世界日報 Web版

Date archive for 8月, 2015

さようなら、上野発の寝台特急「北斗星」

定期運行は3月に終え、臨時列車としてもこれで見納め  21日夕、東京・JR上野駅を出発する寝台特急「北斗星」。1988年に運行を開始し、青い車体の「ブルートレイン」として親しまれた北斗星は、3月に定期運行を終え、臨時列車…

続き

112歳の小出保太郎さん、ギネス世界記録に認定

名古屋市在住で、男性の世界最高齢  名古屋市在住で112歳の小出保太郎さんが21日、男性の世界最高齢者としてギネス世界記録に認定された。同市守山区のデイサービス施設でギネス・ワールド・レコーズ社の社員から認定証を授与され…

続き

山下、上村両氏が国際柔道連盟の理事に復帰

ビゼール会長、20年東京五輪へ尽力期待  国際柔道連盟(IJF)は21日、カザフスタンのアスタナで総会を開き、全日本柔道連盟(全柔連)の山下泰裕副会長、講道館の上村春樹館長ら4人の理事就任を全会一致で承認した。山下氏は2…

続き

ハローキティ、東京中央郵便局の一日郵便局長に

切手シート発行記念で  日本郵便は21日、サンリオの人気キャラクター「ハローキティ」と全国13地域の景観や名産品などをデザインした切手シートを発行した。東京・丸の内の東京中央郵便局では同日、ハローキティを一日郵便局長に任…

続き

沖縄県名護市、歴代広報紙を市役所で展示

市制施行45周年の企画として  沖縄県名護市は、市制施行45周年の企画として歴代の広報紙を市役所で展示している。稲嶺進市長は「『あんやたん、かんやたん(ああ、そういうこともあったね)』と市民に思い出してもらい、ふるさとに…

続き

38度線で緊張が高まっている。北朝鮮軍は…

 38度線で緊張が高まっている。北朝鮮軍は韓国軍に対し20日午後5時から48時間以内に北に対する宣伝放送を中止しない場合、軍事行動に出ると警告。金正恩第1書記は、朝鮮労働党中央軍事委員会の非常拡大会議を緊急招集し、前線部…

続き

U.N. side deal lets Iran lead its own nuclear inspections イラン自身が査察を行うことを認める核合意

U.N. side deal lets Iran lead its own nuclear inspections In a development that incited more opposition in Con…

続き

米大統領選、左傾化する民主党

社会主義者サンダース氏が急浮上  米民主党の大統領候補指名争いで、「社会主義者」を自称するバーニー・サンダース上院議員(73)が急浮上している。大本命ヒラリー・クリントン前国務長官の人気低下とともに、リベラルなオバマ大統…

続き

こうのとり5号、安定した実績を積み重ねたい

 国際宇宙ステーション(ISS)への物資を輸送する日本の宇宙船「こうのとり」(HTV)5号の打ち上げが成功した。米露で輸送機打ち上げが相次いで失敗する中、今回も見事な打ち上げを披露した。  24日にはISSに接近し、先月…

続き

大統領選と世代の選択

地球だより  2016年大統領選挙キャンペーンが本格的に動き始めた。今回の大統領選は「世代の選択」だと言われる。これは17人の候補が乱立している共和党予備選挙の候補者選びを評して、共和党候補の1人マルコ・ルビオ上院議員(…

続き

安倍談話と中国抗日戦勝式への参加

韓国紙セゲイルボ どう解く米中日“高次方程式”  安倍晋三首相による戦後70周年談話が「不明瞭な」謝罪に終わったことで、9月3日の中国抗日戦勝利70周年記念式出席をめぐる韓国政府の対応も複雑になった。安倍談話が歴代内閣の…

続き

小笠原が決めた、野手陣に支えられた「二枚看板」

全国高校野球で東海大相模、45年ぶり2度目の全国制覇  最後の打者青木に投じたのは、145キロのこん身の直球。右翼への打球が野手のグラブに収まった瞬間、小笠原は雄たけびを上げた。「最高。うれしすぎて涙も出なかった」。次々…

