世界日報 Web版

電磁攻撃に弱い米国の送電網


ビル・ガーツ

 米空軍のクワスト教育・訓練軍司令官(中将)は空軍が開催した電磁パルス(EMP)の脅威に関する専門家会合で、米国の電力網は、中国、ロシアからの核爆発によるEMPや戦術的電磁兵器の攻撃、磁気嵐に対して脆弱(ぜいじゃく)であり、全米が停電に見舞われる可能性があると警告した。

 クワスト氏は会議中、電話インタビューに応え、「米国民は西側文明が電気と情報の上に成り立っていることを知るべきだ」と指摘、「スマートフォンや携帯電話、送電網、電気、情報は、経済の発展や活力のための魔法のソースのようなものだ」と電力・通信網の重要性を強調した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