世界日報 Web版

慰安婦、徴用工の像より 原爆の子の像を広げたい


山田 寛

 8月、ソウルの日本大使館前の「慰安婦少女像」を訪れ、奇妙な落ち着きを感じた。

 訪韓する度に見てきたから、大使館風景の一部として眼(め)にとけ込んでしまったのか。

 慰安婦像は、韓国内と米国、中国、ドイツなど8カ国・地域に50体以上も設置されている。こんな調子で、22世紀にはどこの慰安婦像も完全に風景の中に定着するのだろう。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