世界日報 Web版

Date archive for 11月, 2015

「櫛の歯をこぼれてかなし木の葉髪」(高浜虚子)…

 「櫛の歯をこぼれてかなし木の葉髪」(高浜虚子)。俳句の季語に「木の葉髪」がある。ちょうど11月頃の季語である。「髪」の字が入っているので、髪の毛に関することだろうと思ってはいたが、長い間意味を知らなかった。  稲畑汀子…

続き

「砂漠の宗教」とテロリスト

 「月の沙漠」という童謡を聞くと、目頭が次第に熱くなるのを感じる。いつもそうだ。まだ見たこともない砂漠の世界が脳裏に浮かび上ってくる。やり切れないほどの静かさの中、月だけが神々しい光を放つ。  ウィーンの自宅の仕事場で疲…

続き

羽生が圧巻の演技、難度追い求め驚異のスコア

NHK杯フィギュアで首位、自身の世界最高点を更新  みなぎる野心を込めて、恐るべきスコアをたたき出した。自らのSP歴代最高を5点近く更新して106点台に乗せた羽生は「得点には驚かなくてはいけないかもしれないけど」と言い、…

続き

東日本観光イベントで食の安全と魅力アピール

上海で「行ってみよう!魅力満載!東日本」開幕  東京電力福島第1原発事故による風評被害の払拭(ふっしょく)に向けたイベント「行ってみよう!魅力満載!東日本」が27日、上海市のショッピングモールで開幕し、福島県など東日本の…

続き

圧縮空気不要の新型「マッスルスーツ」を開発

東京理科大の小林宏教授らが3種類を試作  物流施設や農作業の荷物運びのほか、入浴介護などの作業を補助する「マッスルスーツ」の新タイプを開発したと、東京理科大の小林宏教授らがこのほど発表した。現在の標準モデルは網で包んだゴ…

続き

皇太子殿下、登山される

 皇太子殿下は27日、相模原市の石老山(標高702メートル)に登られた。宮内庁によると、皇太子殿下が登山をされるのは昨年2月に静岡県の「沼津アルプス」の山々に登って以来。  石老山は相模湖近くにある関東百名山の一つで、巨…

続き

オバマ氏の自然エネルギー計画がまた失敗/Obama green energy project Abengoa on verge of bankruptcy; demise recalls Solyndra

 アベンゴアはスペイン企業で、オバマ大統領自らが自然エネルギープロジェクトに選んだ。これで2社目だ。アベンゴアは現在、破産寸前で、巨額の税金が失われる可能性があり、政府はまたエネルギー部門の敗者に賭けをしているという見方…

続き

常陸宮殿下、80歳に

宮邸で運動、発声練習もされる  天皇陛下の弟の常陸宮殿下は28日、80歳(傘寿)の誕生日を迎えられた。御高齢となり、最近は車いすで御公務をこなす。宮内庁によると、日頃から宮邸(東京都渋谷区)の廊下を歩いたり、自転車型のト…

続き

戦前戦後と日本の銀幕を彩った伝説の女優…

 戦前戦後と日本の銀幕を彩った伝説の女優・原節子さんが95歳で亡くなった。戦後70年の年に、戦後の日本女性の理想像を演じてきた原さんが亡くなったことに、特別な感慨を覚える。やはり国と時代を背負った女優だった。  今井正監…

続き

衆院選違憲状態、選挙制度改革は改憲を念頭に

 「1票の格差」が最大2・13倍だった昨年12月の衆院選について、最高裁は「違憲状態」と判断し、国会に選挙制度の速やかな抜本改革を求めた。これで衆院選の違憲状態判決は3回連続となる。  最高裁判決は3回連続  裁判では、…

続き

14年進まぬ国会のテロ防止法審議

韓国紙セゲイルボ どのように守る?国民の生命  「懲毖録」。壬辰倭乱(文禄の役、1592年~93年)の時、領議政で都體察使であった柳成龍(ユソンリョン)が倭乱に関して書いた本だ。  自序にこうある。「『詩経』周頌・小”篇…

