世界日報 Web版

Date archive for 1月, 2015

新年号で代わり映えしない健康モノなどのテーマが並んだ新潮連載

◆科学エッセーも一服  新聞では読者の購読を切らさないよう、連載小説に力を入れてきたが、週刊誌でもそれをまねて売れっ子作家の内田康夫らを起用して成功した例もある。しかし、週一で読ます実力もあり、器用な作家が最近はなかなか…

続き

経済再生へ「加速」できるか

 昨年12月の衆院選で信任を得た形の安倍政権の経済政策「アベノミクス」。2年目の昨年は、影響を過小評価した消費税増税により景況悪化が長引き、実質GDP(国内総生産)は2期連続マイナス成長で、景気後退も懸念される。1年半延…

続き

クリスマス直後の衝撃的な出来事

 音楽の都ウィーンで開かれた慣例のウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のニューイヤーコンサートの中継を観られた日本人も多いだろう。当方も1日、国営放送のライブ中継を家族と共に楽しんだ一人だ。  ところで、クリスマス明けの先…

続き

習政権が団派排除、権力基盤を強化

 中国では昨年末、胡錦濤前国家主席の腹心だった令計画党統一戦線工作部長が党の取り調べを受けて解任された。江沢民元国家主席に近い周永康前政治局常務委員の汚職摘発に続き、胡氏の支持基盤である共産主義青年団(共青団=団派)出身…

続き

第2次大戦終結70年に思う

哲学者 小林 道憲 列強世界支配の分水嶺 植民地主義が解放戦に転換  今年は、第2次大戦終結70年になる。第2次大戦とは何だったのだろうか。第2次大戦は、ヨーロッパ地域とアジア地域に分けて考えるべきであろう。ヨーロッパ地…

続き

2014年を振り返る特番で朝日新聞誤報問題を避けたテレビ各局

◆池上氏のみ朝日扱う  毎年、年末になるとテレビはバラエティーや歌番組、スポーツの特番が目白押しになる。  その影響で普段の報道番組は休みになることが多いが、「今年のニュースを振り返る」といった趣旨で特番を組むテレビ局も…

続き

モチやミカンも食べ飽き、そろそろ正月気分…

 モチやミカンも食べ飽き、そろそろ正月気分から抜け出して仕事モードに切り替わる頃合いだろう。本来はきょうが官公庁の御用始めだが、今年は日曜日なので明日になる。  正月の間は、一部の商店やコンビニ、スーパーなどのほかは閉ま…

続き

距離の割に身近な人的交流 本紙創刊40周年新春特別座談会(上)

本紙創刊40周年新春特別座談会(中)へ本紙創刊40周年新春特別座談会(下)へ 日本・モンゴル文化と大相撲  日本文化の一翼をなす大相撲は11日に初場所初日を迎える。角界の頂点に今、白鵬を筆頭にモンゴル出身の3横綱が占める…

続き

青学大、異次元の走りで初の箱根駅伝総合V

大会史上初10時間50分切る、2位駒大に約11分の大差  青学大の勢いは止まらなかった。アンカーの安藤まで独走が続き、大手町で歓喜のゴール。前日の往路に続いて復路も制し、史上初めて10時間50分を切った。2位に11分近い…

続き

欧州天文台、青白く輝く若い星々の画像を発表

「とも座」の方向に1600光年先のM47星団  南半球でよく見える「とも座」の方向に約1600光年離れたM47星団の鮮明な画像を、南米チリにある望遠鏡で撮影したと欧州南天天文台(ESO)が31日までに発表した。  誕生か…

続き

エベレスト入山料が大幅に引き下げられる

ネパール政府、傷ついた観光のイメージ回復を狙う  登山シーズンにネパール側からエレベストに登る際の入山金が、従来の2万5000㌦から1万1000㌦に引き下げられた。  昨年、ヒマラヤ山脈で遭難死者数は過去最多を記録。春の…

続き

寒中に50人がシャンパンで乾杯!

