世界日報 Web版

最新SLBM実験、中国が米を「威嚇」


ビル・ガーツ

極超音速兵器を搭載か

 中国は最新の長距離潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)「巨浪3(JL3)」の発射実験を行った。シャナハン米国防長官代行が前日にシンガポールの「アジア安全保障会議」で南シナ海での中国の活動を非難しており、米牽制(けんせい)を狙ったものとみられている。

 実験が行われたのは今月2日、中国の軍事専門サイト「新浪軍事」は、発射実験で極超音速滑空飛翔体の実験も行われたと報じた。極超音速飛翔体は、高速で飛行する誘導可能な弾頭で、米ミサイルの防衛網を突破するために開発されているとみられている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