世界日報 Web版

Date archive for 9月, 2014

17歳の渡部が堂々の金、成長の階段また一歩

アジア大会、競泳陣がメダルラッシュ  伸び盛りの17歳がまた一歩、階段を上った。競泳女子期待の渡部が200メートル平泳ぎで金メダル。初出場の大舞台で存在感を示した。  日本記録の更新を狙ってスタートから飛ばした。50メー…

続き

学生同士の連携求める声、果たすべき役割は?

東京五輪に向け、北海道大学で「連携大学フォーラム」を開催  2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は22日、大会本番に向け大学や短大が果たすべき役割などを話し合う地域巡回フォーラムのブロック大会を札幌市の北海道大学…

続き

リニア実験車両「L0系」で時速500キロ

山梨県の実験線で、JR東海が報道陣に公開試乗会  東京-名古屋間を最短40分で結ぶリニア中央新幹線の着工を今秋に控え、JR東海は22日、最新の実験車両「L0系」を山梨県の実験線で報道陣に公開した。7両編成のうち2両を試乗…

続き

クマノミ稚魚、潮の流れに乗って400キロ移住

国際チームがアラビア海沿岸で調査  アラビア海に面したオマーン沿岸では、イソギンチャクと共生するクマノミ類の稚魚が潮の流れに乗って約400キロも離れた所に移住することがあると、英エクセター大などの国際研究チームが22日ま…

続き

赤い実のソバ「タチアカネ」を祭りで紹介

長野県青木村で  ソバの白い花に赤い実がつく「タチアカネ」の特産化を進める長野県青木村が、香りと味を広く知ってもらおうと「蕎麦(そば)の花・実まつり」を開催している。  祭り初日は、農民一揆にちなむ郷土芸能の太鼓演奏で開…

続き

長期政権と政治力、在職1000日を超えた安倍首相

 政権は長ければいいというものではない。しかし政権の寿命はひとつの目安にはなる。政権の長寿は政権の政治力と正比例する。長寿であれば、政権がそれだけ安定かつ強力であるとの何よりの証拠になる。  そこで安倍政権を眺めると、ま…

続き

米国への勝利確信するIS

米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー 斬首はプロパガンダ 影が薄くなるアルカイダ  【ワシントン】「イスラム国(IS)」は何を考えているのか。確かに、現代メディアの使い方は心得ている。しかし、米国人2人、さらに英国…

続き

スコットランド独立住民投票の教訓

地球だより  スコットランド独立の住民投票は独立反対派勝利の結果に終わったが、今後の国家の在り方に対する重要な教訓を投げ掛けた。賛成派、反対派が公明正大にキャンペーン活動し、84・6%という高投票率で住民の意思が明確に表…

続き

基地反対運動に偏りすぎている沖縄タイムス、琉球新報の選挙報道

◆賛成する辺野古地元  かつて三里塚闘争というのがあった。三里塚とは成田国際空港の建設予定地となった地元の名称だ。地元の反対運動に極左過激派が加わり、流血事件が絶えなかった。成田闘争とも呼ばれたが、成田市は市も議会も空港…

続き

ダブル「吉田」報道で大誤報した朝日新聞…

 ダブル「吉田」報道で大誤報した朝日新聞・木村伊量(ただかず)社長のお詫び会見(今月11日)後の新聞から。「木村社長の謝罪会見にしても、慰安婦問題での謝罪は吉田調書報道問題での謝罪と抱き合わせで、付け足しのようにも思える…

続き

拉致報告先送り、北との交渉戦術練り直せ

 北朝鮮が日本人拉致被害者の再調査の初回報告を先送りした。北朝鮮の約束違反である。被害者家族を苛立(いらだ)たせ、日本政府を揺さぶって制裁解除や見返りを求める魂胆であろう。家族の心情を弄(もてあそ)ぶ卑劣極まりない態度だ…

