、最も激しい反日国だった。だが、その間に、キリノ大統領によ…

続き

天皇・皇后両陛下のフィリピン御訪門

「心と心」の絆を大事にしよう  天皇、皇后両陛下がフィリピンを訪問され、両国の戦没者160万人を慰霊されている。  大戦の海外最激戦地だったこの国は、戦後しばらく、最も激しい反日国だった。だが、その間に、キリノ大統領によ…

続き

日本男子リオへ、6大会連続で通算10度目

サッカー最終予選でイラク代表を破る サッカーのU23(23歳以下)日本代表は26日、ドーハで行われたリオデジャネイロ五輪の男子アジア最終予選を兼ねたU23アジア選手権の準決勝でU23イラク代表を破って決勝に進出し、大会3…

続き

福島舞台のオペラ初上演、震災後の葛藤描く

ハンブルク州立歌劇場で、細川俊夫氏作曲の「海、静かな海」 ドイツ北部ハンブルクの州立歌劇場で24日、東日本大震災後の福島を舞台にした細川俊夫氏作曲のオペラ「海、静かな海」が世界初上演された。 日本語の脚本を手掛けた劇作家…

続き

国際友好新年会で恒例の鏡割り、日米友好を誓う

在沖米国総領事館と在沖米国商工会議所が主催  在沖米国総領事館と在沖米国商工会議所が主催する第20回国際友好新年会が21日、那覇市のホテルで盛大に開かれ、恒例の鏡割りでお祝いした。  主催者を代表してジョエル・エレンライ…

続き

両陛下、フィリピン御到着

レイで歓迎、大統領と握手  【マニラ時事】フィリピン公式訪問に出発された天皇、皇后両陛下は26日午後、首都マニラのニノイ・アキノ国際空港に到着された。同国訪問は皇太子夫妻時代の1962年以来、54年ぶり。  両陛下は現地…

続き

宜野湾市長に佐喜真氏再選、辺野古移設の明確な民意示す

「オール沖縄」の欺瞞性露呈  任期満了に伴う沖縄県宜野湾市の市長選が24日、投開票され、現職の佐喜真淳氏(51)(無=自民・公明推薦)が、翁長雄志知事や革新団体の支援を受けた新人の元県職員・志村恵一郎氏(63)(無)を破…

続き

宜野湾市長選の敗北で翁長知事の訪米取り止めか

激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落(中) 自公は結束、革新に亀裂  沖縄のメディアは、翁長雄志知事を中心に結束する辺野古移設反対勢力「オール沖縄」を過大評価するあまり、辺野古移設を容認すれば“非県民”であるかのような扱…

続き

沖縄本島に降雪、観測史上初

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  沖縄気象台によると、沖縄本島北部の名護市で、24日午後10時半前ごろ、みぞれが観測された。鹿児島県の奄美大島でも24日、1901年2月12日以来、115年ぶりに初雪を観測した。沖縄…

続き

民主党代表質問、改憲に後ろ向きでいいのか

 安倍晋三首相の施政方針演説に対する各党代表質問が始まった。野党第1党である民主党の岡田克也代表は、憲法改正について「立憲主義の基本を理解しない首相の下では極めて危険だ」と懸念を表明。夏の参院選における改憲勢力「3分の2…

続き

アジアの水戦争を防ぐ/Preventing a water war in Asia

 東南アジアの海に中国が脅しをかけていることについては、アジアは慣れっこになりかけていたのだが、そうした折も折、アジア人にとっての別の水の心配が起きているのだ。北京の政府は、南アジアおよび東南アジアの六つの大河の安全・健…

続き

国連世界食糧計画(WFP)は、南部アフリカ…

 国連世界食糧計画(WFP)は、南部アフリカ諸国で干ばつが発生し、1400万人が飢餓に瀕していると発表した。そのうちモザンビークでは17万人が栄養失調に陥っていると小紙の宝山晶子・ベイラ(モザンビーク)通信員が22日付で…

続き

非難かわすための囚人交換

米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー 核合意受け制裁を解除 イランが中東の覇権国家に  【ワシントン】オバマ氏は有能な大統領だ。イラン核合意はひどい合意だが、全体を見るとよくできている。ほぼ同時に実施された囚人交換…

続き