世界日報 Web版

政府が経済対策の目玉に考えていた観光支援…


 政府が経済対策の目玉に考えていた観光支援事業「Go To トラベル」で、東京都発着を対象外とすることを決めた。都の新型コロナウイルス感染者が急増し、地方の知事から一律開始に疑問の声が相次いだためだ。

 観光客には来てほしいが、都市部とくに東京から押し寄せるのは不安という地方の気持ちはもっともだ。東京除外は仕方ない。

 このニュースは、小紙を含め昨日の新聞各紙が1面トップで扱った。その中で朝日、毎日は、これがさもショッキングな大事件であるかのように、白抜き黒ベタの見出しを掲げた。コロナ対策で、安倍政権が朝令暮改を繰り返し、混乱しているように印象付けるためとしか思えない。

 感染を予防しながら経済を回していこうという安倍政権の基本的な方向性に、正面から反対する意見はほとんどない。ウイルスという見えない敵と戦いながら、誰も経験したことのない課題に取り組むのだから、軍事作戦と同じで、状況に応じて修正はあって当然だ。むしろ、当初の戦術に固執する方がおかしい。

 問題は、最初の予想からずれた原因の検証であり、国と地方自治体の意思疎通、連携がどれだけうまくいっているかだろう。

 日本が今まで感染爆発を抑えてきたのは、国民に同調圧力が働いたためというが、同調圧力という言葉には否定的なニュアンスがある。日本人の協調性が発揮されたと言いたい。この協調性の真価が問われる段階に来ているようだ。