世界日報 Web版

Date archive for 11月, 2015

ISはアッシリア王国の再現?

 イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)はアッシリア王国の再現という話を聞いた。実証が難しく、思い付きの域を出ない感じがするが、新鮮な観点なので読者に紹介する。  アッシリア王国はメソポタミア(現在のイラク)北…

続き

悠仁殿下、音楽劇で御演奏

 秋篠宮殿下御夫妻の長男悠仁殿下(9)は20日、お茶の水女子大付属小(東京都文京区)の音楽会に参加し、合唱や楽器演奏を披露された。 されたのは、3年生全員による「星空のメッセージ」という音楽劇。他の星からの侵略者と出会っ…

続き

小笠原諸島・西之島の噴火確認から2年

海保が観測結果を公表、活動は依然活発  小笠原諸島・西之島(東京都小笠原村)の噴火確認から2年となった20日、海上保安庁は同島の観測結果を公表した。火山活動は依然として活発で、担当者は「2年間も継続してマグマが供給される…

続き

鄧小平以来の内海計画 中国、核戦力で覇権狙う

緊張 南シナ海(4)  中国は、南シナ海の島しょの領有権と海底資源の排他的権利を一方的に主張しながら、周辺沿岸国から武力で強引に奪う無法行為を繰り返している。  中国は、ベトナムから1974年に南シナ海北西部のパラセル(…

続き

文化審、近衛文麿旧宅が史跡に

9件を史跡に答申、屏風ケ浦や西山御殿跡は名勝  文化審議会(宮田亮平会長)は20日、東京都杉並区にある荻外荘(近衛文麿旧宅)や高知市の土佐藩主山内家墓所など9件を国の史跡として新たに指定するよう馳浩文部科学相に答申した。…

続き

カナダの探鉱会社が1111カラットのダイヤ発見

アフリカ南部のボツワナで、史上2番目の大きさの原石  カナダのダイヤモンド探鉱会社は18日、1111カラットのダイヤモンドの原石が、アフリカ南部ボツワナで見つかったと発表した。1905年に南アフリカで見つかった3106カ…

続き

露ドーピング問題、ウミを徹底的に洗い出せ

 世界のスポーツ界を大きく揺るがせたロシア陸上界の組織的ドーピング問題は、国際陸上競技連盟(IAAF)がロシア陸上競技連盟(ARAF)に暫定的資格停止処分を下すという事態を招いた。  国家機関ぐるみと言われる旧ソ連時代か…

続き

ISISとの地上戦へ陸軍、海兵隊増強を-新ブッシュ・ドクトリン/The new Bush doctrine: Expand Army, Marine Corps for ground fight vs. ISIS

 共和党大統領候補ジェブ・ブッシュ氏は18日、強まるテロの脅威に関して国家安全保障の問題点を指摘、米地上軍を投入して、テロ組織「イスラム国」を「殲滅」することを求めた。  ブッシュ氏は、サウスカロライナ州チャールストンの…

続き

韓国の検察が、いわゆる従軍慰安婦問題を…

 韓国の検察が、いわゆる従軍慰安婦問題を扱った学術書『帝国の慰安婦―植民地支配と記憶の闘い』の著者、世宗大の朴裕河教授を、名誉毀損罪で在宅起訴した。元慰安婦らが昨年6月、同書によって名誉を傷つけられたとして刑事告訴してい…

続き

恐ろしい聖戦思想

地球だより  過激派組織「イスラム国(IS)」は、ロシアの旅客機墜落事件と仏の首都パリでの同時多発テロ事件を起こしたとみられ、改めて世界中を震撼させた。  エジプト人の「人懐っこさ」があだとなった空港の管理体制の甘さも指…

続き

デモ隊は何のために決起したか

韓国紙セゲイルボ 目的より暴力性浮き彫りに  「傘!」。民衆総決起があった14日午後、前線で警察と対峙(たいじ)していたある参加者が記者を見て大声を張り上げた。  思わず差していた雨傘を渡すと、彼はそれを槍のようにして警…

