世界日報 Web版

【上昇気流】中国共産党が40年ぶりに「歴史決議」を採択


国旗国旗

 中国共産党が40年ぶりに「歴史決議」を採択したというので、書棚に仕舞っていた一冊の本を思い出した。『歴史写真のトリック 政治権力と情報操作』(アラン・ジョベール著)というA4版の大型本。独裁政権とりわけ中国の歴史捏造(ねつぞう)が一目で分かる貴重な写真が数多く紹介されていたからだ。

 例えば、1958年に北京近郊の十三陵ダムの建設現場で毛沢東主席と彭真北京市長(いずれも当時)が並んで“模範労働”をしている写真がある。ところが文化大革命(66~77年)で毛の妻、江青らが彭を失脚させると、その写真を巧妙に修整し彼を消してしまった。

 江青ら四人組が逮捕されると(76年)、今度は彼女らが消された。47年に陝西北部を騎行中の毛一行の写真には、毛の背後に江青が写っているが、彭と同じ運命を辿(たど)った。

 ジョベール氏によれば、江青を消し去った修整写真は延安の革命博物館に飾られており、説明文には「長征中の毛沢東」と記されている。10年以上も前の長征時代(34~36年)のものに捏造され、共産党の不屈の伝説に使われているわけだ。これらはほんの一例にすぎない。

 同書の発刊は89年10月。出版元は文革を賛美し、中国共産党に寄り添ってきた朝日新聞社であるから皮肉である。同年6月の「血の天安門事件」について、今回の歴史決議は「動乱」とし、軍の弾圧を正当化している。嘘(うそ)つきは泥棒の始まりという。国が盗まれぬよう、ご用心を。