世界日報 Web版

免許更新にも潤滑油?


地球だより

 あるエジプト人女性が、近頃、袖の下を要求する公務員が多くなってきたとのうわさがあるという話をしていた。どこの国にでもある話で、気にも留めていなかった。

 つい最近、運転免許証の更新をするに当たり、その関係機関を訪れた。過去の手続きで必要だった書類をそろえて提出したが、担当官が、これが足りない、あれが足りないと言いだした。その書類を入手するには、再度、家に戻り、付近の機関から証明書をもらい、現住所などを証明する必要があった。

 当局や警察とのやりとりに既に3日間も費やして期限切れを迎えていたことから、少しでも早くそろえねばと焦り、それに代わり得ると思える書類をそろえて提出した。

 担当官は、これでは、最終的な許認可を判断する上司が承認しないだろうと語り、却下する様子を見せた。すると隣にいた係官が、いや、この一枚があるから、掛け合えば大丈夫かもと助言した。

 早速担当官が別室に飛び込み、上司とやりとりし、「3年の許可が出た」と言って出て来た。通訳していた女性がさっと袖の下を手渡した。

 助言してくれた係官が、自分は努力してあげたのに、あなたは何もしてくれないの?と耳元で囁(ささや)き掛けてきた。最後はお互い感謝して実に“円満な取引”は終わった。

(S)