続き

萩野公介、仁川アジア大会で強敵かわし金

「最後は精いっぱい」、得意の終盤で一気に  最後の50メートル。3番手に付けていた萩野が勢いを増した。「最後は精いっぱい。焦らずかくことを意識した」。ロンドン五輪で同着の銀メダルだった孫楊と朴泰桓をかわし、男子200メー…

続き

「めぐみにも帰って来られる翼を与えて」

同級生らが新潟でコンサート、拉致報告遅れに憤り  北朝鮮に拉致された横田めぐみさん失踪当時(13)の小中学校の同級生らが主催するコンサートが21日、新潟市内で開かれ、講演しためぐみさんの父滋さん(81)と母早紀江さん(7…

続き

北朝鮮の咸鏡南道・咸興市で日本遺族が慰霊

当局が日本人埋葬地への立ち入りを新たに許可  終戦前後に現在の北朝鮮地域で亡くなった日本人の墓参のため訪朝している遺族は21日、東部の咸鏡南道・咸興市の埋葬地で慰霊を行った。北朝鮮当局は多くの日本人が埋葬されたとされる同…

続き

警官コンビ「フリコマンダーGP」に漫才指南

宮川花子さんが岐阜県警で、振り込め詐欺防止に向け  高齢者に振り込め詐欺への注意を呼び掛けようと、岐阜県警の警察官が結成した漫才コンビに、ベテラン漫才師の宮川大助・花子さんが21日、演技指導した。花子さんは大阪府警の元警…

続き

札幌市役所にアイヌ文様タペストリーを設置

アイヌ民族工芸家、宮川正子さんの「レラアシ」を展示  札幌市は、庁舎1階のロビーにアイヌ民族の伝統的な文様をあしらったタペストリー(布製の壁掛け)を設置した。縦1メートル50センチ、横90センチの大きさで、2作品ずつ展示…

続き

ブランド木材「吉野ヒノキ」で学習机作り

奈良県吉野町の中学校で  奈良県吉野町の中学校で、生徒らがこの地域で産出されるブランド木材「吉野ヒノキ」で学習机を製作し、2学期から使用している。天板と教科書などを収納するスペースが木製で、机を支える足の部分はスチール製…

続き

ハロウィーンのお祭り、お化けカボチャが登場

ドイツのフュルステンバルデ近郊で  ドイツ東部のフュルステンバルデ近郊で、収穫した約260キログラムの巨大カボチャの大きさを測る農家の女性。  10月はハロウィーンのお祭り。お化けカボチャが悪い霊を追い払ってくれるかも?…

続き

日本薬物対策協会、薬物乱用防止で教師向け研修

危険性と共に人生考えさせる  脱法ドラッグの呼称が「危険ドラッグ」になってから2カ月。危険ドラッグを吸引して交通事故を起こしたり、体調が悪くなって緊急搬送されるケースが後を絶たない中、薬物乱用防止についての教育・啓発の重…

続き

仏国内のテロ懸念高まる

仏人の「イスラム国」参加増加  欧州最大のイスラム社会を抱えるフランスから、シリアやイラクで勢力を拡大するイスラム教スンニ派の過激派組織「イスラム国」の戦闘に加わる若者が増えている。戦闘には白人フランス人や未成年者も加わ…

続き

実例「日本の恩人、ユダヤ人」

獨協大学教授 佐藤 唯行 近現代の国難に助け船 軍事、学芸、文化、産業など  近代以後、日本人とユダヤ人が出会ってから140年以上の歳月が経過した。このふたつの集団の相互関係は基本的に友好と親善が基調をなしてきたと言って…

続き

「65歳以上、25・9%に」の見出しが15日付…

 「65歳以上、25・9%に」の見出しが15日付小紙に載っていた。いわゆる「団塊の世代」が老年人口に含まれ、高齢者の層がさらに分厚くなってきた。  もともと他世代に比べ多く、この間、戦争もなく国力の充実期に長く社会の中心…

続き