世界日報 Web版

きょうから大型連休がスタートする。全国に…


 きょうから大型連休がスタートする。全国に緊急事態宣言が発令される中で異例の連休期間となる。小池百合子都知事は、連休最終日の5月6日までの12日間を新型コロナウイルス拡大防止のための「ステイホーム(家にいよう)週間」にしようと呼び掛けた。

 外出自粛が叫ばれているにもかかわらず、先週末などは神奈川県の湘南海岸に県外からも多くの人が押し寄せ、地元住民の感情を逆なでしている。

 海岸は広いから「三密」を避けられるのでは、などと安易に考えるのだろうか。黒岩祐治知事は「湘南の海に来ないでほしい」と呼び掛けた。

 いい天気なのにもったいないと思うのは人情だが、いまは感染拡大からピークアウトできるかどうかの正念場だ。できなければ緊急事態を延長せざるを得なくなるだろう。いまほど日本人に、隣人、他者への思いやりが問われているときはない。

 家に籠(こ)もるのも悪いことではない。普段やらねばと思いつつできなかったことをするまたとない機会だ。家庭内暴力が増加傾向にあるとの報告もあるが、家族との交わりを深めるいい機会ではないか。

 願いごとの成就を神仏に祈願するため、神社やお寺の修行場で行う参籠、お籠もりを自宅で行うと考えてもいい。早く新型コロナ禍が過ぎ去り、かつての日常を取り戻し、新しい、よりよい世界が実現できるように。そして何より、この瞬間も命を危険にさらしながら戦う医療従事者のために。