世界日報 Web版

Date archive for 10月, 2015

文芸評論家の小林秀雄は『無常という事』で…

 文芸評論家の小林秀雄は『無常という事』で、作家の川端康成に有名な問い掛けをしている。「生きている人間などというものは、どうも仕方のない代物だな。何を考えているのやら、何を言い出すのやら、仕出かすのやら、自分の事にせよ、…

続き

被害最小化へ実効ある温暖化対策を

 政府は地球温暖化によって生じる被害の軽減に向けた対策をまとめた「適応計画」案を公表した。温暖化の影響による洪水といった自然災害や農業被害などへの対応を明記したものだ。  適応策は、温室効果ガス削減と共に温暖化対策の両輪…

続き

北海道など1道8県の一部地域でスタート

マイナンバー制度の「通知カード」の配達  社会保障と税の共通番号(マイナンバー)制度で、12桁の個人番号を割り振った「通知カード」の配達が23日、北海道や徳島県など1道8県の一部地域でスタートした。今後、全国各地で郵送作…

続き

監督会議でジャブ出し合う、真中監督が先勝?

予告先発の採用をめぐり、24日から鷹と燕が頂上決戦  予告先発の採用をめぐり、新人監督同士が監督会議でジャブを出し合った。工藤監督がレギュラーシーズンにならって採用を提案。真中監督にやんわり拒否されると「じゃんけんで」と…

続き

新潟県中越地震から11年、旧山古志村で追悼式

「幸せになることが支援してくれた方々への恩返し」  2004年の新潟県中越地震から11年を迎えた23日、地震で道路が寸断し、村民全員が避難を余儀なくされた旧山古志村(現長岡市)で追悼式が行われた。泉田裕彦知事や当時村長だ…

続き

未来のペプシ「ペプシ・パーフェクト」を販売

人気映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の記念で  米清涼飲料大手ペプシコは21日、米人気映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズで、未来のペプシコーラとして登場した「ペプシ・パーフェクト」を数量限定で販売した。…

続き

「韓服」広報大使に女優ハ・ジウォンさん

「新たな韓流コンテンツ」としてアピール  韓国の歴史ドラマ「奇皇后」主演などで知られる女優ハ・ジウォンさん(37)が21日、韓国の伝統衣装「韓服」の広報大使に任命された。  ハさんは「韓服の古風な色合いには、外国の方々も…

続き

同性婚は「少子化を倍速化」

八木秀次氏が警鐘鳴らす  東京都渋谷区が今年4月、同性カップルを「結婚に相当する関係」と認める「パートナーシップ条例」を施行して以来、同性婚を合法化させる動きが広がる中、同性婚の問題点を考える講演会(主催=宗教新聞社)が…

続き

前法王が再び苦悩する時

 独週刊誌シュピーゲル最新号(10月17日号)は自分は同性愛者と告白したバチカン法王庁教理省のハラムサ神父(Krzysztof Charamsa)とのインタビュー記事を掲載していた。会見場所は同神父のパートナーが住んでい…

続き

WikiLeaks posts CIA Director John Brennan’s hacked emails ウィキリークスがCIA長官のメールを公開

WikiLeaks on Wednesday posted apparently authentic intimate personal details of CIA Director John Brennan, inc…

続き

非常任理事国に選出、国連改革へ存在感発揮を

 日本は今月、国連安全保障理事会の非常任理事国に選出された。世界平和のために一層の貢献を果たすとともに、国連改革に向けて存在感を発揮したい。  日本が史上最多の11回目  任期は来年1月から2年間で、当選回数は今回で国連…

続き

国宝「松林図屏風」などで有名な桃山画壇の…

 国宝「松林図屏風」などで有名な桃山画壇の巨匠、長谷川等伯の水墨画が今年4月に新しく発見されたニュースは、多くの美術ファンの注目を集めた。その「猿猴図屏風」「松竹図屏風」が、等伯の故郷、石川県七尾市の石川県七尾美術館で全…

