世界日報 Web版

Date archive for 11月, 2015

早稲田大学は、STAP細胞問題の当事者…

 早稲田大学は、STAP細胞問題の当事者だった小保方晴子氏の博士号(工学)取り消しを発表した。STAP問題とは別件だが、STAP問題の原点が博士論文だったことは紛れもない。  博士論文には、特に引用に関して問題があった、…

続き

高まる共産党脅威論 議席増と裏腹の支部衰退

労組で減少する支部  共産党の、安保法制廃止の国民連合政府樹立の呼びかけが、話題となっている。10月25日に投開票された宮城県議会議員選挙では、共産党は改選前の4議席から8議席に倍増した。来夏の参議院議員選挙で、共産党の…

続き

虚構の「琉球独立論」 中国領拡張の段取り研究

《 沖 縄 時 評 》 反米学者ら呼応し論壇広報  昨年11月の沖縄県知事選挙で翁長雄志氏が当選して1年。以来、反基地闘争を繰り広げる人々は「自己決定権」を唱え、地元紙に「琉球独立論」がしばしば載るようになった。  翁長…

続き

また隕石が落ちてきた

地球だより  ロシアに住んでいると、宇宙を身近に感じるようになる。2年前、ウラルのチェリャビンスク州に巨大隕石が落下した事件は記憶に新しい。はるか上空に現れた輝く火の玉が、白煙の尾を引きながら猛スピードで視界を横切ってい…

続き

「安米経中」では対処できぬ現実

韓国紙セゲイルボ 未来図描いた外交戦略を  地政学的に韓国は強大国に囲まれている。韓国の政策決定は強大国の利害関係と密接に関連しており、独自の決定は容易でない。韓国は世界10位圏の経済的実力を備えているにもかかわらず、国…

続き

米研究機関報告書 「家庭再建」は経済成長に寄与

マクロレベルでも大きな利益  安定した家庭は個人レベルのみならず、マクロレベルでも大きな経済的利益をもたらすことが、米国で先月発表された研究結果で明らかになった。研究を行った専門家は、経済成長の観点からも「家庭再建」を重…

続き

日本も南シナ海での米作戦に協力せよ

 中国が南シナ海で覇権確保の動きを積極化させていることに対し、米国が「航行の自由作戦」を展開している。  日本政府はこの作戦を支持しているが、与党の自民党内から中国の人工島建設は「日本には関係ない」として非難する向きが出…

続き

ロシア機がエジプトで墜落、224人絶望

ロシア、「イスラム国」犯行を否定 国内では航空会社に非難集中  ロシアのコガルイム航空(通称メトロジェット航空)運行のエアバス321型機(乗客217人、乗員7人)がエジプト・シナイ半島北部に墜落した事件で、過激派組織「イ…

続き

日本郵政グループ3社株式上場、滑り出し順調

かんぽ生命はストップ高で取引を終える  日本郵政と傘下のゆうちょ銀行、かんぽ生命保険の3社が4日、東京証券取引所に株式を上場した。取引初日は、かんぽ生命が売り出し価格より55・9%高い3430円のストップ高で取引を終える…

続き

「秋はもみじの永観堂」の境内で試験点灯

3000本のモミジが幻想的に浮かび上がる  京都市左京区の永観堂禅林寺で4日、「秋の夜間特別拝観」が始まるのを前に、境内の試験点灯が行われた。  古くから京都の紅葉と言えば「秋はもみじの永観堂」といわれる名所で、真っ赤に…

続き

オーストラリア、コアラを名古屋に寄贈

河村たかし市長「身近な展示を検討したい」  オーストラリアの最大都市シドニーのタロンガ動物園で4日、名古屋市へのコアラ寄贈式が行われた。2歳の雌「ミリー」が来年の早い時期に引き渡される予定で、東山動植物園で飼育するコアラ…

