世界日報 Web版

東京の恵比寿ガーデンプレイスはおしゃれな…


 東京の恵比寿ガーデンプレイスはおしゃれな大人の街。オフィスビルやレストラン街のある複合施設で、映画やライブを楽しんだ後食事をし、散歩するのもいい。北側は渋谷区、南側は目黒区になる。

 その目黒区側に東京都写真美術館がある。写真と映像の専門美術館で、規模と質の高さは世界的。収蔵作品は3万点を超える。1995年にできたが、低迷状態で振るわず、つぶすべきだという声まで上がった。

 これを立て直して発展させたのは、2000年に第4代館長に就任した福原義春氏。資生堂名誉会長だ。それまで年間22万人だった入館者は、02年には30万人となり、今では40万人を超えている。

 古い名作を紹介する一方、新しい創造活動の先端部分を見せてくれるので、観客は感性が洗われるのだ。財源も都には頼らず自ら募るという方針を立て、企画は学芸員が館長と議論して作り上げてきた。

 だが設備機器は経年劣化し、大規模改修工事のため、16年8月末まで休館することになった。それに先立って開かれたのが、関係者によるクロージング・レセプション。

 「ここにくるまで大変なご努力だった」と敬意を表したのは印刷博物館館長の樺山紘一氏。「今までに一番満足できる展示ができた」と称えたのは写真家の川内倫子さん。東京都生活文化局長の小林清氏は「都でも最大のバックアップをしていきます」とあいさつした。