続き

隣国のことを知らない若者

地球だより  先日、あるエジプト人女性との話の中で、どうして日本人はエジプトに来て、滞在中に必ずと言っていいほどイスラエルに旅行に行くのかとの質問を受けた。「イスラエルって、見るところがあるんですか」というのだ。  彼女…

続き

二重の“峡谷”に陥った韓国史 教科書認定で政治家・学者が対立

韓国紙セゲイルボ  韓国史教科書の検認定か国定かをめぐって、与野党、政府と学者が対立し、国史のアイデンティティーと多様性が正面衝突している。  検認定を主張する側の名分は、学問の自由と歴史を見る視角の多様性確保だ。国定を…

続き

岐阜商の高橋純平投手、ソフトバンクが交渉権

プロ野球ドラフトで、明大の高山俊外野手は阪神  プロ野球のドラフト(新人選択)会議が22日、東京都内で行われ、152キロの速球が武器の右腕、県岐阜商高の高橋純平投手は3球団が1位指名し、抽選の末にソフトバンクが交渉権を獲…

続き

JA全農、ロンドンに和食店「トキメイテ」

欧州初進出、日本の食材PR  全国農業協同組合連合会(JA全農)は21日、ロンドン市内で来月2日に開業する欧州初の直営和食店「トキメイテ」を報道陣に公開した。店では和牛を使ったステーキ、すき焼きのほか、すしなどの料理を提…

続き

「第28回東京国際映画祭」が開幕

コンペ部門で日本映画3作含む16作品が最高賞を競う  第28回東京国際映画祭が22日午後開幕した。1985年にスタートし、今年が30周年の節目の年で、日本映画の話題作を上映する「Japan Now」などの新機軸を打ち出し…

続き

自民党の続投新体制 「総活躍」には人間育成を

長期安定は政策推進力  自民党機関紙「自由民主」は大幅延長した通常国会終了と7日の党役員・内閣改造人事の節目を反映した紙面が連続した。1面見出しを拾うと「平和安全法制成立」「党大会に代わる両院議員総会」(10・6号)、「…

続き

共産党の「国民連合政府」 「革命期」にしたい反安保デモ

党勢拡大のため大風呂敷  日本共産党は革命への憧憬に駆られている。志位和夫委員長は、反安保法制デモを「一種の『市民革命』につながるもの」と鳥越俊太郎氏との懇談で語り、「国民連合政府」を提案した理由に挙げた(同党機関紙「し…

続き

「プレ民」に連合前会長 支持増えない民主に注文

結集軸だった「反自民非共産」  民主党機関紙「プレス民主」10月16日号は「古賀伸明氏が語る、労働運動の10年」と題し、日本労働組合連合会(連合)会長を7日に退任した古賀氏と岡田克也代表の対談を掲載。労組・連合と民主党執…

続き

長い目で援助・投資・交流を

中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略(10) 中央アジア・コーカサス研究所所長 田中 哲二氏に聞く ――中国の新シルクロード経済圏構想(一帯一路)、特に陸のシルクロード経済ベルト(一帯)の狙いは何か。  ポ…

続き

海外サイバー戦争動向 “戦闘”能力を蓄える各国

国家主導でパワー強化  この数年、我が国のサイバーセキュリティーの対応姿勢には2020年のオリンピック・パラリンピックの開催を見据えた著しい進化が見られるが、各国同様、脆弱(ぜいじゃく)性の解決にはいたっていない。日米防…

続き

野球賭博、全容解明でウミを出し切れ

 巨人の福田聡志投手の野球賭博疑惑を調査している日本野球機構(NPB)の調査委員会(大鶴基成委員長)は、福田投手のほか、同球団の笠原将生投手と松本竜也投手が野球賭博をしていたと発表した。  調査委は1カ月以内に最終報告を…

続き