世界日報 Web版

Date archive for 11月, 2013

キャロライン・ケネディ新駐日米大使が着任

日米同盟強化に意欲  米国の故ジョン・F・ケネディ元大統領の長女、キャロライン・ケネディ新駐日米大使(55)が15日午後、ユナイテッド航空機で成田空港に到着した。ケネディ氏は空港で記者団を前に声明を読み上げ、「父は日本を…

続き

Spy chief rules out transparency reform of NSA snooping情報機関トップ、NSA通信傍受の公開に否定的

Spy chief rules out transparency reform of NSA snooping One of the nation’s top intelligence officials defende…

続き

自衛隊、島民に感謝され撤収

大島の島民ら300人が見送り「ありがとう」  東京・伊豆大島(大島町)の土石流災害で行方不明者捜索に当たった自衛隊の派遣部隊が15日、活動を終え撤収した。町役場前には島民や職員300人以上が集まり、手を振って隊員らを見送…

続き

小泉純一郎元首相が、原発「即ゼロ」を主張し…

 小泉純一郎元首相が、原発「即ゼロ」を主張し物議を醸している。  引退したはずの役者がまた出てきて、昔その演技に随分悪酔いしたことも忘れた一部の観客から喝采を浴びているような不思議な光景である。  脱原発について小泉元首…

続き

7~9月期GDPで来年の増税に耐えられるのか

 来年4月の消費増税に日本経済は耐えられるのか、心配な数字である。7~9月期の国内総生産(GDP)は実質で前期比0・5%増と4四半期連続のプラス成長となった。しかし、以前ほどの力強さがない。  輸出の低迷が減速の主因だが…

続き

韓国憲法裁の「慰安婦」判断-「月刊朝鮮」より

背景に法曹界の左傾化/日韓基本条約の見直し要求も  日韓対立の焦点となった「慰安婦」が問題化したのは韓国憲法裁判所の判断が切っ掛けだった。2011年8月、憲法裁は「韓国政府が慰安婦問題を放置しているのは違憲行為だ」との決…

続き

デジタル証拠-「月刊朝鮮」より

内乱陰謀事件公判以前から議論  韓国野党の統合進歩党の李石基(イソッキ)議員が内乱陰謀罪で逮捕され、10月から公判が始まっている。各種の証拠が出てきているものの、「国会議員が北の指令を受けて武装蜂起しようとしていた」とい…

続き

第26回共産党大会決議案に対北・対中脅威の記述なし

1月15日から開催  日本共産党は11月12日と13日に第9回中央委員会総会を開催した。その場で、来年1月15日から4日間の日程で開催される第26回党大会の決議案が採択された。今回、その決議案を分析する。  決議案を分析…

続き

エジプトで感謝される日本の支援

地球だより  先月、日本人として少なからず誇らしく思う行事に参加することができた。10月10日、カイロ市中央にあるオペラハウスの大劇場で、創立25周年記念行事が行われ、招待客らに対し、オペラハウスが全組織を挙げて演奏やダ…

続き

島倉千代子さんの肉声に涙、東京・青山で葬儀

「人生の最後に素晴らしい時間」  8日に75歳で死去した歌手の島倉千代子さんの葬儀が14日、東京都港区の青山葬儀所で営まれた。冒頭、亡くなる3日前に録音された肉声と新曲も流され、参列者は「生涯現役」を貫いた島倉さんの思い…

続き

マッカートニーさんが大相撲九州場所を観戦

 公演のため来日している元ビートルズのポール・マッカートニーさんが14日、福岡国際センターを訪れ、大相撲九州場所5日目の取組を升席で観戦した。十両取組の終盤に、観客が求める握手にも応じながら入場。熱戦に拍手を送るなど、時…

続き

「新星爆発」瞬間捉えた!

