世界日報 Web版

♪人間なんてララーラララララーラー。1991年に…


 ♪人間なんてララーラララララーラー。1991年に発売されたシングル「人間なんてラララ」はリクルートのCMソングとなり、30万枚以上の大ヒット。歌ったのは奥土居美可さんだ。

 今、ポップ・ジャズの旗手として活躍するが、時代の変遷を痛感するという。「当時も理不尽な社会的事件はありましたが、それは主に日常的な人間関係から派生した出来事。しかし今は世界でテロ、銃撃戦、自然災害があり、一度に多数が亡くなってしまう。心の痛みが癒やされる間がない時代」と。

 2011年3月、東日本大震災直後に、奥土居さんは震源地に一番近い宮城県・牡鹿半島の旧牡鹿町を訪ねたが、ほとんど壊滅状態。地元の牡鹿中学校に出向き、生徒たちと一緒に歌える歌を作りたいと申し出た。

 そこで生まれたのが今、全国で歌われる「君が笑ってる、みんな笑ってる」。同年10月、同校で披露したが、その時生徒の大半が他の中学校に転校していた。

 その後も訪問するたびに、移住や仮設住宅に住むため、生徒が半減また半減していくという事実を目の当たりにした。今、奥土居さんは、来年成人して町の成人式に参加する彼らと再会するのを楽しみにしている。

 しかし復興の進展は楽観できない。旧牡鹿町で昨今、目に見えて住宅が立ち並び始めているが、住民の多くが帰還する見通しは立たない。いかにして震災前の状態に戻すか、復興支援は新段階に入っていると言える。