世界日報 Web版

Date archive for 5月, 2014

「セウォル号」の足枷から脱出を

韓国紙セゲイルボ 危機を機会に変える先進国に  セウォル号惨事の余波で韓国民は失意に陥っている。共犯意識と安全後進国という自虐は国民を無気力の泥沼に押し込んだ。沈没したのは船舶だけでなかった。大韓民国の国の品格と自尊心が…

続き

「ベストクールビズ大賞」に剛力彩芽さんら

環境省、「スーパークールビズ」でイベント  夏の職場を軽装で過ごし、省エネを推奨する「スーパークールビズ」が来月1日から始まるのを前に、環境省などが主催するイベントが30日、都内で開かれ、俳優の剛力彩芽さんと田中圭さんが…

続き

グローバルホーク配備は「同盟の強さの証明」

米軍三沢基地、初配備の無人偵察機を公開  在日米軍三沢基地(青森県三沢市)は30日、グアムからの一時配備が完了した無人偵察機グローバルホーク2機を報道陣に公開した。在日米軍のアンジェレラ司令官は記者会見で、配備について「…

続き

「醜い男」はシェークスピアの創作

英調査チーム、リチャード3世遺骨を鑑定  2012年に英中部レスターで発掘されたイングランド王リチャード3世(1452~85年)の遺骨の調査チームは30日、醜いとされたリチャード3世の容貌はシェークスピアの創作だったとの…

続き

高円宮妃久子殿下、ラン展に

次女典子女王殿下の婚約内定後初  高円宮妃久子殿下は30日午前、東京・池袋のサンシャインシティで開催中の「第54回蘭友会らん展」を訪問された。  次女典子女王殿下の婚約内定後、初の御公務。ランは典子さまのお印でもある。 …

続き

読書界の密かな話題となり、昨年4月の…

 読書界の密かな話題となり、昨年4月の発行から既に14刷を重ねるマイケル・ブース著『英国一家、日本を食べる』(寺西のぶ子訳、亜紀書房)をようやく読んだ。著者のブース氏は旅とグルメが専門の英国人ジャーナリスト。  書名から…

続き

拉致再調査、全被害者の帰国につなげよ

 スウェーデンのストックホルムで開かれた日朝協議で拉致問題が動き出した。北朝鮮が「拉致問題は解決済み」としていた従来の立場から「日本人に関する全ての問題を解決する」との立場に転換したからだ。北朝鮮は再調査のための特別委員…

続き

プーチン大統領の横に座るのは誰

 欧州連合(EU)首脳会談やG7サミット会議では会議最終日には記念撮影をすることがある。基本的にはホスト国を中心に女性政治家が近くに陣取ることが多い。ただし、政治の世界では謙虚さは特別褒められる性質ではないから、最前列に…

続き

子宮頸がんワクチン問題、拠点病院の心無い診察対応

被害者家族らが実態を訴え  接種後、重篤な副反応を訴える子女が相次いでいることから、接種奨励が一時中止されている子宮頸がんワクチンについて、被害者家族らが副反応と心無い診察対応の実態などを訴える集会(主催・全国子宮頸癌ワ…

続き

人口減少社会の現実、急務の長期ビジョン策定

 民間の有識者らでつくる「日本創成会議」の人口減少問題検討分科会(座長・増田寛也元総務相)は5月8日に発表した2040年時点の全国市区町村別人口(推計)は、衝撃的内容だった。なにせ、地方から都市への人口移動が収束しないと…

続き

平安時代にタイムスリップ

栃木県・湯西川温泉の平家大祭  栃木県日光市の湯西川温泉で6月5日(木)から6日(金)の両日、平安時代にタイムスリップする「平家大祭」が開かれる。この祭りは昭和60年、「平家の里」オープンとともに始まり、今年で30回目を…

