世界日報 Web版

「トンネルの岸田」の真骨頂、信頼が厚く遠からず出番も


髙橋 利行

 いつものことながら参院選を控えた通常国会の会期末は荒れる。選挙を有利に運ぼうとする政党の思惑が激突するからである。それに刺激されるわけではあるまいが、熱い熱い全国高校野球が始まる。球児たちの純粋なプレーは、浮き世の憂さを洗い流してくれる。高校生離れしたスターが生まれるし、毎年のように悲嘆に暮れる場面も現出する。敗れたチームの選手たちが甲子園の土を持って帰る光景にも胸が熱くなる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