世界日報 Web版

冬将軍の訪れに思わず身が震え、コートの…


 冬将軍の訪れに思わず身が震え、コートの襟を立てて歩くこの頃。師走もクリスマスを前にして、残すところ1週間余となった。恒例の気流子独断の今年の国内10大ニュースを。

 (1)「アベノミクス」2年間の評価を問う衆院選(12月)で自民、公明の与党が3分の2超の議席(326)を維持して圧勝。民意は政治の安定を評価した(2)集団的自衛権行使の限定容認を閣議決定(7月)。尖閣に日米安保適用の日米共同声明発表(4月)と合わせ日本周辺の脅威に対する抑止力を高める。

 (3)消費税率が5%から8%に(4月)(4)青色LEDの開発で赤崎勇、天野浩、中村修二の3氏がノーベル物理学賞に決定(10月)。日本中に歓喜の灯を点した。

 (5)朝日新聞が慰安婦記事16本を取り消し(8月)、9月に原発事故「吉田調書」の誤報を認め謝罪、11月に木村伊量社長辞任(6)広島市北部の土砂災害で74人死亡(8月)、御嶽山噴火に巻き込まれ、登山者57人死亡、6人が行方不明に(9月)。

 (7)理化学研究所の明暗。”PS細胞を用いた世界初の再生医療がスタート(9月)。一方、STAP細胞論文に改竄(かいざん)など不正を認め(3月)、検証実験では再現できず、実験打ち切り(12月)に。

 (8)ユネスコの世界文化遺産に「富岡製糸場」(6月)、無形文化遺産に「和紙 日本の手漉(すき)和紙技術」を登録(11月)。(9)ソチ冬季五輪で日本は金1、銀4、銅3(2月)(10)「危険ドラッグ」で事故相次ぐ(7月)。