世界日報 Web版

Date archive for 1月, 2016

共産主義勢力の沖縄支配を阻止した佐喜真市長の再選

 国政選挙並、いやそれ以上の取り組みが行われて熾烈な戦いが繰り広げられた宜野湾市長選挙の投開票が1月24日に行われた。その結果、佐喜真淳氏 27,668票、志村恵一郎氏 21,811票と5,857票の大差で現職の佐喜真淳…

続き

143人に及んだ焼身自殺、チベットの自由求めた魂の叫び

亡命政権のセング主席大臣が会見  日本を訪問したチベット亡命政権のロブサン・セング主席大臣が、このほど東京の大本山護国寺で講演した後、記者会見し、チベットにおいてこれまで143人が焼身自殺しているが、「これは絶望によるも…

続き

大相撲の元小結の豊真将、両国国技館で断髪式

美しい所作や誠実な土俵態度で人気、年寄立田川を襲名  昨年1月に引退し、年寄立田川を襲名した大相撲の元小結豊真将(34)本名山本洋介、山口県出身、錣山部屋の断髪式が30日、東京・両国国技館で行われた。  横綱鶴竜や貴乃花…

続き

琴奨菊が結婚披露宴「妻をいっぱい笑顔に」

横綱白鵬、森喜朗元首相ら630人が2人の門出を祝う  大相撲初場所で初優勝を果たした大関琴奨菊(32)本名菊次一弘、福岡県出身、佐渡ケ嶽部屋と祐未夫人(29)の結婚式と披露宴が30日、東京都内のホテルで開かれ、横綱白鵬、…

続き

鎌倉大仏、半世紀ぶりに保存修理

調査が報道陣に公開、さびなどの分析も  保存・修理に向けて行われていた鎌倉大仏(国宝・銅造阿弥陀如来坐像)の調査が28日、報道陣に公開された。  保存・修理は50年ぶりで、損傷状況を調べるため、さびなどの分析も行われる=…

続き

琵琶湖産の魚介「琵琶湖八珍」、ブランドに

滋賀県、「琵琶湖の恵みを味わってほしい」とPR  滋賀県は、琵琶湖で捕れる8種類の魚介を「琵琶湖八珍」と名付け、ブランド化を進めている。八珍を使った料理や加工品を提供する店の登録制度を始めたほか、それぞれの魚介の特徴や調…

続き

カーニバル目前、山車を準備するサンバチーム

ブラジル・リオデジャネイロで  27日、ブラジル・リオデジャネイロで、カーニバルに使う山車を準備するサンバチームのメンバー。  このチームの今年のテーマは、8月に開幕するリオ五輪への賛辞。  カーニバル本番を2月に控え、…

続き

あす米大統領選スタート 共和、民主共に接戦

アイオワ州党員集会を皮切りに  11月8日の米大統領選に向けた候補者指名争いの初戦となる共和、民主各党のアイオワ州党員集会が2月1日、実施される。同州の勝敗は、その後の選挙戦に大きな影響があるため、初戦の行方に全米の注目…

続き

「今年ほどなにかと春を待ちしこと」(星野立子)…

 「今年ほどなにかと春を待ちしこと」(星野立子)。東京でも、このところ寒い日が多い。平年気温を下回る日も少なくない。雪がちらつく日もある。  当分、寒さ対策に暖房器具は手放せないというところ。こうなると暖かい春が待ち遠し…

続き

「帝国」のプライドぶつかるトルコとロシア

多難な年明けのトルコ(2)  トルコを訪れるロシア人は、ソ連解体前後の“爆買ツアー”からこの四半世紀の間、右肩上がりに増え続け、年間450万人に達すると報じられた。ロシアは強権を発動できる国柄で、制裁措置に基づくトルコ旅…

続き

原油安で流れる露軍事技術

元統幕議長 杉山 蕃 中国軍質的向上の恐れ 最新装備のコピーも黙認か  新春は、中国経済への不安感から全世界的な株安でスタートした。そのような中、世界的には原油安という大きな流れが並行し、この影響は極めて大きい。一般に経…