スイスのレマン湖で  元日の寒中水泳が伝統となっているオランダ同様、スイスでは約50人がレマン湖に入りシャンパンを楽しんだ。(EPA=時事)

続き

日韓国交50年、首脳会談開催の好機とせよ

 日本と韓国は今年、国交正常化に向けた経済協力や請求権解決などの諸要件を取り決めた日韓基本条約(1965年6月22日署名)を結んでから50年を迎えた。近年、両国はいわゆる従軍慰安婦や竹島領有権、靖国神社参拝など歴史認識を…

続き

青学大「天下の険」制し、初の往路優勝果たす

箱根駅伝で5区の神野が歴史的快走、2位明大に大差5分  青学大の原監督はレース前にこう話していた。「4区を終えて(トップと)2分差なら逆転できる」。だから5区の神野につなぐ前に往路優勝を確信した。トップの駒大とは46秒差…

続き

名古屋で警官が褒める「いいネ!!カード」

交通マナーの良い人に渡す、商店街で割引の特典あり好評  街で警察官に呼び止められたら-。ドキッとする人もいるかもしれないが、名古屋では褒められることがある。交通事故死者数で全国最悪が続く愛知県の状況を変えようと、県警中署…

続き

「銃を楽器に、弾丸を鉛筆に」平和への願いを

大きく羽ばたくアフガニスタンの若手芸術家  銃を楽器に、弾丸を鉛筆に。アフガニスタンの若手芸術家アジム・ファクリさん(25)は、平和への願いを絵筆に込める。タリバン政権崩壊から13年、米軍を中心とする国際部隊の対テロ作戦…

続き

準惑星のケレスと冥王星を観測へ

米探査機ドーンは3月に、ニューホライズンズは7月に接近  米航空宇宙局(NASA)の探査機ドーンが3月6日ごろ、準惑星ケレス(セレス)付近に到着する見通しとなった。別の探査機ニューホライズンズは7月14日に冥王星に最接近…

続き

刀匠の仕事始め「打ち初め式」

刃物のまち、岐阜県関市で  刃物のまちとして知られる岐阜県関市で2日、刀匠の仕事始め「打ち初め式」が行われた。刀匠が懸命にたたいているのは、約1300度まで熱せられた日本刀の素材「玉鋼(たまはがね)」。  打ち延ばしては…

続き

元日から「お買い得」、福袋がにぎわう

百貨店やスーパーで恒例の初売り  百貨店やスーパーなどの一部で1日、恒例の初売りが行われた。西武池袋本店(東京都豊島区)には午前10時までに約2万人が訪れ、福袋などを買い求めた。食品や日用品の相次ぐ値上げで懐具合は厳しさ…

続き

シニア世代活躍する社会を 新春座談会(下)

新春座談会(上)へ 「地方創生」で新たな国づくり 「介護難民」発生に是正策を 長野高齢者のボランティア参加も 木下 アジアの先頭走り経験活用 長野総合サービス共同体実現を 石破税制優遇で本社機能移転を 木下  ――一方で…

続き

<元日や手を洗ひをる夕ごころ>。何年ぶりか…

 <元日や手を洗ひをる夕ごころ>。何年ぶりかで元旦の一日を自宅で過ごし、芥川龍之介のこの「畢生(ひっせい)の名吟」(加藤郁乎)の味わいを改めて実感した。  日本人なら、誰もが経験する元日の夕暮れ時の微妙な心持ちである。「…

続き

皇居で新年祝賀の儀

佳子内親王殿下が成人後初の御公務  天皇、皇后両陛下が皇族方や三権の長から新年のお祝いを受けられる「新年祝賀の儀」が1日、皇居・宮殿であった。先月29日に20歳となられた秋篠宮殿下御夫妻の次女佳子内親王殿下も成人後初の御…

続き