世界日報 Web版

Date archive for 12月, 2013

忠義の心全うした松平容保 

損得勘定だけではない生き方  今年のNHK大河ドラマは、会津を舞台にした「八重の桜」であった。その中で登場したのが、会津松平家9代藩主松平容保だ。容保は日本史上、損得勘定だけではない生き方を実践した人物の1人であろう。 …

続き

光り輝く黄金の「午」がお目見え

 「GINZA TANAKA名古屋店」(名古屋市中区)に26日、来年のえとの午(うま)にちなんだ黄金の馬がお目見えした。  大きさは高さ2.1メートル、全長2.6メートルの等身大サイズで、ブロンズ製の原型に約500グラム…

続き

小笠原の新島、西之島と一体化

噴火続き2カ所で接する、海保が確認  小笠原諸島・西之島(東京都小笠原村)付近に噴火活動でできた新島について、海上保安庁は26日、西之島と一体化したことを確認したと発表した。両島の距離は24日時点で約10メートルまで狭ま…

続き

ロシア人が日本移住を躊躇する理由

地球だより  筆者の知人、友人には、「日本に行った経験のある人」が多い。そして、99%以上は、日本に行って「もっと日本が好きになった!」という。「道にゴミが落ちていない」「店員さんが、みんな丁寧」「人が親切」「食事がおい…

続き

映画「少女は自転車にのって」

アラブの女性監督が撮った奇跡の一作  イスラム教国のサウジアラビアでは、宗教上の理由で禁止されていることが多くある。その一つが映画館を造れないこと。そんな環境の中で映画を製作し、ヴェネチア国際映画祭、ロッテルダム国際映画…

続き

張成沢氏処刑に沈黙した韓国

韓国紙セゲイルボ 政府・左派、「非人道的」非難せず  筆者は「送年の辞」を兼ねた反省文を書きながら、この1年、何を大きく間違え、許しを乞うべきかを考えた。長く考える必要はなかった。北の「張成沢(チャンソンテク)の死を悲し…

続き

安倍首相靖国参拝、「日本の慰霊」内外に発信を

 安倍晋三首相が第2次政権発足から1年となる26日、靖国神社に参拝した。首相による参拝は平成18年8月の小泉純一郎首相以来、7年4カ月ぶりだ。祖国のために命を捧げた英霊に「御霊安かれ」と手を合わせ、畏敬の念を表すのは、ど…

続き

マスコミの反秘密保護法報道、国民の不安煽るも空振り

浮き彫りになった影響力低下  特定秘密保護法の成立後、安倍政権の支持率が下がった。リベラル左派の大新聞をはじめとしたマスコミは「国民の知る権利の侵害だ!」などと、同法に対するヒステリックなまでの反対キャンペーンを繰り広げ…

続き

シングル出産もあり?危うい少子化対策

子供へ配慮欠き禍根残す  「文藝春秋」は臨時増刊号として「文藝春秋オピニオン 2014年の論点100」(文春ムック)を出した。社会問題から国際情勢まで、今年起きた時事問題について、今後の進展の予測を含め、専門家の論考を集…

続き

我々の住む宇宙はいつ始まっていつ終わるのか…

 我々の住む宇宙はいつ始まっていつ終わるのか。それとも、宇宙には始まりも終わりもないのか。だが、宇宙が137億年ほど前、ビッグバンによって始まったという説は、大方の支持を得ているようだ。  が、ビッグバン以前はどうだった…

続き

ヒジャブを着たラッパーの衝撃

ウィーン発 『コンフィデンシャル』  独週刊誌シュピーゲル最新号が届いたのでいつものように後ろのページから読みだした。死亡欄の前に小さなインタビュー記事が掲載されていた。エジプトの女学生でラッパーのMajam Mahmu…

続き

国家競争力の向上へ衰退都市の再生必要

韓国紙セゲイルボ  ロンドン、ニューヨーク、東京など有名な世界的都市は一国家を導いていく核心エンジンとしてその国家の顔だ。優秀な人材と観光客を引き込む魅力ある都市を持つ国が競争力のある国家だ。  20世紀が国家の時代だと…

