世界日報 Web版

年甲斐(としがい)もなく涙が止まらなかった…


 年甲斐(としがい)もなく涙が止まらなかった。白血病を克服した競泳の池江璃花子選手(20)=ルネサンス=が、日本選手権(東京アクアティクスセンター)女子100㍍バタフライ決勝で57秒77で3年ぶりに優勝した。

 ゴールした後、着順・タイムを知らせる電光掲示板を見上げると感涙にむせんだ。日本中が勇気と感動に包まれた幸福なひとときを共感したと言っても過言ではなかろう。

 優勝タイムは日本水連が定めた57秒92の400㍍メドレーリレー派遣標準記録を突破し、東京五輪キップ獲得である。国際オリンピック委員会(IOC)はサイトで、逆境をはね返した池江選手を「奇跡の人」と報じた。

 2019年2月の白血病判明から約10カ月の抗がん剤治療の闘病生活で、体重は15㌔以上も減少した。自身「2度とやりたくない」と言うほど辛(つら)い体験をくぐり抜けて<奇跡の人>となったのだ。目標とした24年パリ五輪を3年も前倒ししての代表。

 「(バタフライは)一番戻るのに時間がかかると思っていた種目」と言いながらも、今年は東京都OP決勝(2月20日)59秒44から、日本選手権予選58秒68、準決勝58秒48、そして決勝と泳ぐごとに記録を更新する、まさに<奇跡の力泳>が五輪キップを手繰り寄せたのだ。

 「自分が勝てるのはずっと先のことだと思っていたが、努力は必ず報われるんだなと思った。今すごく幸せ」。前とは別の新たな水泳人生という復活劇の幕開けである。