続き

映画「海難 1890」、史実をもとに制作

深い日本とトルコの絆を描く、主演は内野聖陽  1985年、イラン・イラク戦争において、自国の救援機を出さなかった日本に対し、トルコ共和国が救援機提供をすることで、テヘランからの邦人215名が脱出に成功した。  また189…

続き

真岡鐵道「SLサンタトレイン2015」を運行

盛りだくさんの催し、サンタクロースも各車両に乗車  北関東を走る真岡鐵道では、恒例のSLクリスマス列車「SLサンタトレイン2015」を12月19日(土)と20日(日)の両日、運行する。  サンタトレインになるのは、10時…

続き

安倍首相、八街産落花生に「世界一」と太鼓判

千葉県八街市の北村市長らが表敬訪問  安倍晋三首相は26日、首相官邸で、落花生の産地として知られる千葉県八街市の北村新司市長と加工業者らの表敬を受けた。  業者側は「環太平洋連携協定(TPP)が発効すれば、米国産が多く入…

続き

新大久保駅を訪れ、転落事故の救助犠牲者に献花

リトルエンジェルス「韓国人として誇りに思う」  日韓国交正常化50周年記念事業の一環として来日公演中の韓国少女民族舞踊団「リトルエンジェルス」のメンバー32人は26日、東京・JR新大久保駅を訪れ、同駅ホームから転落した男…

続き

マクドナルド、店舗デザインに「和」のイメージ

日本らしい淡い色を使用、ブランド回復につなげたい  日本マクドナルドは26日、改装や新しくオープンする店舗の一部で、日本人デザイナーによる和のイメージを内装に採り入れると発表した。ハンバーガーやポテトなどを題材に、日本ら…

続き

ロッテの今江内野手、ゴールデンスピリット賞に

「本当にうれしい」、社会貢献への幅広い活動が評価  プロ野球関係者の社会貢献活動を顕彰する第17回ゴールデンスピリット賞の表彰式が26日、東京都内のホテルで行われ、ロッテからフリーエージェント(FA)宣言した今江敏晃内野…

続き

「世界中の人種差別や人権差別をなくしたい」

アフリカ系米国人とのハーフがミス・ユニバース日本代表に  アフリカ系米国人の父と日本人の母を持つハーフとして初めて2015年ミス・ユニバース日本代表に選ばれた宮本エリアナさん(21)は26日、都内で行われた米国ラスベガス…

続き

時の蔵相池田勇人は「闇行為などを行って…

 時の蔵相池田勇人は「闇行為などを行っていたために倒産したり、自殺したりすることがあっても、気の毒だがやむを得ない」という趣旨の国会答弁を行った。  それが昭和27年のきょう。反発した野党の提出した不信任案が可決されたた…

続き

五木寛之氏の講演録 「自分という奇蹟」に共感

深く感じる人生の意味  最近ふと手に取った文庫本、五木寛之氏の「自分という奇蹟」(PHP文庫)を読んだ。内容はスミセイライフミュージアム「生きる」の講演録で、大変深く人生の意味を感じさせる内容だった。  久々に心和む思い…

続き

「同性婚」の問題点 子供の福祉抜き去る

婚姻制度崩れて国滅びる  今年6月末、米国の連邦最高裁判所が「同性婚」を全米で合法化する判断を下した。国内では4月、東京都渋谷区が同性カップルに「結婚に相当する関係」と認める証明書を発行することを盛り込んだ、いわゆる「パ…

続き

空自の緊急発進年々増加

世日フォーラム沖縄 自民・田村氏が警鐘  本紙の読者でつくる「世日フォーラム沖縄」主催の第38回「沖縄と日本の未来を考える講演会」が26日夕、沖縄県那覇市の沖縄県立博物館・美術館講堂で開催され、自民党政調会調査役の田村重…

続き

雨のち晴れの日系人

地球だより  日本とブラジルの外交関係樹立120周年の記念行事がブラジル各地で開催される中、秋篠宮殿下御夫妻が、10月末から11月初旬にかけてブラジルを公式訪問された。  秋篠宮御夫妻は、11月1日と2日に、皇室として初…

続き