世界日報 Web版

共産主義の祖、カール・マルクスはロンドン…


 共産主義の祖、カール・マルクスはロンドン北部のハイゲート墓地に眠っている。没後100年の1983年に訪ねたことがある。7月の蒸し暑い日で、木々が生い茂り人影はなかった。

 高さ2㍍ほどの台座に大きなマルクスの胸像が鎮座し、まるで晒(さら)しもののようで威厳ある顔も寂しげだった。カメラを向けていると、家族連れのチェコ人一行がやってきた。

 当時、チェコは共産国。党のお偉方かと思い話を聞くと、違っていた。「共産党は大嫌いだ。マルクスの墓はどうでもいい。でも、ここで写真を撮っておくと、次にビザをもらう時、有利な材料になるのさ」と笑ってシャッターを切った。

 中国で革命聖地を巡る「紅色観光」(レッドツーリズム)が盛んだというので、ロンドンのマルクス像を思い浮かべた。当局の宣伝ネットを見ると、若者に人気なのは革命拠点だった上海や延安、井岡山などで、スマホで記念写真を撮っている。

 中国通によると、“証拠画像”は共産党が幅を利かせる企業の心象をよくし、就職に役立つ。あわよくば党員になれ、出世の糸口にもなる。「観光」にはそんな思惑が秘められているそうだ。

 聖地は「愛国伝統教育」のために、それらしく造られた新建造物が少なくない。そう言えば、ロンドンのマルクス像はソ連製。本物の墓は草むらの細道を50㍍ほど行った先にある。訪れる人はほとんどおらず、雑草に埋もれていた。昔も今も共産党は真実を覆い隠すようだ。