世界日報 Web版

戦略軍司令官、対中有事で兵器不足懸念


ビル・ガーツ

ミサイル、海軍増強に脅威

 米次期統合参謀本部副議長に指名されているハイテン戦略軍司令官(空軍大将)は、中国との間で軍事的緊張が高まる中、米軍内で、兵器不足が懸念されていると指摘、潜水艦やミサイルなど、東アジアでの戦力の増強の必要性を訴えた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