世界日報 Web版

Date archive for 8月, 2015

科学と芸術、人間をテーマに「光の芸術」

ポーランドのトルニの街中で  25日、ポーランド中部トルニの街中に現れた「光の芸術」。科学と芸術、人間をテーマにした毎年恒例のフェスティバルの目玉イベントの一つ。  このフェスティバルは、「欧州文化首都2016」の指定を…

続き

中1遺体遺棄容疑者の同性小児愛示唆しミーガン法唱えた「新報道」

◆面識ない再犯者逮捕  夏休みの悪夢である。大阪府寝屋川市で12日夜に家を出た中学生男女2人が、少年目当ての犯罪歴を持つ45歳の男に殺害されたとみられる事件は、すべての学校関係者、親子にとって他人事(ひとごと)ではない。…

続き

「新涼の山々にふれ雲走る」(今井つる女)…

 「新涼の山々にふれ雲走る」(今井つる女)。ついこの間まで蒸し暑い日々が続いたと思ったら、最近は朝夕が肌寒い。このまま涼しい秋に入るのかどうかは分からないが、半袖シャツなどの薄着では震えがくるほどの気温だ。  台風などの…

続き

終戦70年に建設的な視点を

元統幕議長 杉山 蕃 将来に国家目標を示せ 政治と報道の矮小性は問題  8月は慰霊の月である。終戦記念日、今年の靖国神社は、若人・外国人を含め多数の参拝者で賑わった。例によって、参拝する閣僚・国会議員をターゲットにマスコ…

続き

辺野古移設、米軍の抑止力維持に不可欠

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設をめぐり、政府と沖縄県の集中協議が行われている。  中国や北朝鮮の脅威が高まる中、政府は辺野古移設が米軍の抑止力維持に不可欠であることを県側に丁寧に説明すべきだ。  …

続き

心配な非民主タイ 中国への傾斜が進むのか

 今月中旬、アジアに響いた三つの爆発・砲撃音。  天津の超大爆発は、「経済発展の裏の人命軽視と情報統制」を露呈した。タイ・バンコクの爆弾テロは、犯行目的などまだ不明だが、親中国へ傾斜するタイ軍事政権が、ウイグル人難民を強…

続き

忘れるな!中国共産党政権の「犯罪」

 韓国の朴槿恵大統領が中国・北京で3日開催される抗日戦争勝利70周年式典に参加し、軍事パレードにも付き合うという。韓国のメディアは、「中国側は式典に参加する首脳国を発表する際、朴大統領をロシアのプーチン大統領よりも先に紹…

続き

「夏休み最後の思い出に」42キロを往復走行

山梨県のリニア実験線で体験乗車会  山梨県のリニア実験線で28日、体験乗車会が行われ、家族連れなどが参加して時速500キロの高速走行を体感した。参加者は「夏休み最後の良い思い出になりました」と笑顔を見せた。  乗降場は同…

続き

巨人が中日戦で大勝、23イニングぶりの得点

原監督「これを呼び水に安定した打線に」  得点を渇望していた巨人が、ネイラーに襲いかかった。四回に一挙6点のビッグイニング。前日のヤクルト戦では2戦連続の零封負け。23イニングぶりの得点に、一塁側ベンチが沸き立った。  …

続き

20歳の梅木真美が金、執念で制した我慢比べ

世界柔道女子78キロ級、初出場で頂点へ  執念の抑え込みで勝負をつけた。梅木は決勝で世界ランキング3位のベレンセクをねじ伏せ、初出場で頂点へ。2度逃げられた寝技を延長でついに決め、横四方固めで一本勝ち。我慢比べを制した。…

続き

Obama agenda, legacy in hands of federal judges 連邦判事に委ねられるオバマ氏の政治課題

Obama agenda, legacy in hands of federal judges A federal judge in Texas has put President Obama’s deportation…

続き

中央アジアのウズベキスタンは、かつて…

 中央アジアのウズベキスタンは、かつてシルクロードの中継地として、養蚕業が盛んだった。今も農家の副業として続けられているが、蚕の卵である蚕種を中国から輸入しているため、十分な収益に繋がらないという問題がある。  そんな養…

