世界日報 Web版

Date archive for 9月, 2014

プロ野球・巨人、リーグ3連覇

原監督は7度目胴上げ  プロ野球セ・リーグは26日、巨人が3年連続36度目の優勝を決めた。1リーグ時代を含めると45度目。原辰徳監督は通算11季目の指揮で7度目の優勝となった。  優勝へのマジックナンバーを「2」としてい…

続き

アジア大会、赤瀬紗也香が200背で金メダル

渡部香生子は200個メで日本新、銀メダルを獲得  競泳は26日、6種目の決勝が行われ、女子200メートル背泳ぎで赤瀬紗也香(日体大)が金メダルを獲得した。同200メートル個人メドレーの渡部香生子(JSS立石)は2分10秒…

続き

「現代のテレシコワ」、宇宙へ

17年ぶりロシア女性飛行士  ロシアの宇宙飛行士エレーナ・セロワさん(38)ら3人を乗せたロシア宇宙船「ソユーズTMA14M」がモスクワ時間26日午前0時25分(日本時間午前5時25分)、カザフスタン・バイコヌール宇宙基…

続き

サンクトペテルブルク、姉妹都市35周年でイベント

大阪市代表団が訪れる、村上副市長があいさつ  姉妹都市提携35周年を記念してロシア・サンクトペテルブルクを訪れている大阪市代表団は25日、市内で開催された記念イベントに参加した。  サンクトペテルブルク市のマルコフ副市長…

続き

「産業革命遺産」として世界文化遺産登録を目指す

ユネスコの諮問機関「国際記念物遺跡会議」が静岡で現地調査を開始  2015年の世界文化遺産登録を目指す「明治日本の産業革命遺産 九州・山口と関連地域」について、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の諮問機関「国際記念物遺跡会…

続き

天皇陛下が稲刈りされる

 天皇陛下は26日午後、皇居内の生物学研究所脇にある水田で恒例の稲刈りをされた。  ベージュの開襟シャツにグレーのズボン姿の陛下はしゃがみ込んで、5月に植えたもち米のマンゲツモチ計20株を、鎌で丁寧に刈り取られた。宮内庁…

続き

東京・有明の東京ビッグサイトで開催中の…

 東京・有明の東京ビッグサイトで開催中の「ツーリズムEXPOジャパン2014」に足を運んだ。日本全国と150を超える国・地域が参加する世界最大級の旅の博覧会。訪日客が年間1000万人を突破して勢いづく業界の活気が満ちてい…

続き

露長官択捉訪問、これでは孤立を深めるだけだ

 ロシアのプーチン大統領の最側近であるイワノフ大統領府長官が、我が国固有の領土である北方領土・択捉島を訪れた。日本側の抗議を無視し、今後も訪問を続けるという。  大統領側近がこの時期に北方領土を訪問したことは、ウクライナ…

続き

ブラジル大統領選挙で涙を誘ったシルバ候補

地球だより  南米の大国ブラジルで来月5日に大統領選挙が実施されるが、女性候補2人がデッドヒートを繰り広げている。  両候補とも異色の経歴だ。現職ルセフ大統領は、ブラジルの軍政時代に反政府活動を行い、軍部によって拷問を受…

続き

大統領再任制と韓国の改憲論

韓国紙セゲイルボ 米政治に見る「2期目の呪い」  韓国与党で改憲世論作りが始まった。セヌリ党の金台鎬(キムデホ)最高委員は最近「5年大統領単任制は寿命を終えた」と言いだした。  李喆雨(イチョルウ)セヌリ党議員も、「異常…

続き

日本が土壇場から逆転、五輪銀の底力発揮

アジア大会フェンシングで男子フルーレ団体が40年ぶり金  銀メダルに輝いたロンドン五輪から2年。現在の実力を測る試金石となった決勝の中国戦で、日本が11点差をはね返す逆転勝利を収めた。40年ぶりの金メダルをもたらした太田…

続き

「ミロのビーナス」像もタッチパネルで解説

大日本印刷、鑑賞システムをルーブル美術館に導入  大日本印刷(DNP)がパリのルーブル美術館に導入した新たな鑑賞システムが24日、運用を開始した。目玉作品の一つである「ミロのビーナス」が置かれた古代ギリシャ美術展示室など…

続き

JAXAが発表、南極海氷面積3年連続最大

NASAなどが発表、北極は観測史上6番目に小さく  南極大陸を取り巻く海氷の面積が、3年連続で衛星による観測史上最大を更新したと、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が25日までに発表した。一方、北極海を覆う海氷の面積は観測…

続き

「朝日」問題の核心 日本の威信失墜させた

長く報道姿勢座視した読者  いわゆる「従軍慰安婦」問題に関する「吉田証言」と東京電力福島第1原発事故における「吉田調書」をめぐる報道で新聞、テレビ、週刊誌、月刊誌とあらゆるメディアから批判をあびる朝日新聞。9月11日の木…

続き

「オール沖縄」の欺瞞性 地元マスコミが世論操作

元は「島ぐるみ闘争」  沖縄県知事選挙(11月16日実施)に向け、有力な出馬予定候補者3名が9月半ばまでに出揃(そろ)った。  保守・自民党陣営等の推す現職の仲井真弘多知事、共産・革新陣営が擁する那覇市長の翁長雄志氏、元…

続き

「結婚したらどうだ」とは、私的な場で…

 「結婚したらどうだ」とは、私的な場であっても言ってはならない、ということだろうか。東京都議会の女性議員が野次を浴びたことを受けての「僕だって言う、平場で」という都議の発言が問題となった。  いかなる場合であれ、「結婚し…

続き

両陛下、リンゴ狩り御体験

 青森県を訪れた天皇、皇后両陛下は25日、八戸市から新幹線と車で津軽地方に移動し、黒石市の農園でリンゴ狩りを楽しまれた。  両陛下は、たわわに実ったリンゴを一つ一つ手でもぎ取り、皇后陛下は「たくさん取らせていただいてあり…

続き

アフガン新政府、国民一致と民主化への一歩に

 アフガニスタン新政府が発足する。大統領選での大規模不正で遅れていた。  長期にわたる戦乱で荒れ果てたアフガンの自立、平和、安定に向けた弾みとしたい。  ガニ元財務相が大統領に  最初の投票から5カ月を経て、ようやくアフ…

続き

地球化時代の到来が招く民族主義の運命

韓国紙セゲイルボ  20世紀最後の10年間は政治、経済、社会、文化など総体的転換局面期であった。新世紀で新千年が始まった2000年代は地球化の波が世界を覆いながら、これ以上民族主義は立つ場所がなくなると見なされた。  多…

続き

オバマ・ホワイトハウスと米軍、対イスラム国戦略で深い溝

 米国のイスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」に対する軍事戦略をめぐり、オバマ・ホワイトハウスと軍の間で相違が表面化している。戦闘部隊は派遣しないと繰り返し明言するオバマ大統領に対し、軍は特殊部隊の活用などあらゆる選択…

続き

成功したモディ印首相訪日

桐蔭横浜大学法学部教授 ペマ・ギャルポ 外交・精神とも「特別」に 中国の挑発には明確に言及  インドのモディ首相が訪日し、日本政府から熱烈な歓迎を受けた。モディ首相は天皇陛下に拝謁する栄誉をいただいたほか、安倍晋三首相と…

続き

母親の風呂敷包み

韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」  動物においても母性愛は偉大だ。成長したメス2匹のどちらが親かを選(え)り分ける方法がある。まず4日間、何も餌を与えずに飢えさせる。その後、2匹の間に餌を入れた器を一つだけ置くと、必…

続き