世界日報 Web版

Date archive for 1月, 2016

野球で日米友好に貢献したアーロン氏に叙勲伝達

米アトランタで、昨年秋に旭日小綬章を受章  野球を通じて王貞治氏(75)とともに日米の友好親善に貢献したとして、昨年秋の叙勲で旭日小綬章を受章した元米大リーグ選手、ハンク・アーロン氏(81)への叙勲伝達式が14日、米ジョ…

続き

改造車の展示会「東京オートサロン」開幕

トヨタはレース仕様コンセプトカーを展示  改造車の展示会「東京オートサロン」が15日、千葉市の幕張メッセで開幕した。自動車メーカーなどが計880台を出展。スポーツ仕様の車の展示が目立つ。自動車の国内販売が低迷する中、各社…

続き

民主議員が女性の海兵隊編入求める海軍長官を批判/Liberal Democrat slams ‘ridiculous’ Navy chief for forcing female integration on Marines

 元海兵隊員の議員とリベラル派民主党議員が、メイバス海軍長官が出した女性の戦闘任務に関する包括的指令を攻撃している。  アフガニスタンとイラクで海兵隊将校として戦ったハンター下院議員は12日、メイバス氏を「軍としての海兵…

続き

衆院選挙制度、党利党略超え改革案実現を

 衆院選挙制度に関する有識者の調査会が、大島理森議長に改革案を答申した。  「1票の格差」を是正しつつ、地方にも一定の配慮をしており、妥当な内容と言える。各党は党利党略を超えて改革案を実現すべきだ。  「アダムズ方式」を…

続き

正月休みにインドを旅してきた。日本の新幹線…

 正月休みにインドを旅してきた。日本の新幹線が走ることになったアーメダバードからムンバイまで、8時間かけ在来の特急列車に乗るのが第一の目的だった。  2008年、160人以上の死者を出した同時テロで大きな被害を受けたムン…

続き

菊地イネさん、今後も「一生懸命歌いたい」

歌会始の入選者10人が宮内庁で記者会見  「歌会始の儀」に出席した入選者10人が14日午後、宮内庁で記者会見した。東日本大震災後の除染活動に関する歌を詠んだ福島市の無職菊地イネさん(82)は、「入選するとは思っていなかっ…

続き

伊藤若冲の傑作「孔雀鳳凰図」を発見

江戸時代中期に京都で活動した画家、83年ぶり幻の花鳥画発見  江戸時代中期に京都で活動した画家・伊藤若冲(1716~1800年)の花鳥画で、長く所在不明だった「孔雀鳳凰(くじゃくほうおう)図」が83年ぶりに発見されたこと…

続き

白星発進から一夜明け、U23日本は軽めの調整

サッカー五輪最終予選で辛勝の北朝鮮戦  サッカー男子のリオデジャネイロ五輪アジア最終予選を兼ねたU23(23歳以下)アジア選手権で、1次リーグB組の日本は初戦の北朝鮮戦の白星から一夜明けた14日、ドーハで練習した。  南…

続き

小学6年の張本智和の快進撃、4回戦で阻まれる

全日本卓球で丹羽を驚嘆させた大器、力の差は歴然  小学6年の張本の快進撃はトップ選手の壁に阻まれて止まった。男子シングルス4回戦で、リオデジャネイロ五輪日本代表候補の丹羽にストレート負け。「ずっと相手のペースで試合が進み…

続き

J2金沢のロマリーニョ「チーム一丸で優勝」

父は元ブラジル代表のスター選手のロマリオ氏  サッカーの元ブラジル代表のスター選手、ロマリオ氏を父に持ち、J2金沢に加入したMFロマリーニョ(22)が14日、金沢市内で「不安よりも楽しみが多い。チーム一丸となって優勝を目…

続き

砕かれた「アラブの春」の理想 イスラム過激派が台頭

 中東・アラブ諸国で、2010年暮れから始まった、長期独裁政権打倒と自由民主主義を求めた「アラブの春」運動は、昨年末で丸5年が経過した。最近「アラブの秋・冬になってしまった」との嘆きが聞かれる原因は、イスラム過激派勢力が…