続き

「長寿の食をどうぞ」沖縄県が魅力を発信

ニューヨークの日米交流団体ジャパン・ソサエティーで  長寿の食をどうぞ。沖縄県が持つ食など独自の文化を米国で伝えるイベントが3日、ニューヨークの日米交流団体ジャパン・ソサエティーで行われ、ゴーヤチャンプルーなどの郷土料理…

続き

驚きの激走 自転車レースの決勝戦

コロンビアのメデジンの市街地で  1日、コロンビア中部メデジンの市街地で行われた自転車レースの決勝戦。  貧困層の居住区にある坂道を勢いよく下る選手を見て、子供たちは驚きの表情。(AFP=時事)

続き

サウジ王家が絡む不祥事続く

聖地メッカで事故多発  サウジアラビア王家や外交官らが絡む不祥事が続発している。薬物密輸や性的虐待、集団強姦(ごうかん)などだ。サウジでは、聖地メッカ近郊で大巡礼(ハッジ)中の巡礼者らが将棋倒しになり死亡、メッカの「大モ…

続き

歴史教科書の国定化めぐる南南理念葛藤

韓国紙セゲイルボ  「正しい歴史教科書を作る」という宣戦布告が“歴史戦争”の開始を知らせた。卑劣な言葉爆弾が降り注いでいる。「匪賊」「乱臣賊子」「大統領は巫女ではない」といった言葉の攻防戦が繰り広げられている。  政治が…

続き

「津波防災の日」知識と行動

拓殖大学地方政治行政研究所客員教授 濱口 和久 「てんでんこ」で高台に 早期避難し自分で命を守れ  11月5日が「何の日」か知っている国民は、どれだけいるのだろうか。日本政府(内閣府・気象庁など)の広報不足もあり、ほとん…

続き

「どんな山でも、ベースキャンプに到着したら…

 「どんな山でも、ベースキャンプに到着したら、私はまず、歩きまわって他のチームのメンバーに話しかける」と米国の登山家アリソン・レヴァイン女史は著書『エゴがチームを強くする』(CCCメディアハウス刊)で書いている。  登頂…

続き

日銀の物価上昇率目標先送りの主因である消費税増税に触れぬ各紙

◆修正求める毎日など  日銀が先の金融政策決定会合で、現行金融政策の維持と、2%の物価上昇率目標の達成時期を従来の「16年度前半頃」から「16年度後半頃」に半年先送りすることを決めた。目標の先送りは4月に続くものである。…

続き

オバマ政権中に国家債務が倍に/$20 trillion man: National debt nearly doubles during Obama presidency

 オバマ大統領は2日、2年間の新予算合意に調印し、予算関連法が成立する。これによって、オバマ氏にとっては都合の悪いレガシーの一部に関心が集まることになる。  オバマ氏と議会との間の予算合意によって、債務上限が一時凍結され…

続き

首脳会談と昼食

韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」  「チョムシム」(点心=昼食のこと)という言葉の由来はちょっと変わっている。まず、私たちが食べる3食のうち、「アチム」(朝食)と「チョニョク」(夕食)は純韓国語だが、昼食だけは漢字語…

続き

両陛下、文化勲章受章者らとお茶会

 天皇、皇后両陛下は4日午後、今年度の文化勲章受章者と文化功労者を皇居・宮殿に招き、茶会を開かれた。天皇陛下は「皆さんが努力を重ね、学問、芸術、スポーツの分野で大きな成果を収められたことを誠に喜ばしく思います」とお祝いの…

続き

同性カップル証明書、結婚制度の意義問い直せ

 東京都渋谷区はきょうから、同性カップルを「結婚に相当する関係」と認めるパートナーシップ証明書を全国で初めて発行する。男女の結婚の意義を薄れさせてしまいかねないなど、マイナスの影響を憂慮せざるを得ない制度だが、逆に証明書…

続き

下院で不手際続きの共和党

米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー 決定的な証拠を生かせず クリントン氏が大勝利  【ワシントン】速球を打つにも限度がある。下院共和党は、下院監視・政府改革委員会の公聴会で勝ち目がないことをまるで分かっていない。…

続き