続き

静岡県立こども病院、世界最小体重で難病手術

8カ月で7回成功、出生児810グラムの女児が退院  静岡県立こども病院(静岡市)で昨年8月に810グラムの体重で出生し、生後すぐに難病の先天性心疾患の手術を受けた池ケ谷芽依ちゃん=静岡市=が29日、退院した。同院によると…

続き

東京・渋谷に「楽天カフェ」オープン

初の常設店舗、人気スイーツなどが味わえる  楽天は29日、東京・渋谷に、インターネット仮想商店街「楽天市場」の人気スイーツなどが味わえる同社初の常設店舗「楽天カフェ」をオープンした。人気メニューを実際に試し、気に入れば店…

続き

不安を煽る反原発派、漫画「美味しんぼ」騒動の教訓

作者も左派の「協力者」  鼻血が出る人が増えているなど、東京電力福島第1原発事故の健康への影響に関する描写が問題となった漫画「美味しんぼ」(週刊「ビッグコミックスピリッツ」=作・雁屋哲=現在は休載)に対して、マスコミで賛…

続き

失敗する対北朝鮮投資 経済と核並進で貧困加速

最もリスクが高い相手  北朝鮮は去年から経済の発展と核開発を並行推進するという計画のもとで、経済特区を大幅に増加させてきた。経済・観光特区事業育成のため羅津と黄金坪、元山地域等の開発特区に加え、昨年「経済開発区法」が制定…

続き

中国の目に余る強硬姿勢に対抗を

 安倍晋三首相はきょう、シンガポールで開かれるアジア安全保障会議で基調講演を行う。日本の安全保障の取り組みを国際社会に説明、とりわけ東南アジア諸国連合(ASEAN)の安全保障体制を支援していく姿勢を表明し、中国の海洋進出…

続き

ホトトギスは初夏の季語だが、この鳥に…

 ホトトギスは初夏の季語だが、この鳥にまつわる句が昔から有名だ。「鳴かぬなら殺してしまえほととぎす」(信長)、「鳴かぬなら鳴かせてみせようほととぎす」(秀吉)、「鳴かぬなら鳴くまで待とうほととぎす」(家康)。  江戸時代…

続き

北朝鮮の急変事態と日本の集団的自衛権

韓国紙セゲイルボ  集団的自衛権は国連憲章上認められたすべての国家の固有権利だが、日本の侵略に遭った韓国や中国としては、日本が過去の歴史に対する徹底した反省なしに集団的自衛権を行使することに深刻な憂慮を表明せざるを得ない…

続き

世界に拡大するイスラム過激派思想

 ナイジェリアのイスラム過激派組織「ボコ・ハラム(西洋の教育は罪)」が276人の女子生徒を誘拐して7週目を迎えた。キャメロン英首相をして「悪魔の仕業」と言わせた、「奴隷として売り飛ばす」などの残虐行為は、国際テロ組織アル…

続き

中国の南シナ海軍事拠点化

元統幕議長 杉山 蕃 重大視する飛行場建設 空母、核搭載潜水艦配備へ  南シナ海西沙(パラセル)群島における中国ベトナム間の領有・海底資源問題を巡る争いが活発化し、ベトナム国内での反中国デモの激しさが報道され、我が国の在…

続き

若田光一飛行士、船長任務完遂「ほっとした」

米ヒューストンで記者会見、国際協力の継続を  日本人初の国際宇宙ステーション(ISS)船長を務め、14日に約半年ぶりに帰還した若田光一さん(50)が日本時間の28日、滞在先の米ヒューストンで帰還後初の記者会見を行った。若…

続き

中曽根康弘元首相、96歳を祝う会

安倍首相ら与野党議員40人が祝う  中曽根康弘元首相の96歳の誕生日を祝う会が28日夜、東京都内のホテルで開かれた。中曽根氏は集まった与野党の国会議員約40人を前にあいさつし、「厳しい時代に政治の地平線を勇敢に切り開いて…

続き