続き

北「無人機」とオバマ氏の「戦略的忍耐」 

 オバマ米大統領と中国の習近平国家主席は案外、似ている。もちろん、外貌ではない。北朝鮮に対する政治姿勢が似ているのだ。両者の対北政策は、お互い申し合わせでもしたのではないかと疑いたくなるほど似ているのだ。  以下、説明す…

続き

月刊朝鮮に移民推進論 高齢化で嫁と労働力が不足

多文化説くも課題多い民族性  韓国は日本に迫るほど高齢化が進んでいる。さらに少子化も深刻だ。ソウル駐在の同僚が、「『兄弟が5人いるというと、クラスで笑われる』と現地校に通っている息子が言っていた」という。最近の韓国人カッ…

続き

正月早々、東京・世田谷区でコーヒーチェーン店…

 正月早々、東京・世田谷区でコーヒーチェーン店の販売した福袋が、転売目的とみられるグループによって買い占められるという騒動が発生した。何時間も並んで待っていた多数の一般客はムダ足となった。  買い占めグループが問題なのは…

続き

新東亜の「新征韓論」 読まれる「軍国主義」日本

羮に懲りて膾を吹く対日不信  日韓両国は「慰安婦問題」で合意に達し懸案の一つを“解決”して、朴槿恵(パククネ)大統領就任以来の「非正常」な関係から「正常」に向かおうとしている。日韓の反目は国際社会の反対を押し切って核・ミ…

続き

守りたい伝統行事 心の教育に良いお正月

家族で迎える「年の神」  伝統や風習、歳事や儀式が年ごとに薄れて行く昨今、年頭を祝う日本古来の「正月」行事の陰が薄くなってしまった。  時代と共に移り変わることは仕方ないが、寂しい。  正月はもともと、「年の神」を家へ迎…

続き

台湾の民進党独走、中国の強い政治メッセージも

2016 世界はどう動く-識者に聞く(11) 台湾・輔仁大学(台湾大学兼任)教授 何思慎氏(下) 16日の立法委員(国会議員=113議席)選挙で民進党が過半数を獲得し、国民党が野党になった場合、日本と同様に野党不在の政治…

続き

原発の未来、「脱」「推進」二者択一か

 東日本大震災による東京電力福島第一原子力発電所の事故により、わが国の原発世論は「反原発」一色に染められ、言論界では市民に対し「脱原発」か「原発推進」を迫り、政治もそれに迎合するなど、柔軟性を欠いた原発論に私はその愚かさ…

続き

「人」お題に歌会始 皇居

 新年恒例の宮中行事「歌会始の儀」が14日午前、皇居・宮殿「松の間」で行われた。今年のお題は「人」。天皇、皇后両陛下や皇族方のほか、天皇陛下から招かれた召人(めしうど)、選者、約1万9000首の一般応募の中から選ばれた入…

続き

無能・無責任国会は選挙の投票で審判を

韓国紙セゲイルボ  新年が明けたが政界を見ると暗鬱(あんうつ)なだけだ。立法府からは何の責任感も目標意識も見いだせない。韓国政治がどこへ行っているのか情けない。4月に総選挙が迫っているが、選挙区は消え、不法選挙運動に対す…

続き

日米韓協議、北の核放棄へ中露に圧力を

 北朝鮮が「水爆」と称する4回目の核実験を強行したことを受け、北の核問題をめぐる6カ国協議の日米韓3カ国の首席代表が緊急にソウルで会合した。  この3カ国の連携は北朝鮮の武力挑発を防ぐ外交努力として最も重要だが、特に今後…

続き

世界はジャングルの秩序 中東の父子鷹はどうする

 1991年1月17日、米軍などが、クウェート侵攻中のイラクへの空爆を開始、湾岸戦争が始まった。ブッシュ(父)米大統領は、「侵攻は絶対許せない。今や新世界秩序が進行しているのだ」と強調した。東西冷戦が終結しそうな中、中東…

続き

「詭道」の北朝鮮核実験、あまりにも多くのものを失う

韓国紙セゲイルボ  北朝鮮が6日、本当に水素爆弾実験をしたのかどうかに関係なく、ことを起こしたことだけは明らかであり、非常に衝撃的だ。  中国の兵法書「孫子」は計篇で「兵者詭道也」(兵は詭道なり)と教える。「戦争は不意打…

続き