世界日報 Web版

ドタキャンは困る。された側も、してしまった…


 ドタキャンは困る。された側も、してしまった側も困る。逆に、欠席通知を出していた人間が、連絡もなしに会場に来てしまったという場合も悩ましい。会の性格にもよるが、食事の出る場だったりすると特に面倒だ。

 先日読んだ雑誌記事の一節。著名な文学者Aの自宅に、中堅どころの後輩Bが招かれた。ところがBは、訪問の直前になって友人CをA宅に同行することにした。

 CはAの自宅に電話して「Bに同行してよろしいか?」と頼んだが、Aは「食事の支度もできているし、あなたの分の用意はないので、食事が終わってから来てほしい」と回答した。

 BはAの対応に嫌悪感を覚えた。「Cに対して冷たいのでは」というわけだ。だがそもそも、呼ばれてもいない仲間を家庭で行われる集まりに勝手に連れて行くこと自体が非常識な話。AはBに会いたかったからこそ招いたのだろうから。

 その点を考慮することもなく、「Aは冷たい」と非難するBも、食事の席に突然加わりたいと言いだしたCも、社会人としての常識を備えているか疑問が残る。

 記事を書いているのはBなのだが、どこを読んでも、予定されていた食事の席に友人を連れて行くというB自身や、そういう場へ突然出掛けようとするCの発想についての反省や批判の言葉は全くない。Aの立場への想像力は少しも働いていない。Aが堅苦しいのか、B、Cがワガママなのか。人付き合いのスタイルも、いろいろのようだ。