世界日報 Web版

Date archive for 12月, 2013

権力集中で中国共産党崩壊回避へ  香港政治誌「前哨」の劉編集長に聞く(下)

集団指導に限界、外堀埋める  ――中国共産党は11月の第18期中央委員会第3回総会(3中総会)で内外の治安維持を統括する「国家安全委員会」と改革の司令塔となる「中央改革全面深化指導小組」という2組織を立ち上げたが、この新…

続き

張成沢氏死刑執行、北朝鮮の不測の事態に備えよ

 北朝鮮は、公職を追放された張成沢氏の死刑を執行した。張氏は金正恩第1書記の義理の叔父で「後見人」とされてきた実力者だ。今後の北朝鮮の権力構造の変化と対外政策への影響を注視する必要がある。 強硬策に傾く恐れも  張氏は国…

続き

北朝鮮、張成沢氏の死刑執行で「粛清続く」の見方も

 北朝鮮の最高指導者・金正恩第1書記の義理の叔父で事実上ナンバー2とされながら、先の朝鮮労働党中央委員会政治局拡大会議の場で逮捕された張成沢・党行政部長が12日、国家安全保衛部の特別軍事裁判で死刑を宣告され、その直後、執…

続き

研究論文、英製薬会社「グラクソスミスクライン(GSK)」の影響下

予防という名の人体実験「子宮頸がんワクチン被害」を追う(11)  11月24日に全労連会館で開かれた「『子宮頸(けい)がん予防』ワクチンの必要性・安全性・有効性」シンポジウムでは、子宮頸がんワクチンの副反応の原因が、ワク…

続き

日本を代表する唯一のアルゼンチンタンゴ歌手…

 日本を代表する唯一のアルゼンチンタンゴ歌手、香坂優さんのライブコンサートを先日、都内で聴く機会があった。日本の歌とは異なったタンゴのストレートな愛情表現が印象的で、心躍らせたひとときだった。  ライブごとに新しい工夫を…

続き

漢検協会主催「今年の漢字」は「輪」

五輪決定、災害支援も  漢字1文字で一年の世相を表す恒例の「今年の漢字」に「輪」が選ばれ、京都市東山区の清水寺で12日、森清範貫主が揮毫(きごう)した。2020年の東京五輪開催決定や、伊豆大島の豪雨被害など各地で起きた災…

続き

松屋銀座店の屋上にスケート場

松屋、きょうから百貨店初  百貨店の松屋は13日から来年3月2日までの期間限定で、銀座店(東京都中央区)の屋上にスケート場をオープンする。同社によると、日本の百貨店が屋上にスケートリンクを設置するのは初めて。「カップルや…

続き

独郵便大手、無人ヘリでの配送実験開始

医薬品を緊急時に  ドイツの郵便・宅配大手ドイツポストDHLは今週、西部のボンで小型無人ヘリコプターによる配送実験を開始した。小包を積んでライン河畔を出発したヘリは高度50メートルまで上昇。約1キロ離れた対岸の同社ビルに…

続き

新春歌舞伎、日銀でPR

尾上親子が貨幣博物館訪問  歌舞伎俳優の尾上菊五郎さんと尾上菊之助さん親子が11日、東京・日本橋の日銀貨幣博物館を訪れ、来年1月の国立劇場新春歌舞伎公演「三千両初春駒曳」をPRした。歌舞伎と日銀の異例のコラボレーションは…

続き

映画「ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE」

大泥棒と名探偵の珍コンビ  テレビのスペシャルアニメ特番として話題となったルパン三世と名探偵コナン。劇場版の本作で再び共演。人気キャラクターのふたりがコンビを組んで、事件を解決する物語だが、テレビ版から次作を求める声が高…

続き

中国の難題は少数民族政策 香港政治誌「前哨」の劉編集長に聞く(上)

 中国の習近平共産党総書記が就任して1年が過ぎ、思想言論統制を一層強めて反体制派を弾圧する保守カラーを強める一方、改革も取り込もうとする腐心もにじむ。既得利益層が優遇され、庶民は改革の恩恵を受けられない社会に不満が爆発す…