続き

テロと麻薬と「クリスマス市場」

 「パリ同時テロ」事件以後、欧州全土でテロに対する不安を抱く国民が増えてきた。同時に、大規模なイベント、コンサート、サッカー試合などがキャンセルされる一方、欧州へ旅行する観光客が減少してきている。  ウィーンで13日夜、…

続き

米軍嘉手納基地でスペシャルオリンピックス

強まる基地と地域の絆 身障児ら選手900人が参加軍人ボランティアらも3000人  カデナ・スペシャルオリンピックスが7日、米空軍の嘉手納基地(沖縄県嘉手納町)で開催された。今年で16回目を迎えた大会には、知的および身体障…

続き

東京・元赤坂の迎賓館、来年4月から一般公開

菅官房長官「多くの国民も歴史や文化を深く楽しんで」  菅義偉官房長官は19日午後、東京・元赤坂の迎賓館を訪れ、来年4月から同館を一般公開する考えを明らかにした。同2月に約2週間の試行期間を経た上で、1日約2000人を上限…

続き

「今年最も輝いた男性」にラグビーの五郎丸

タキシード姿で授賞式に出席、松岡さんや又吉さんらと談笑  各分野で今年最も輝いた男性をたたえる「GQメン・オブ・ザ・イヤー2015」にラグビーのワールドカップ(W杯)イングランド大会で活躍した日本代表のFB五郎丸歩選手(…

続き

多摩産材で木工作品コンクール、10校が受賞

知事賞に東京女学館小学校が選ばれる  東京都主催の「第1回 多摩産材木工・工作コンクール」の表彰式が18日、都庁で行われた。同コンクールは、都内の小学生に多摩産材を通して森林の役割や木材の意義を学んでもらおうと企画された…

続き

米基地にNOの比、危機には米軍頼む現実主義

緊張 南シナ海(3) フィリピンはソ連が崩壊した1991年、米軍駐留に「NO」を突き付け、国内の米軍基地を撤廃した。当時、上院で米軍の駐留に反対票を投じた12人の議員は、「マグニフィセント(尊厳) 12」と呼ばれ、国の誇…

続き

自民の120万党員運動 党勢挽回途上の政権3年

「自由民主」に組織本部長  自民党機関紙「自由民主」(11・30)は山口泰明党組織運動本部長へのインタビューを1面に載せた。「1億総活躍社会」を新たに掲げる安倍政権を支える「党の組織基盤をさらに強化していく必要がある」(…

続き

「プレ民」の宮城県議選 片隅ベタ扱いのショック

福島は国政並み応援で“維持”  宮城県議会議員選挙では、民主党と共産党との機関紙上の扱いに明暗がくっきりと分かれた。民主党機関紙「プレス民主」11月6日号は最終面から1枚めくった7㌻目左下の片隅にベタ記事12行と実に目立…

続き

共産党の「連合政府」戦術 宮城県議会選挙で独走

民主敗北書かない「赤旗」  安全保障関連法成立と環太平洋連携協定(TPP)合意の後に行われた宮城県議会議員選挙(10月25日投開票)は、安倍政権の自民・公明の与党に対し、民主、共産、維新、社民など各野党が来年参院選に向け…

続き

ここ一番のルーティーン W杯から日常まで効果的

心のトレーニング技法  今秋のラグビーW杯での日本チームのこれまでにない活躍ぶりや五郎丸歩選手らの活躍が日本を沸かせ世界からも大いに注目され、同時にメンタルコーチの存在も注目を集めた。  スポーツの世界でしばしば使われる…

続き

国連総長訪朝、核・人権解決の覚悟問われる

 潘基文国連事務総長が北朝鮮を訪問する可能性が取り沙汰されている。実現すれば最高指導者の金正恩第1書記との会談が予想されるが、国際社会は核開発や人権侵害などの諸懸案でどこまで突っ込んだ話し合いをするのか注目している。  …

続き

「金曜深夜0時40分」などという言い方がある…

 「金曜深夜0時40分」などという言い方がある。これは土曜日の午前0時40分のことを指しているのだが、なぜか前日の金曜日であるかのように言われる。  恐らく、本当は土曜日の未明だと承知していても、金曜日の深夜のような感覚…

続き