続き

日本郵政が東京五輪のスポンサー契約を結ぶ

西室社長「記念切手の発行や臨時郵便局の設置を」  2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会と日本郵政は20日、国内スポンサーのオフィシャルパートナー契約を結んだと発表した。  日本郵政の西室泰三社長は同日の記者会見で…

続き

三菱自動車、「ランエボ」最終モデル1000台完売

四輪駆動のスポーツセダン、23年の歴史に幕  三菱自動車は20日、「ランエボ」の愛称で親しまれた四輪駆動のスポーツセダン「ランサーエボリューション」の最終モデル1000台が完売したと発表した。  ランエボは1992年の発…

続き

東京都の森づくりに貢献したことを認証

東京・西新宿の都庁第二本庁舎で認証書授与式  森林づくりや多摩産材を積極的に利用する企業・団体に対し、東京都の森づくりに貢献したことを認証する認証書授与式が20日、東京・西新宿の都庁第二本庁舎で行われた。認定・認証された…

続き

東京都の森づくりに貢献したことを認証

東京・西新宿の都庁第二本庁舎で認証書授与式  森林づくりや多摩産材を積極的に利用する企業・団体に対し、東京都の森づくりに貢献したことを認証する認証書授与式が20日、東京・西新宿の都庁第二本庁舎で行われた。認定・認証された…

続き

砂川判決 自衛措置に「集団」「個別」なし

詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性(15) 日本大学名誉教授 小林宏晨  安倍内閣が集団的自衛権の限定的容認の根拠とした「砂川判決」を中心に本稿の結論としたい。  最高裁は砂川事件の差し戻し判決(1959年)で、憲法…

続き

戦後70年の安保法制 理解促進訴える「自由民主」

民主党は影の首相談話を  自民党の機関紙「自由民主」8月25日号は1面に「平和安全法制 国民の理解促進に全力」の記事、3面に安倍晋三首相が14日に発表した戦後70年の「安倍内閣総理大臣談話」を掲載した。  首相談話は「二…

続き

安保法制と大衆路線 平和主義「公明」が強調

「歯止め」に説明の力点  公明党の機関誌「公明」に連載された「『大衆とともに』公明党の歩み」が9月号の32回「憲法の平和主義守った公明党―安保法制整備への『閣議決定』に“専守防衛堅持”等盛り込む」で終了した。昨年の結党5…

続き

共産党の「戦後70年」 武装闘争の過去に無反省

「殺し殺され」は党史に  終戦記念日の8月15日付の日本共産党機関紙「しんぶん赤旗」1面には、「戦後70年にあたって――『安倍談話』と日本共産党の立場」と題する志位和夫委員長の談話が掲載された。  「日本軍国主義の引き起…

続き

翁長知事を憂慮する 沖縄を「中国領」にするか

「龍柱」と「琉球独立」  表題はこのごろ街頭に張られている広告用横断幕に書かれた翁長知事あての文句である。翁長沖縄県知事は那覇市長時代に、シナ皇帝のシンボルマークであった「龍柱」を、那覇市若狭町に2本建立する手立てをして…

続き

自閉症の人は方言を話すことが苦手、との…

 自閉症の人は方言を話すことが苦手、との研究結果が弘前大学教育学部の松本敏治教授によって明らかにされた。自閉症の人は津軽弁が苦手なので、共通語を使う。十分に解明されたわけではないが、社会性の発達障害である自閉症の人にとっ…

続き

現実に国を守るのが政治の責任

戦後70年 識者は語る(11) 旧陸軍第18軍参謀、元参議院議員 堀江正夫氏(5)  ――現在の安保法制論議についてどう考えるか。  日本の憲法は、前文だけ読めば、軍備なんて絶対に持てない。ところが9条の第2項を見れば「…

続き