続き

現行憲法に家族解体の理念

改憲による「家族の保護」急げ 法律婚軽視の改正民法  男女の間に生まれた子(婚外子)の遺産相続分を法律上の夫婦の子(嫡出子)の半分とした規定を削除した改正民法が先の国会で成立した。最高裁が今年9月、冒頭の規定を違憲とする…

続き

揺れる北東アジア情勢  韓中日首脳会議の開催急げ

韓国紙セゲイルボを読む  2013年の北東アジアは、北朝鮮の挑発と日本の右傾化に伴う過去の歴史・領土対立、中国の勢力拡張の動きなどで静かな日がなかった。2008年以後、毎年開催されていた韓中日首脳会議まで、対立の谷を越え…

続き

日本とエジプトの異なる点と類似点

地球だより  日本語を学び、日本語のテレビを部分的に理解できるようになったエジプト人女子学生が、エジプトと日本を比較し、異なる点と類似点について発表した。  彼女が第一に挙げた異なる点は、天候と天気予報。エジプトはほぼ毎…

続き

巧妙にセットで子宮頸がんワクチン接種義務化

予防という名の人体実験「子宮頸がんワクチン被害」を追う(10)  6月14日に開かれた厚生労働省の副反応検討部会(桃井眞里子座長)では、接種の積極的勧奨の一時中止の方法をめぐり、さまざまな視点で意見が交わされた。  なか…

続き

子宮頸がんワクチンを販売する製薬会社社員が論文、助成根拠に

身分伏せ「医療費減」と結論  子宮頸(けい)がんワクチン「サーバリックス」を販売する大手製薬会社グラクソ・スミスクラインの社員(退職)が身分を伏せ、ワクチンはがんを防ぎ医療費を節減する効果があるとする論文を発表していたこ…

続き

人種融和に尽力した「巨人」マンデラ氏死去

 不屈の闘士として南アフリカのアパルトヘイト(人種隔離)政策の撤廃を主導した同国の元大統領ネルソン・マンデラ氏が死去した。追悼式には日本から皇太子殿下と福田康夫元首相が参列した。約100の国・機関の首脳級が出席してマンデ…

続き

もともと文芸批評家などは、作家に比べて…

 もともと文芸批評家などは、作家に比べて話題になることは少ない。ところが小林秀雄ばかりは、亡くなって30年たった今でも関心は高い。近刊『小林秀雄の哲学』(高橋昌一郎著、朝日新書)は、表題とは逆に、無頼派ともいうべき小林の…

続き

支持率低下も経済順調、揺るがぬ安倍内閣

“秘密保護国会”が閉幕 迷走する野党、マスコミも賛否二分 自公、軽減税率で妥協案  安倍晋三首相は9日、臨時国会の閉会に伴って記者会見し、特定秘密保護法成立が拙速だったとの批判に「私自身、もっと丁寧に説明すべきだった」と…

続き

韓国の国宝文化財第1号の「崇礼門」に交代論議

韓国紙セゲイルボを読む  崇礼門(スレムン)は315件ある国宝文化財の第1号である。1962年に登録されて以後、長期にわたりその地位を保っている。だが、最近になって交代議論が起きている。放火で半分以上焼失した上に、復旧工…

続き

核開発の権利主張するイラン

危機感強めるイスラエル  イランと国連安保理常任理事国にドイツを加えた6カ国が9、10の両日、ウィーンで、イラン核開発問題をめぐる専門家会議を開催、先月24日に合意した「第一段階の合意」の履行日程を協議した。国際原子力機…

続き

JP(金鍾泌氏)に望む

韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」  首丘初心。キツネが死ぬ時、自分のすみかに頭を向けるという意味で、死を前にして故郷を懐かしむ心を表す言葉だ。先週末、90歳を目前にした元老政客(せいかく)の金鍾泌(キムジョンピル)(…

続き

長嶋氏に輪島市から輪島塗蒔絵バットを贈呈

金粉で背番号3や名前などを記す  プロ野球元巨人監督の長嶋茂雄氏が6日、東京都内のホテルで、5月に受賞した国民栄誉賞の記念として石川県輪島市から輪島塗蒔絵(まきえ)バットを贈呈された。  半年をかけて制作された約1キロの…

続き