世界日報 Web版

恥ずべき米へのタリバン招待


画像名

アメリカ保守論壇 M・ティーセン

 2011年にオバマ大統領は、イラクから全米軍を撤収させ、過激派組織「イスラム国(IS)」の台頭を許したが、IS幹部らをキャンプデービッドに招いて米軍撤収プランについて交渉していたらどうなっていただろう。オバマ氏の米軍イラク撤収の判断は大変な間違いだったが、テロリストと同席し、記念写真を撮ろうとするほど愚かではなかった。だが、この愚かなことをトランプ大統領は実行しようとしていた。タリバンをキャンプデービッドに招き、会合を開こうとしていた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