続き

「ウクライナは兄弟国家」を強調 プーチン大統領が大規模な内外記者会見

メディア統制強化の質問は一つ  ロシアのプーチン大統領は19日、9回目となる大規模な内外記者会見を行った。会見では、欧州連合(EU)加盟問題で揺れるウクライナについての質問が目立ち、プーチン大統領は「ウクライナは兄弟国家…

続き

“カンニング”社会

韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」  いくら模範生でも学生時代に1回ぐらいは試験の不正行為であるカンニングの記憶を持っているようだ。実力は足らないのに順位を上げて合格証をもらいたい時の選択肢は明らかだ。大学生の45%が…

続き

弱い米国と中国防空識別圏

アメリカン・エンタープライズ政策研究所客員研究員 加瀬 みき 覇権範囲拡大狙う中国 日本は対米同盟で存在感を  中国が突然、防空識別圏(ADIZ)設定を宣言した。これは日本との尖閣諸島をめぐる争いで有利に立とうとしただけ…

続き

中国無人探査機の月軟着陸成功に懸念を示す日経社説や読売解説面

◆協調性なく軍が開発  中国の無人探査機「嫦娥3号」が月面への軟着陸に成功した。旧ソ連、米国に次いで3カ国目で、無人探査機の月着陸は旧ソ連の「ルナ24号」以来37年ぶりである。  着陸後、嫦娥3号からは、搭載していた探査…

続き

厚労省検討部会はワクチン接種の勧奨中止を継続

子宮頸がんワクチン被害受け 「打たない選択を」の指摘も  厚生労働省のワクチン副反応検討部会は25日、子宮頸(けい)がんワクチンの副反応被害を診断・研究してきた医師ら専門家の意見を踏まえ、副反応被害が予想以上に出てきてい…

続き

14年度予算案はデフレ脱却にはまだ力不足

 2014年度予算案が決まった。一般会計総額は95兆8823億円と過去最大で、13年度補正予算案と合わせた歳出規模は101兆円超となる。  政府はこれにより、来年4月の消費増税による景気腰折れの回避を狙うが、個人消費に直…

続き

子宮頸がん「自社に有利」な論文執筆

市民団体、ワクチンメーカー社員批判  子宮頸(けい)がんワクチンは医療費を削減する効果があるとの論文を、ワクチンを製造販売するグラクソ・スミスクラインの社員(退職)が身分を明かさずに発表していた問題で、薬害オンブズパース…

続き

フランシスコ・ローマ法王がXマスミサ

「心の闇」に警鐘、信仰心を持ち続けよ  フランシスコ・ローマ法王(77)はクリスマスイブの24日夜、バチカンのサンピエトロ大聖堂で法王就任後初めて年末恒例のミサを催した。  法王は「われわれには光と闇がある」と語り掛け、…

続き

復興支援でゴッホ「ひまわり」展

被災者の励みに、宮城県美術館で  宮城県は25日、東日本大震災の復興支援事業の一環として、県美術館で来夏、ゴッホの「ひまわり」特別展を開催すると発表した。記者会見した村井嘉浩知事は「浮世絵のような明るい光を求めたゴッホが…

続き

鵜飼いに用いられるウミウは渡り鳥だ。…

 鵜飼いに用いられるウミウは渡り鳥だ。春は繁殖のために北海道方面に、秋には越冬のために本州沿岸や九州方面に向かう。山口県・壁島のように越冬地が天然記念物に指定された所もある。  茨城県日立市十王町の伊師浜には、4月から6…

続き

楽天・田中将大投手、メジャーへ一歩前進

誇りを胸に挑戦、楽天が新ポスティングを容認  クリスマスにようやく田中のメジャー挑戦への道が開けた。「ひとまず、一歩前に進めたなと」。ほっとした表情だった。  当初は11月上旬とみられていた新ポスティングシステムの成立が…

続き