世界日報 Web版

Date archive for 11月, 2014

研究の最前線「光るシルク」に「光る花」

特別展「ヒカリ展 光のふしぎ、未知の輝きに迫る!」  東京・上野の国立科学博物館で特別展「ヒカリ展 光のふしぎ、未知の輝きに迫る!」展が開催されている(2015年2月22日まで)。  光は身近な存在だが、その実体はわかり…

続き

ホンダ航空事業が米バーリントン工場で始動

ジェットエンジンの量産をスタート、「第3の柱」へ  ホンダの航空事業が本格的に始動した。米南部バーリントンの工場で12日、ジェットエンジンの量産をスタート。来年から小型ビジネスジェット機本体を納入していく。  ジェット機…

続き

知事選取り巻く言論空間、「辺野古移設」賛成の声を封殺

《 沖 縄 時 評 》 ◆地元住民登場しない地元紙  沖縄県知事選挙が大詰めを迎えている。同選挙はわが国の安全保障や海洋戦略とりわけ米軍普天間飛行場の辺野古(名護市)移設に大きな影響を及ぼすと見られ、全国的にも注目を集め…

続き

“後の祭り”の赤旗配達 共産党員の際限ない負担

赤旗まつりで入党運動  日本共産党が日常的に入党運動を繰り広げるようになった。スマイル路線で、「平和な社会を作りましょう」、「格差社会を解消しましょう」、あるいは「安倍政権の暴走を止めましょう」などと話しかけ、党員を増や…

続き

東京高裁 「監禁」認め、2200万円賠償命令 12年余の強制棄教訴訟で

松永牧師の共同責任も認定  新潟市や東京・荻窪などに約12年5カ月にわたって拉致監禁され、信仰する宗教団体からの脱会を強要されたとして、世界基督教統一神霊協会の信徒である後藤徹氏が、家族や宮村峻氏、新津福音キリスト教会の…

続き

大学入試では、制度の変更や倍率の高低…

 大学入試では、制度の変更や倍率の高低などが話題になることはあるが、作問者の側が取り上げられることは少ない。こうした中、書評紙「週刊読書人」(11月7日号)が、長年受験産業に関わってきた稲田義智氏へのインタビューを載せて…

続き

日米豪首脳会談、防衛協力体制を明示せよ

 日本と米国、オーストラリア3カ国は、あすから豪州のブリスベーンで開かれる20カ国・地域(G20)首脳会合に合わせ、3カ国首脳会談を行う。  安全保障や経済分野での連携、エボラ出血熱や過激組織「イスラム国」への対応などが…

続き

探査機ロゼッタ、チュリュモフ彗星の核へ

ESAが子機フィラエ分離を発表、成功なら史上初の彗星着陸探査  欧州宇宙機関(ESA)は12日、火星と木星の間にある「チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星(すいせい)」の核に接近中の探査機ロゼッタから、日本時間の同日午後5時半…

続き

ミッキー満載のおせち料理はいかが?

「子供が喜ぶおせち」をテーマに、ベルメゾンが4種類を公開  「子供が喜ぶおせち」をテーマにした、ディズニーキャラクター満載の「2015年Disneyおせち」4種類が12日、報道関係者に公開された。  写真はミッキーマウス…

続き

大手百貨店の正月の福袋、「体験型」が人気

料亭や相撲部屋などの日本文化や、鉄道の運転を楽しめる  大手百貨店の2015年正月の福袋が12日までに出そろった。主力のブランド品に加え、近年は「体験型」の福袋が人気で、来年は料亭や相撲部屋などの日本文化や、鉄道の運転を…

続き

宇都宮市役所レストランで給食ランチを提供

宇都宮市教委が配布している標準献立の中から  宇都宮市教育委員会は、市役所にあるレストランで、市立小中学校で出されている給食の提供を始めた。  多くの市民に給食を実際に食べてもらい、健康的でバランスの取れた食事についての…

続き

期待以上の成果あった初の北朝鮮学学術大会

韓国紙セゲイルボ  初めての「世界北朝鮮学学術大会」(主催・統一部、主管・北朝鮮研究学会)が10月末、世界16カ国約40人の学者と韓国内の約100人の専門家、学者を集めて行われた。  今大会は目的と対象を徹底的に北朝鮮そ…

続き

ドイツのドナウ川のほとりに巨人が現る?

