世界日報 Web版

自宅でテレワークの日が多くなり、外出も…


 自宅でテレワークの日が多くなり、外出も近くのコンビニへ行くくらい。ものぐさの気流子も体がなまってくる感じを覚える。そこで、近くの緑道を歩いて公園まで行き、ラジオ体操のようなことをして帰ってくる。

 緑道の両側にある木の新緑が美しい。紫モクレンが今を盛りと花を咲かせて目を楽しませてくれる。同じように在宅勤務で体がなまるのか、ジョギングをする人たちが次々と反対側から走って来たり、後ろから追い抜いて行ったりする。平日ではまれな光景だ。

 緑道が交差する所では、芝生の感触を楽しむことができる。所々にタンポポが咲いている。

 いま日本で見られるタンポポは、ほとんどがセイヨウタンポポと聞いていたが、花の付け根部分を調べると確かにそうだった。普段は、そんなことをいちいち確かめたりはしないのだが。

 公園はテニスコート3枚分くらいの広さのクヌギの疎林で、隅にベンチと遊具がある。ここも新緑が美しい。新型コロナウイルスの感染者の治療に当たる医療従事者が奮闘していることを思うと、いくら在宅勤務のためとはいえ、申し訳ない気持ちになる。

 木や花を愛(め)でながら歩くので、それなりの距離のように思ったが、携帯電話の万歩計を見ると往復2000歩ほどしかない。普段の通勤は地下鉄の乗り継ぎなどで8000歩は歩く。健康維持の面では通勤での徒歩も意外と馬鹿にならない。そんな日常を早く取り戻したい。