続き

両陛下、フィリピン訪問から御帰国

 26日からフィリピンを公式訪問されていた天皇、皇后両陛下は30日午後、羽田空港着の政府専用機で帰国された。両陛下は出迎えに笑顔を見せられた。

続き

東シナ海情勢、日中の緊張激化は不可避

2016 世界はどう動く-識者に聞く(18) 笹川平和財団米国研究員 ジェフリー・ホーナン氏(上) 東シナ海情勢をどう見る。  今は南シナ海に注目が集まっているが、東シナ海にも注目が行くのは時間の問題だ。中国は排水量1万…

続き

天皇、皇后両陛下フィリピン御訪問 心に刻まれた慰霊と親善

 天皇、皇后両陛下は、5日間にわたり国賓としてフィリピンを訪問された。晩餐(ばんさん)会でのスピーチ、そして日比両国戦没者の慰霊は、両国民の心に深く刻まれ、絆を強めるものとなった。 両陛下が54年ぶりに  今回の御訪問は…

続き

「同性婚」教える中学を「最先端」と褒めちぎったNHK「おはよう日本」

◆多様な性の複雑怪奇  この欄で筆者は最近、いわゆる「LGBT」(性的マイノリティ)をもてはやす新聞・テレビを批判することが多くなっている。そこで、批判してばかりいてはいけないと、当事者や支援者団体が企画する勉強会に時々…

続き

多難な年明けのトルコ、ダブルパンチの観光業

多難な年明けのトルコ(1)  「やはり来るべきものが来ました!」、トルコのイスタンブールで主に日本人旅行者を相手にする観光会社に務めていた知り合いの日本人女性から、「解雇されそうです!」と連絡があった。彼女いわく、同じよ…

続き

アドルフ・アイヒマンの恩赦請願

 「ホロコースト犠牲者を想起する国際デー」 (International Holocaust Remembrance Day)の1月27日、イスラエルは元ナチス幹部アドルフ・アイヒマン(Adolf Eichmann)の恩…

続き

「慰安婦」合意で慎みを 日韓の安保協力にも不可欠

2016 世界はどう動く-識者に聞く(17) 韓国世宗研究所所長 陳昌洙氏(下) 「慰安婦」合意を弾みに今年は日韓関係が改善に向かうだろうか。  いくつも越えなければならない課題がある。日本ではまず来月22日に「竹島の日…

続き

1歳男児の両親ら、心臓移植で募金呼び掛け

大和市の迫原大輝ちゃんの両親、神奈川県庁で記者会見  心臓の機能が低下する重い病気を患い、米国で移植手術を希望する神奈川県大和市の迫原大輝ちゃん(1)の両親らが29日、神奈川県庁で記者会見し、手術のための募金を呼び掛けた…

続き

「防災の準備が大切だ」、舛添都知事も参加

東京国際フォーラムで東日本大震災復興イベントを開幕  東日本大震災の復興と風化防止への支援を呼び掛けるイベント「東京から元気を届けよう!復興応援2016」が29日、東京・丸の内の東京国際フォーラムで開幕した。岩手・宮城・…

続き

雪の校庭に描いた「風と共に去りぬ」の名場面

ロシアのイジェフスクで、校務員のアートが人気  ロシア中部イジェフスクの学校の校庭で、毎年冬に雪をキャンバスにしたアートが描かれ、生徒たちの目を楽しませている。作者は校務員のセミョン・ブハーリンさん(54)。降雪時に、ほ…

続き

両陛下、日本の慰霊碑に供花

激戦の比島で鎮魂の祈り  【カリラヤ(マニラ近郊)時事】フィリピンを公式訪問中の天皇、皇后両陛下は29日、首都マニラから南東に約70㌔離れたラグナ州カリラヤにある「比島戦没者の碑」を訪れ、日本から持ってきた白菊の花を供え…

続き

米軍のアジア再均衡は「不十分」との報告書/Pentagon’s Asia rebalance ‘may be insufficient’ for U.S. and allied security, report says

 国防総省の支援を受けて作成された報告によると、米国の政策と軍事力をアジアに向けようという取り組みは、中国のハイテク兵器の増加と中東の不安定化で行き詰まっている。  戦略国際問題研究所(CSIS)が作成した報告は「軍事的…

続き