世界日報 Web版

ゴルファー比率と経済 米人種間格差が縮まらない


山田 寛

 先月、ゴルフの祭典、マスターズ・トーナメントで14年ぶり5度目の優勝をしたタイガー・ウッズ選手は今月、トランプ大統領から民間人への最高の勲章を授与された。米フォーブス誌の「’18年の米国で最も裕福なセレブ」番付で、資産総額8億㌦で9位に入っている。不倫、事故、けが、薬物で数年間低迷したヒーローが完全復活した。

 ネット検索で、90年に14歳のウッズ少年が人種差別体験を語っているビデオを見つけた。「ゴルフクラブで皆がじろじろ見る。『何しに来た。お前など来る所じゃないぞ』って。テキサスやフロリダでは毎度さ。奴隷制度があふれた土地だったからかな」


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