世界日報 Web版

Date archive for 11月, 2013

「日本人の良質な精神取り戻せ」2020年五輪・パラリンピックの東京

元関東都市学会会長 横濱プロバス倶楽部副会長 中村實氏に聞く  1964年の東京五輪が日本の高度経済成長の始まりを告げる大会だったのに対して、2020年の東京五輪は成熟した世界都市で開かれる大会を目指している。では、そこ…

続き

秋田大学が学部新設 資源獲得競争の激化受け教育拠点として

地質巡検など体験学習 世界レベルの教員準備へ  レアアース、レアメタル、原油、シェールガスなどの資源を巡って、世界規模で獲得競争が激化する中、秋田大学(秋田市、吉村昇学長)では「国際資源学部」の新設がこのほど、文部科学省…

続き

サムスンの貪欲な日本技術の獲得と目的喪失を扱ったダイヤモンド

◆トップで真似できず  韓国経済を牽引(けんいん)してきた“唯一の巨人”サムスンが曲がり角に来ている、という指摘が溢(あふ)れている。サムスンの稼ぎ頭であるサムスン電子の売上7割を占めるスマートフォンが頭打ちになり、次な…

続き

冷遇される博士課程卒 24.8%がフリーター

 平成25年の大学学部者卒の就職率は67.3%と、3年連続で上昇した。一方、大学院では修士卒73.7%に対して、博士卒は65.9%。学部卒者より低い就職率だ。しかも、博士卒就職者のうち、正規職員でない者は15.3%。多く…

続き

拒否されるシリア和平会議

東京国際大学名誉教授 渥美 堅持 強硬な国内アラブ勢力 アサド政権への復讐が目標  民主主義を謳う思想もなく、自由を求める秩序もなく、集団をまとめる指導者も、そして運動を管理する組織もない中で始まった騒乱が、老醜の大統領…

続き

安易に薬に頼る弊害

 市販薬のインターネット販売をめぐって、楽天の三木谷浩史氏がえらくおかんむりだ。市販薬の99・8%にネット販売を認める一方で、一部は対面販売に限定するとの政府方針が「規制改革ではなく規制強化」だと批判し、立法化されれば政…

続き

ねじれ国会解消 粛々とした議事の進行を

 国会は言論の府だ。ケンカ場ではない。しかし、現実は日本一のケンカ場になっている。あの本会議場のデザインの厳(いか)めしさ。議場には四百人を超す与野党議員がひしめき、一段高いひな壇には総理大臣をはじめとして各閣僚がキラ星…

続き

同性愛者差別禁止法案の背後にある米国リベラル派の思惑

職場から伝統的道徳観を排除  米上院は今月7日、同性愛者や性転換者らに対する職場での差別を禁じる「職業差別禁止法案(ENDA)」を可決した。性的指向や性自認(ジェンダー・アイデンティティー)を理由に、採用を拒否したり、解…

続き

電力システム改革は大局的な視点に立ち議論を

 発送電分離など電力システム改革のスケジュールを定めた改正電気事業法が成立した。独占状態が続いた電力市場に競争を促すことが狙いだが、安定供給の面などで重大な懸念がある。政府は大局的な視点に立ち、今後の詳細な制度設計を進め…

続き

われわれがよく目にする世界地図では、…

 われわれがよく目にする世界地図では、北極海に面するグリーンランド(デンマーク領)が、あたかも大陸のように広く見える。これはメルカトル図法と言って、緯度が高くなるほど大きく描かれている。  実際は約217万平方㌔㍍で、日…

続き

フィリピン台風被害で深刻な食糧不足と治安悪化

救援物資届かず略奪横行  フィリピン中部を横断し、各地に深刻な被害をもたらした台風30号(フィリピン名ヨランダ)。時間が経過するにつれ、その甚大な被害の全貌が明らかになり始めている。世界各国から支援の手が差し伸べられる一…