理研などがISSのX線観測装置  理化学研究所と宇宙航空研究開発機構は14日、国際宇宙ステーション(ISS)日本実験棟「きぼう」に搭載された全天X線監視装置(MAXI)で、重い白色矮星(わいせい)が爆発する「新星爆発」直…

続き

日本画家が「飛天」再現

平等院鳳凰堂の仏後壁調査  1053年に建てられ、現在修理中の国宝平等院鳳凰堂で、本尊阿弥陀如来の後ろにあって普段は見えにくい板壁画「仏後壁」の調査が行われた。空を舞う天人「飛天」を描いた部分が、日本画家で東京芸大准教授…

続き

「内乱陰謀」で審判台に立たされた統合進歩党

韓国紙セゲイルボを読む  韓国政府は「内乱陰謀罪」で逮捕者(李石基〈イソッキ〉議員)を出した統合進歩党の目的や活動が憲法の民主的基本秩序に背反すると判断して、憲法裁判所に政党解散審判を請求し、同党の活動を停止する仮処分申…

続き

日本の「集団的自衛権行使」 韓国人の拒否感の背景に100年前の記憶

韓国紙セゲイルボを読む  米国が日本のの安倍政府の「集団的自衛権」行使を事実上支援している昨今の状況を、大多数の韓国人は複雑で息苦しい心境で眺めている。  米国は韓国動乱(1950~53年)を契機に、日本を東北アジア安保…

続き

国民投票年齢の「当面20歳」は妥当な判断だ

 憲法改正のための国民投票の資格年齢を18歳以上とするか、それとも20歳以上か。与党内で意見が分かれているが、自民党は「当面20歳以上」にする方針を決めた。投票年齢は選挙権年齢や成人年齢と深く関わっており、影響も考慮せず…

続き

慶応3(1867)年のきょう、坂本龍馬、…

 慶応3(1867)年のきょう、坂本龍馬、中岡慎太郎が京都で暗殺された。歴史学の上では、暗殺犯は京都見廻組で一致している。しかし、テレビ番組や小説家が「見廻組の犯行と言われるが、疑う向きも多い」「謎はなお残る」「確定した…

続き

韓国の大学修学能力試験事情

韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」  「こっぱみじんになった言語領域よ/解いても答えがない数理領域よ/解いていて疲れ果てる社会探求・科学探求領域よ/解釈していると息も絶えそうな外国語領域よ/試験用紙に残った問題一つは/…

続き

アラブ同盟国の信頼失う米国

サウジが国連非常任理事国辞退  原油輸出とイスラム教をテコに、世界中に影響力を行使してきたサウジアラビアが10月18日、国連非常任理事国入りを辞退、世界に衝撃を与えた。表向き、国連の機能不全を批判したものの、本音は、オバ…

続き

はやる心を芭蕉の句で披露

ケネディ新駐日米大使、あす着任  「道祖神(どうそじん)の招きにあひて、取るもの手につかず」。キャロライン・ケネディ新駐日米大使は12日、ワシントンの駐米日本大使公邸で開かれた祝賀式典で、江戸時代の俳人・松尾芭蕉の「奥の…

続き

ボブスレー、新生日本代表が発進

カルガリー大会であすデビュー戦  ボブスレーの男子日本代表が14日(日本時間15日)からカナダで始まる北米カップのカルガリー大会に出場する。ベテランと、公募などで募ったメンバーによる新チームが公式戦に臨むのは初めて。ソチ…

続き

純金茶道具1億円、白馬で求婚

百貨店各社、福袋で豪華体験競う  百貨店各社は2014年新春の福袋を相次いで発表した。円安・株高による景気回復ムードを背景に、1億円の純金製茶道具などバブル期さながらの豪華な福袋が目白押し。近年人気の体験型では「白馬に乗…

続き

クリスマス前の一仕事

ロシア・ヤクーツク近郊で  9日、トナカイのソリに乗って、ロシア極東サハ共和国の首都ヤクーツク近郊を疾走する聖火ランナー。  ソチ冬季五輪の聖火はロシアの共和国や地方など全83地域を回る予定で、冬季五輪史上最長の聖火リレ…

続き