世界日報 Web版

Date archive for 10月, 2015

県経済の再生に自助努力を

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  沖縄県の経済について考えるシンポジウムが18日、那覇市で開かれた。那覇青年会議所が主催したもので、沖縄観光コンベンションビューロー前会長の上原良幸氏、『沖縄の不都合な真実』著者の篠…

続き

一日も早い辺野古移設実現に努めよ

 石井啓一国土交通相は、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設に関し、翁長雄志知事による辺野古の埋め立て承認取り消しの執行停止を決めた。これで知事決定は一時的に無効となり、防衛省沖縄防衛局は作業を再開する。…

続き

平成21年の生命保険世帯加入率(個人年金保険…

 平成21年の生命保険世帯加入率(個人年金保険を含む)は90・3%で、米国の78%、英国40%と比べるとずいぶん高い(24年度、生命保険文化センター調べ)。  「転ばぬ先の杖」と、先々のことを考えて手を打つ日本人の堅実さ…

続き

望ましい政経分離路線

 朝鮮半島は常に大陸国家と海洋国家の挟間で両勢力の橋渡し・緩衝地域と位置付けられた。代表的な例が13世紀、元は半島を前線基地として2回、日本を侵攻。16世紀、豊臣秀吉の2回にわたる朝鮮出兵も中国進出の橋渡しを拒んだためだ…

続き

シリア譲り渡したオバマ氏

米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー アサド氏がロシア訪問 核合意で勢力を増すイラン  【ワシントン】クレムリンに意外な人物が現れた。シリアの独裁者で破壊者バッシャール・アサド氏だ。プーチン氏のお気に入りになったば…

続き

大根のおいしい季節

地球だより  最近の天気予報はよく当たる。ここ数日、気温は8度から10度前後で、ウィーン市やニーダーエスターライヒ州など東部は雨が降るでしょうと予報していたが、その通りとなった。昨日も午後から雨が降りだした。妻は天気予報…

続き

沖縄メディアと学界の癒着<English付>

エルドリッヂ研究所代表・政治学博士 ロバート・D・エルドリッヂ 異論排除の圧政的体質 左翼縁故で回る教授と記者  これまでの論点で、地元メディアに力を与えすぎた沖縄の構造的な問題(「沖縄のメディア事情」)、その力の乱用と…

続き

厳しい寒さで幻想的な「気嵐」が出現

富山県高岡市の雨晴海岸で  全国的に冷え込んだ26日早朝、富山県高岡市の雨晴海岸で、白い蒸気が海面を漂う「気嵐」が発生し、辺りは一面、幻想的な雰囲気に包まれた。  気嵐は朝冷え込んだときに多く見られる現象で、晩秋から冬に…

続き

山梨大が大村智さんに特別栄誉博士称号を授与

「若い人の勉強を手伝いたい」と授与式であいさつ  山梨大は26日、今年のノーベル医学生理学賞に選ばれた同大卒の大村智・北里大特別栄誉教授(80)に特別栄誉博士の称号を授与した。大村さんは同大での授与式で、「これからは若い…

続き

安倍首相が昭恵夫人とコンサートを鑑賞

日本人抑留者建設の「ナボイ劇場」で、墓地の参拝も  安倍晋三首相は25日午後(日本時間同日夜)、昭恵夫人とともにウズベキスタンの首都タシケントにあるナボイ劇場を訪れ、コンサートを鑑賞した。  同劇場は第2次世界大戦後、旧…

続き

高橋由伸巨人新監督、逆風の船出を上昇気流へ

「強い覚悟」でかじ取り、背番号は変わらず「24」  就任会見で、巨人の高橋由伸新監督は何度も「覚悟」という言葉を口にした。現役引退の決断と同時に、名門球団のかじ取りを担うことになり、「強い覚悟を持たないと前に進めない」。…

続き

横綱鶴竜「連覇できるよう挑戦していきたい」

九州場所新番付で初の東正位、井筒部屋宿舎で記者会見  秋場所で横綱昇進後初の優勝を果たし、初めて東正位に就いた鶴竜が26日、福岡市内にある井筒部屋宿舎で記者会見し、「本当の意味で番付の一番上にいったのかなと実感している。…

続き

先住民「五輪」で「美人コンテスト」を開催

世界30カ国から50人の女性が参加  ブラジル中部のパルマスで開催されている先住民「五輪」(世界先住民競技大会)で24日夜(日本時間25日午前)、世界各地から集まった先住民の女性が参加した「美人コンテスト」が開催された。…

続き

これも仮装? 全身を奇怪な模様で装飾

南アフリカのケープタウンで  23日、南アフリカのケープタウンで、全身を奇怪な模様で装飾したモデル。  毎年恒例のボディーペインティングのイベントに参加するためで、今年はアフリカの神話にまつわる表現がテーマだという。(E…

続き

「あえて注文をつけるとすれば、中央アジアへ…

 「あえて注文をつけるとすれば、中央アジアへの目配りでしょうか。中国とロシアが、上海協力機構の枠組みで影響力を保持しようとしている地域です」「この地域をカバーすることで、本当の意味での地球儀を俯瞰する外交が完成するのでは…

続き

宜野湾市民らの翁長知事提訴は扱い乏しい琉球新報、沖縄タイムス

◆本土紙より目立たず  沖縄の地元紙、沖縄タイムスと琉球新報は「本土紙は沖縄の米軍基地問題を小さく扱い、県民の気持ちに寄り添わない。だから我々は県民に寄り添い、基地問題を大きく報じている」と主張している。  今年7月、作…

続き

国政お構いなしの維新の内紛劇

 「第三極ブーム」を巻き起こした維新の党が分裂し、今や国政お構いなしで内紛劇を繰り広げている。大阪系と非大阪系の議員による理念・政策抜きの抗争は泥沼化の様相だ。この状況が続けばどちらも国民から厳しい審判を受けることになろ…

続き

曲がり角の仏原発産業

苦戦続く大手メーカー  経営不振にあえぐフランスの原子力大手アレバは最近、大規模な人員削減を行うことを発表した。一方、同社が設計し、フランス電力公社(EDF)が英国に建設予定の欧州加圧水型原子炉(EPR)2基の受注という…

続き

米軍駐留は共産化防ぐため

世日クラブ 日本の安全保障と沖縄~スターリン・ソ連の欺瞞性と国内左派の妄想 元沖縄県副知事 牧野浩隆氏  元沖縄県副知事の牧野浩隆氏はこのほど、世界日報の読者でつくる「世日クラブ」(会長=近藤讓良・近藤プランニングス代表…

続き

「カワサキ・ハロウィン」が開催、2500人参加

JR川崎駅周辺でパレード、映画「スター・ウォーズ」も  今年で19回目を迎える仮装パレード「カワサキ ハロウィン」が25日、JR川崎駅周辺で開催され、魔女やゾンビなどに扮した2500人が参加。  映画「スター・ウォーズ」…

続き

夢を胸に熱弁、モスクワで日本語弁論大会

安倍首相が歴訪中の中央アジア5カ国からも  旧ソ連諸国で予選を勝ち抜いた学生20人による日本語弁論大会が24日、モスクワで開かれた。安倍晋三首相が22日から中央アジア5カ国を歴訪中で、その5カ国からの代表が今回初めてそろ…

続き