続き

タイ野党、笛吹けど踊らず

地球だより  タクシン元首相に対し反旗を掲げるタイの野党民主党が呼び掛けた13日から3日間のゼネストは、不発に終わった。辛うじて民主党の支持基盤である南部のサトゥンやナコンシータマラートなどの一部の学校や役場で民主党支持…

続き

愛の国から幸福へ、新たな門出を祝う

 約40年前、「愛国から幸福ゆき」の切符が大ブームとなった旧国鉄広尾線幸福駅。旧駅舎そっくりに建て替えられ、16日、結婚式を模したイベントなどがあった。  地元の2組のカップルが永久の愛を誓い、宣誓書にサイン。立会人とな…

続き

レーシングカーが公道を走行

東京ショー前にパレード  レーシングカーが16日、東京・お台場の一般公道を走行した。23日から一般公開される東京モーターショーを前に日本自動車工業会が開いたイベントで、警察の許可を得てレーシングカーや往年の名車約60台が…

続き

安倍首相、高田・中田さんら慰霊碑に献花

 カンボジアを訪れた安倍晋三首相は16日午後(日本時間同)、プノンペンの寺院を訪れ、1993年に国連平和維持活動(PKO)に従事中殉職した高田晴行警視と、国連ボランティアとして活動中に殺害された中田厚仁さんの慰霊碑にそれ…

続き

フィリピン・レイテ島、デマに振り回される住民

情報乏しく疑心暗鬼に  台風30号の最大の被災地フィリピン中部レイテ島のタクロバンでは、停電が続き外部からの情報も乏しい中、住民がデマに振り回されるケースが相次いでいる。  タクロバン在住で日本人男性と結婚したジョセリン…

続き

「ドレミファダンスコンサート」を杉並区で

障害者やその家族らが参加  障害者やその家族、彼らを支える人たちに、ダンスと音楽を楽しんでもらおうとNPO法人AVAが主催し「ドレミファダンスコンサート」が16日、東京都杉並区のセシオン杉並で行われた。  お茶の水女子大…

続き

オランウータン「ジョウイ」、婿入り前に検査

ハンガリーの動物園で  ハンガリー東部ニーレジハーザの動物園で医療検査を受ける雄のオランウータン「ジョウイ」。  欧州では動物園が国境を越えて連携し、絶滅危惧種の繁殖活動に努めており、17歳のジョウイも検査後にパリの動物…

続き

婚外子問題を平等論で主導した新報道2001常連コメンテーター

最高裁判断は不適切  報道2001(フジテレビ)が3日、婚外子の財産相続問題を取り上げていたが、常連コメンテーターである野村修也・中央大学法科大学院教授やフジテレビの平井文夫解説副委員長は、これを単なる平等論や支持率への…

続き

「小春日や石を噛みゐる赤蜻蛉」(村上鬼城)…

 「小春日や石を噛みゐる赤蜻蛉」(村上鬼城)。「小春」というのは春ではなく、11月頃の春のような穏やかな気候を指す季語になる。だから、この言葉で春の暖かさを表現するのは間違い。それにしても日本語は難しい。  昨日は小春日…

続き

安定を装う中国共産党3中全会

拓殖大学名誉教授 茅原 郁生 格差・腐敗に不満鬱積 「改革の深化」は前途多難  中国共産党の重要会議である第18期中央委員会第3回全体会議(18期3中全会)は、北京市内の軍関係ホテルで9日から4日間の日程で開催された。 …

続き

強権に頼る政治のもろさ露呈した中国3中総会

 中国共産党の第18期中央委員会第3回総会(3中総会)がこのほど終了した。  昨年同時期に習近平氏が総書記に選出されて1年。中国が直面する歴史的課題に果敢に取り組むかと期待されたが、示された方針は玉虫色の内容で新味は全く…

続き

文化審が「おくのほそ道」を名勝に答申

史跡天然記念物含め14件  文化審議会(宮田亮平会長)は15日、松尾芭蕉ゆかりの13カ所から成る「おくのほそ道の風景地」など2件を名勝、栃木県佐野市の唐沢山城跡など9件を史跡、徳島県三好市の峡谷「大歩危(おおぼけ)」など…

続き