続き

米海洋安保、アジア太平洋の安定に努めよ

 米国防総省は、アジア太平洋の海洋安全保障の戦略に関する報告書を初めてまとめて公表した。報告書は今後、アジア太平洋地域に航空部隊や艦隊を追加配備することで「軍事力を強化し、紛争や威圧を抑止するとともに、必要なら断固として…

続き

北の「遺憾」表明で武力衝突回避

韓国紙セゲイルボ 一触即発から対話へ決断  4日、非武装地帯(DMZ)南側地域で発生した地雷爆発事故を契機に南北高官接触が行われ、4日間にわたる徹夜の交渉で武力衝突は回避された。この中で注目しなければならない部分は現在の…

続き

開明的イスラム指導者に期待

地球だより  エジプトの首都カイロに赴任して以来十数年を経たが、国民の9割を占めるイスラム教徒との付き合いを通じ、過激派ではない一般のイスラム教徒でも大きく三つの問題を持っていることに気付く。  その第1は、信教の自由が…

続き

皇后陛下、ピアノを演奏される

 天皇、皇后両陛下は27日、静養先の長野県軽井沢町から群馬県草津町に移動し、同町で開催中の「第36回草津夏期国際音楽アカデミー&フェスティヴァル」のコンサートを鑑賞された。  皇后陛下はこれに先立ち、イタリア人ソプラノ歌…

続き

都心で「高野山カフェ」、高野山の魅力を体感

写経や精進料理も、JR東京駅前の新丸ビルにオープン  世界遺産の高野山(和歌山県)の雰囲気を都心で体感できるイベント「高野山カフェ」(南海電気鉄道など主催)が28日から、JR東京駅前の新丸ビル7階にオープンする。前日の2…

続き

貨幣博物館、11月にリニューアルオープン

東京・日本橋の日銀本店で、実物「天正大判」期間限定で公開  日銀は27日、今年初めから改装のため休館していた東京・日本橋の本店にある貨幣博物館を、11月21日からリニューアルオープンすると発表した。全面改装は1985年の…

続き

三菱重工、「空飛ぶ」風力発電の開発支援

米ベンチャー企業「アルタエロス・エナジーズ社」に出資  三菱重工業は27日、高さ約600メートルの上空に浮かべて使う風力発電設備の開発・設計を手掛ける米国のベンチャー企業「アルタエロス・エナジーズ社」(ボストン市)に出資…

続き

米国リベラリズムの過激化 同性婚合法化で不寛容に

自由の規制に危機感強める保守派/オバマ政権は「まるで共産主義」  月刊誌「正論」9月号で、福井県立大学教授の島田洋一が新連載「アメリカの深層」をスタートさせた。日米のメディアには、リベラル左派偏向が根深くあるため、米国の…

続き

戦後70年に教育重視を 三つのMで自立して稼ぐ

戦争も犯罪も金が原因  第2次世界大戦は英米の大国相手にアジア諸国の独立解放を願い立ち上がったが、日本は敗北。だが、戦後70年の平和は貴重だった。  多くのアジア諸国は日本の犠牲のもとに独立を得たが、そこに至る戦火の被害…

続き

「幾万の蝉死に絶えて風の音」(長谷川櫂)…

 「幾万の蝉死に絶えて風の音」(長谷川櫂(かい))。あれほど鳴いていたセミの声がいつの間にか止んでしまった、代わりに秋風が吹いている。そんな光景を詠んでいる。  都市部では様子は違うだろうが、所によってはセミの声はかまび…

続き

ロシア経済低迷、国際社会との協調が必要だ

 今月半ば、ロシア通貨ルーブルの対ドル相場が半年ぶりの安値をつけた。先行きに暗雲が立ち込めるロシア経済の動向が注目される。  背景には、原油安などによる輸出減少に加え、ウクライナ危機をめぐって欧米の発動した経済制裁がある…

続き