ハンガリーの芸術家が手掛けた彫刻を展示  口を大きく開けて人間に襲いかかろうとする巨人? 実はハンガリーの芸術家が手掛けた彫刻。  ドイツ・ウルムのドナウ川のほとりに展示されている(EPA=時事)

続き

神学で決まる「イスラム国」

東京国際大学名誉教授 渥美 堅持 現実に国となる危険性 部族問題で湾岸諸国が警戒  今年6月29日、イスラーム教にとって重要な断食の月が開始されたその日、「イラク・シリアのイスラム国」(ISIS)と称する武装集団が「カリ…

続き

成功例ない「アラブの春」

中東を2分、イスラム主義者と民主主義者  長期独裁政権打倒と民主主義の実現を目指した「アラブの春」を経て、中東世界は今、イスラム主義者と民主主義者が争っている。「イスラム国(IS)」の出現は、イスラム主義者の最終目標が、…

続き

「南北再統一が実現できますように」

 ウィーン市8区にある小さなギャラリーでウィーン音楽大学のイザベラ・クラップ教授(Isabella Krapf)の写真展が開催された。同教授は2011年からこれまで4回、平壌で北の学生たちにハーモニカを教えてきたが、訪問…

続き

釜山のカモメ

韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」  1984年秋、プロ野球、三星(サムスン)との韓国シリーズを控えたロッテの姜秉哲(カンビョンチョル)監督は記者会見場で「1、3、5、7回戦に崔東源(チェドンウォン)を投入して4勝3敗…

続き

Obamacare may not have enough enrollees to stay solvent オバマケア、登録者少なく維持できない可能性も

Obamacare may not have enough enrollees to stay solvent The administration on Monday said fewer than 10 millio…

続き

僅差決定の日銀追加緩和に評価の3紙も副作用には強い警戒感示す

◆評価した読・産・日  先月末の31日、日銀は金融政策決定会合で追加緩和策を、賛成5反対4の僅差で決定した。2013年4月のいわゆる「異次元の量的・質的金融緩和」以来約1年半ぶりである。  米国の量的緩和終了決定の直後と…

続き

改憲は4、5回の国民投票で 自民党憲法改正推進本部 船田元 本部長に聞く

 船田元・自民党憲法改正推進本部長(衆議院議員)はこのほど本紙のインタビューに応じ、憲法改正について「いくつかの項目ごとに行っていくことになる」と述べ、4回か5回に分けて改正を目指す考えを示すとともに、9条の改正は周到な…

続き

衆院解散論、首相は政策遂行で指導力示せ

 内閣改造から2カ月、召集された臨時国会の会期も半ばであるところに年内の衆院解散論が浮上してきた。  しかし、国民はすでに与党の自民、公明に衆参で公約実現に十分な圧倒的多数の議席を与えており、国政選挙を毎年行うことを期待…

続き

「朝鮮通信使ゆかりのまち全国交流会」が…

 「朝鮮通信使ゆかりのまち全国交流会」が先週土曜日、埼玉県川越市で開かれた。会場となった市民会館ロビーでは、釜山や対馬の物産展のほか、朝鮮通信使随行画員展や写真展も開かれて賑わった。  福岡、山口、広島はじめゆかりの町の…

続き

周防正行さんと草刈民代さん夫妻が体験

四谷税務署で「e-Tax」を使い贈与税ネット申告を模擬体験  来年1月に相続税の増税を控え、贈与税への関心が高まる中、映画監督の周防正行さん(58)と妻で女優の草刈民代さんが11日、東京・四谷税務署で「e-Tax」(国税…

続き