世界日報 Web版

米国カリフォルニア州にあるヨセミテ国立…


 米国カリフォルニア州にあるヨセミテ国立公園は大自然の宝庫で、ユネスコの世界遺産の一つ。観光客が向かうのはヨセミテ渓谷で、白い花崗(かこう)岩の岩壁、巨大な滝、大小の川、巨木の林で魅了する。

 絶壁エル・キャピタンはクライミングの聖地で、ここでフリークライミングの技術が発達し洗練されてきた。高さ975㍍の壁だが、難所の連続で、過去に単独でロープなしで登り切った人はいない。

 フリーソロで登ろうとした人たちはみな落ちて死んだ。誰も成し遂げたことのないこのクライミングに挑み、成功させて世界中を驚かせた男がいる。米国人のアレックス・オノルドさんだ。

 以前に彼がパートナーとロープを使って登った時には23時間かかったが、2017年6月3日、フリーソロで偉業をなした時には、なんと3時間56分という早さだった。

 これを映像に収めたのがクライマーで監督のジミー・チンさん。公開中の米ドキュメンタリー映画「フリーソロ」は世界各国で大反響を起こし、45の賞にノミネートされ、本年度アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞をはじめ20賞を受賞。

 ソロを決意してからの準備期間は長く、現地で「今年じゃない」と言って引き返すこと6~7年。大きなプレッシャーがあったが、挑戦の日、彼に恐怖はなかった。それを如実に感じていたのは監督と撮影のスタッフ。スタッフの一人は恐ろしくて目を背けてしまう。精神力の偉大さを示す極限の登攀(とうはん)だ。